主婦のつぶやき

やってみると効果の高いデジタル断捨離

投稿日:

手放すべきものは、どんどん見つかるものです。
先日は、久しぶりにデジタル分野を見直し。

少し前に会員登録していたことを思い出したデパートのオンラインサービス。
お歳暮だったか、何かのお祝いだったかをおくるために1度だけ使ったのです。
数年前に1度だけ使ったっきり。
今後も使うことはない気がする。
そこで、メールを削除する前にサイトへ飛び、退会処理を。
デジタル断捨離で大事なのは、不要なメールを削除するだけでなく、もう不要なメールが来ないように手続きすること。
これが結構面倒くさいけれど、一昨年重い腰をあげて取り組んだ。
まずはメールボックスをきれいさっぱり整理して、その時に気付いたもう使わないサービスを退会、使うけれどメールを受け取りたくないサービスのメール配信設定を変更。
他にも使わなくなったFacebookの退会など、結構大変でしたが頑張った甲斐あってメールボックス内はすっきり!不要なメールもほとんど届かなくなりました。
それでも忘れたころにちょろり、ちょろりと以前使用したサービスからの連絡は届くので、その都度解約しています。

メールボックスをスッキリ整えた時の話↑

今回もデパートからメールが届いて思い出した。
会員登録するのは簡単で、必要とちょっとでも思ったらすぐに登録してしまうけれど、管理したり、その後退会処理をするのはなかなか面倒ですね。
通販でよくある定期サービスもこの心理を利用しています。
購入する時は、「欲しい!」と思うし、「定期で購入すればお得だ!」と思い、「使わなかったら定期解約できるし試してみよう♪」と思って、購入するけれど、それを辞めるのは面倒で、ついつい続けてしまう人が多いのです。
「買ってよ!買ってよ!」と頑張ってアピールしなくても、売り上げが出るので企業にとってはとてもありがたいお客様ですね。

祖父が亡くなり、祖母も少し物忘れが多くなり、一人で暮らすには心配になった時、実家の近くのシニアマンションに引っ越すことになりました。
私はすでに社会人になり、実家から遠く離れていたので片づけに参加できませんでしたが、祖母の家をたたむとき大変だったのは、大量のモノ、モノ、モノ。
そして…何のサービスに入っているかわからない事でした。
押入れからたくさんの雑穀や青汁を見つけては、定期を止める。
戸棚に複数溜まったコスメを見つけて定期を止める。
その他にも郵便物から発覚することもある。
ネットを活用していない祖母ですら、解約するべきものはたくさん。
ネット時代に生きる私は、何も気にせず暮らしていたなら祖母の2倍、3倍?いやもっともっと多くなるかもしれない。
今自分で自分が加入したサービスを管理し、不要なものを退会処理するだけでもすごく大変だから、祖母の代わりに手続きをしなければならなかった母の苦労は想像に難くない。

残念なことだけれど、人はいつか死ぬし、死ぬ時期がわからない。
私はまだ30代でアトピー以外はいたって健康だけど、何があるかわからないですからね。
自分でできることは自分でしようと思うのです。
明日急に倒れて大病が見つかるかもしれない、犯罪や事故、災害に巻き込まれるかもしれない。
そうなったときにはもうこういう地道な退会処理をする暇はなく、残された家族が頑張るしかない。
そうならないためにも、今できることは今しておく。

それに死んでしまった時だけではなく、生きている間にも不要なサービスを退会することで得られるメリットはたくさん!
メールやセールスの電話がかかってくることはないし、個人情報漏洩のリスクも下がる。
沢山会員登録していると、管理しきれなくなって、いざ使いたい、いざ退会するぞ!と思ったときに「あれ?このパスワードって…?」となったり、ずいぶん昔に登録したから、登録した電話番号が今の携帯電話と変わっていたり(そして思い出せなかったり…笑)するものです。
だから面倒なことだけれど、思い立ったが吉日。
すぐに目に付いた不要なサービスを解約していくのがいい模様。

私は一昨年メールボックスをすっきりきれいにして、不要なサービスもほとんど退会したので、それからは年に1件、2件過去利用したサービスからメールが来るたびに解約する程度になりました。
処理するのが1件、2件程度だから、すぐできる。
最初はたくさんあって大変だけど、これを乗り越えるとかなりスッキリライフです。

もう1つ退会したものがあります。
それが、以前このブログでも告知させていただいたセレクトショップpippin(旧temite)です。
元々はモノを売る仕事をしていたので、退職後も漠然と、モノを売る仕事をしたいなと思っていました。
しかし、働いていた頃「どうやったら売れるか、どうやったら最大限商品の魅力が伝わるかと考えてから、その商品を欲しい気持ちを掻き立ててから、あっちこっちで宣伝して売ったモノは、果たして本当に人を幸せにしているのか。」と悩んでいたのも事実。
そうやって売った商品は、売れた!ではなく、買わせた!ではないだろうか…と悩んでいたのです。
そんな時に公認アンバサダーにならないかとお声がけいただき、悩んだ末にミニマルライフを通じて良さを実感したシンプルな暮らしを広める目的のショップならやる意義があるかな…と思い、pippinというサービス上でセレクトショップをオープンしました。

半年ほどやらせていただきましたが、心の底でモヤッとしていたものを感じていました。
というのは、ショップという形をとっている以上記事を書くときに私が「売るぞ」という気持ちになってしまうことでした。
そして、そういう気持ちでブログを書くのに抵抗があったのです。
私のブログ内でアフィリエイトリンクを貼っている記事はたくさんあります。
けれど、それは話したい内容が先にあり、その中で商品の話が出ることがあればその紹介としてリンクを貼っている形でした。(もちろん私の記事から買っていただければとっても嬉しいことです)
だから、「売るぞ!」という気持ちなどなく、そのまま素直に思ったことを書いていたのです。

けれどセレクトショップ内の商品を紹介するとなれば、話の順序は逆で、紹介したい商品があり、それから記事が出来る。
そうなると頭の片隅では、「売るために…」と考えてしまっている自分がいる。
それが気になって、ショップオープン直後の数回は「セレクトショップでも扱っています」と文言も添えていたけれど、すぐに添えなくなってしまいました。

サービス自体は良いと思うのですが、私に合わなかった。
そういう仕事をしていた割に人に積極的に営業するのはどうも苦手なようです。
せっかく始めたショップでしたし、ショップを開きたいと思っていたのも事実で、もう少し積極的に頑張るべきなのか悩みましたが、閉店することに決めました。
訪れてくださった皆様ありがとうございました。

あともう1つ。
「もっとブログを書く時間が欲しいな」と思ったのも単純だけれど理由の1つ。
ショップもやりたいことだったけれど、ショップよりもずっとずっとこのブログの方がやりたいことでした。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.