主婦のつぶやき

モノを買わずに素敵なキッチンを作りたい。

投稿日:

そういえば…2,3か月前私が我が家のインテリア改造計画を立てて、ウキウキしていたのを覚えていらっしゃる方はいるだろうか。
その頃ちょうどNetFlixの『インテリア改造計画』を見ていて、いつあるかわからない転勤に備えて、どうでもいい家具ばかりで我慢するのはやめよう。
賃貸だからとあきらめず、素敵な家に住もうと思っていたのです。

で、夫からもDIYやってみていいよ~とお許しが出て、がぜんやる気の私です。
その時の話→こちら
先ずは私がよく使う部屋(=キッチン)をウキウキするような部屋にしよう!!!と思い、何度も何度も手帳にキッチンの間取り図を描いたり、時には立体的にキッチンの絵をかいたりして、あーでもない、こーでもないとあれこれ思案していました。

最初に思い付いた案はラブリコを使って棚を作ること。
設置場所の測量もしたし、ネットで合計いくらかかるか大体の価格も調べた。

が、なんだか雑然とした感じに思える。
ただ収納を作っただけで、全然ウキウキするようなおしゃれな部屋にはなってない。
しかも、今カラーボックスに入れてる調味料類の行き場がない…うーむ。

次に思い付いたのは、キッチンに板壁を作ること。
ラブリコで建てた支柱に板を打ち付ける方法。
これなら、板壁には穴開け放題です。
いやいや、我が家のキッチンには色味がないから、同じ板壁でもベニヤ1枚貼って、そこにペンキを塗って、アクセントウォールを作るのはどうだろう?

あり!すごくよさそう。
アクセントウォールだけど、これも板壁同様穴開け放題、棚作り放題。
しかもベニヤのほうが板より安い!

アラビアンな感じの深いブルーも素敵。
この板壁に鍋つかみを見せる収納で。
見せるからには見せられる鍋つかみを作ろう。色味は白地にゴールドの糸をつかったらいいかな~。とか。

もしくは、元気なミモザ色
こっちの方が今あるエプロンと似合うな~。エプロンかける場所も作ろう!とか。

他には、シンク下の収納スペースをゴミ箱置きにして現在ゴミ箱がある場所に、コロコロと取っ手を取り付けたカラーボックスを。
そしたら、料理の際にカラーボックスを引き出せば、手元に近い場所に調味料一式、ラップやアルミホイルなどのグッズが手に届く。

いいじゃん!いいじゃん!!と私の中でキッチン改造計画は日に日に現実味を帯びてきました。

だって計画に必要なものを買うコストも1万以下だし、見栄えもよくなるし、賃貸だけど全部原状回復できることばかり!
採寸もした、買う場所も大体見当がついた、工期も何となく1週間以内に終わるかなという感じ。
夫のOK もあります。

何も問題ない。

しかし、この計画は一時中止することにしました。
なぜか。

最初に思い付いたラブリコで作る棚がボツになったのと同じ理由。
ラブリコで作った棚がボツになったのは、完成をイメージするとなんだか雑然としていたから。
収納を頑張って作っても、ただ収納できるものが増えて雑然としたスペースになることが想像できたから。
今ある食器棚として使っているキッチンボードを手放すならありですが、その選択肢は私にない。
ならば、収納が増えるだけ。

だから次の案では、棚ではなく、印象を買えるために壁を作ろうとしました。
壁なら、壁以外のものは増えません(笑)
しかし、確実に壁は増えるのです。

今のキッチンをよりよくしようと思っているのに、ラブリコで建てた支柱分キッチンは狭くなるし、壁の裏は掃除ができない。
今あるカラーボックスにコロコロをつけて、より使いやすい収納を作るのも、収納量は増えていないけれど、これ以上減らないことも意味します。

ここ1,2か月いろんなアイデアを頭の中で繰り返しシミュレーションしてきましたが、どれも何か買う。
買うからには、モノは増えるわけです。

で、私は結婚当初からこの何か物を購入することによる問題解決法で何度も失敗している。
例えば、100均のかごやキャニスター。不要になったもの数知れず。
例えば、肌荒れに効く!!という化粧水。全然合わなかった。
例えば、しつこい汚れもスッキリ!系の強力洗剤。
数回使っただけで、洗面台の奥で狭い収納スペースをより狭くする邪魔な洗剤になった。

私もよくやってしまうのですが、何かを改善しようとしたとき、問題を解決しようとしたとき、安易にモノを買ってしまう傾向にある。
でも、買って解決したものは大抵根本的な解決にはなっていなくて、何度も何度も同じ間違いをする羽目になる。

ニキビができたら、ニキビ用の抗菌や殺菌化粧水使って一時的に治っても、食生活かシャンプーのすすぎ残りや睡眠不足などニキビの原因となる問題が解決されるわけではないから、何度も何度も繰り返しニキビができるのと一緒。
そのうちどんどん治りにくくなるように、汚れも買って解決しているうちは、またすぐ取れない汚れになって、だんだんその強力洗剤でも取れなくなってくる。
収納用品も買って解決すると、またすぐ収納できないものが出てきて、収納用品をさらに買う羽目になり、どんどん物がたまって自分ではどうしようもなくなってしまう。

何かグッズを使って改善しようとするときは、先ずは徹底的に今の問題点を買わずに立ち向かう必要がある。
キッチンの例でいえば、この調味料はこの先もこのラインナップ必要なのか、食器の量や鍋の量は適正か…
ちゃんと断捨離に断捨離を重ね、すっかり自分の暮らしに必要なものしかなくなってから、改善するためのものを買うとより効果的だろう。
でないと、必要だと思って作った板壁が数か月で邪魔な存在になって捨てたくなったり、せっかくカラーボックスにコロコロつけても、断捨離したらカラーボックスに収納すべきものがなくなるかもしれない。

寝ても覚めてもキッチン改造を考えていたのに一時中止したのは、そういう理由。
きっと我が家のキッチンにはまだまだ改善ポイントがある。
しかも買い物で解決する前にすべきことがきっとあるはず!
そういう思いで、一時中止。

ということで、今日は少し前にキッチンに突っ張り棒買いたいな~なんて言っていたのですが、買わずに今あるのもので改善してみました。
本当はその話をする予定が、前置きがすっかり長くなってしまったので、次回に続きます( *´艸`)
突っ張り棒欲しい話はこちら



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-主婦のつぶやき

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.