料理

美しすぎる柳宗理でオムレツランチ

投稿日:

最近私はやたらとオムレツを作っている。
娘が大好きなのも理由の1つだけれど、私がオムレツ作るのが好きになったのも大きな理由。

私が「今日のお昼は何にしようかな~?」と言うと、「オムレツ食べる?」と高確率で提案してきて、「じゃあオムレツにしよっか!」と言うと…「オムレッツ、オムレッツ~♪」と踊ってます。ふふふ。
ちなみに先日は…「今日は卵がないのよー。オムレツ作れない。ごめんね」と言うと、「・・・オムライス?」って言ってきた。
たまごがないからオムライスも無理だ!笑

オムレツを作るのが好きになった理由は、2つ。
娘は野菜好きだから、ブロッコリーやトマトやコーンやいろんな野菜を入れれること。
夫と二人暮らしの時は、夫は野菜嫌いなのでオムレツと言ったらプレーンか前日残ったそぼろなどを入れたオムレツしかなかったので、色とりどりの野菜の入ったオムレツは正直目にも楽しい。

そしてもう1つの大きな…大きな理由は半年ほど前に購入した柳宗理のミニパン。

柳宗理 ミニパン 16cm

これがオムレツにちょうどいいのだ。
以前持っていたテフロン加工の玉子焼き器も問題なくオムレツをつくれていたし、使い勝手が良かったからなかなか玉子焼き器はテフロン加工を手放せずにいたのですが、買い替えてよかった!
買ってすぐのころは、鋳物であるミニパンは調理中鍋つかみが必須なので、正直それが煩わしく思っていましたが、すぐになれました。
煩わしい気持ちよりも、調理中にこの美しいフライパンで調理できることの方がずっとずっと心に嬉しいことでした。

購入した時の話↑

良かったのは見た目の美しさだけではなく、(重さはあるけれど)小さいから、戸棚から出して、使って、洗って、収納するまでの動作が苦じゃない。
大きなフライパンは、我が家の広くはないキッチンではかなり場所をとってしまって、シンクの中も作業台もフライパンがあれば他に物を置く場所が限りなく狭くなってしまうのです。
けれど、大きなフライパンを使う料理は、もれなく他にもいろいろと道具や食材が必要なものですから、必然的に調理中のキッチンは溢れんばかり。

それに比べて、オムレツは…ボウルに卵とお野菜(野菜は他に包丁を使う用事がないならはさみで切っちゃう)入れて混ぜて、この小さな…たった16cmのフライパンで焼くだけ。
道具も食材も少なく、小さい。
キッチン内での小回り抜群で、気負いなく作れる料理なのです。

娘の大好きな絵本にオムレツを作るシーンがあります。
その絵本に合わせて「ぱっかんしゃかしゃか じゅわわわーん」と言いながら作っています。
この写真はじゅわわわーんのシーンです。

良かったのは小回りが利くことだけではない。
ミニパンで作ったオムレツはふわふわでなんだか美味しい!
作っている最中のじゅっ!という音も美味しそうで食欲そそる。

調理中は鍋つかみ必須。
16cmのミニパンは、卵2つがちょうどいいサイズ。
うん!いい感じ

娘と食べるオムレツ故、オムレツ自体にはほとんど味をつけていません。
けれどオムレツを作る時の油はココナッツオイルを使っているので、ほんのり甘い。
出来上がったらケチャップのせてクレイジーソルトであとから味付け。
これが本当においしいんだ。
娘がもっと大きくなったら、チーズたっぷりオムレツとかもいいな。

我が家のココナッツオイルはこちら↑
年に1回3本セットを購入しています。
オーガニックで低温圧搾なのが決め手。
油については、以前こちらの記事で紹介しています→我が家のこだわりオイル

できあがり。
この日はブロッコリーとパプリカのオムレツ。
ブロッコリーもパプリカも、オムレツも大好きだから、「やったやったー!」と言ってた娘が下に見切れています(笑)

以前ポテトサラダのことを記事にした時にも書きましたが、娘と調理するようになって我が家の食卓は簡単な料理ばっかり。
この日もオムレツの他には、蒸してあった野菜を和えただけのナムルと朝ごはんの時に作っていたラタトゥユ、切っただけの自家製ぬか漬けに、鮭ごはん。
ラタトゥユとオムレツは娘が大好きだから、ナムルは本当にお手軽だから、毎週のように作っているヘビーローテーションメニュー。
それでも飽きない。
同じメニューでも、入れる具材、水の分量、塩加減などが日によって違うから、だから飽きない。
家庭料理ってこういうことかな?と思う今日この頃。

ブロッコリーとパプリカのオムレツ、ブロッコリーとトマトのナムル、人参ぬか漬け、鮭ごはん、ラタトゥユ
我が家のラタトゥユはあらかじめ娘サイズに食材を切ってる。
だから大量に作って(かさましにえのきやブロッコリーも加えて)、1日は煮込みとして、1日は水を足してスープとして食べる。
食材を切るのが面倒だけど、次の日の自分を楽にするため頑張る。ふふふ。
そして私もラタトゥユ好きだから頑張れる。ふふふ。

話がそれました。
ミニマルライフを始める前は、世の中には安いものがたくさん売ってあるのだから、「安いものでいいや」と買ったものが沢山ありました。
でもちがったのですね。
安いもの=悪いものではないけれど、「安いからいいや」=わるいものになりがち。
安くても自分のライフスタイルにピッタリだと納得して買ったものとただ安さだけを基準に選んで買ったものではその価値は雲泥の差。
わが家で現在愛用している柳宗理のミニパンは、すごく高いわけではない。(安くもないけれど…)
でも我が家の用途を考えて、考えて選んで、またそのモノのたたずまいに惹かれて買ったもの。
こんまりさんでいうところの「ときめき」があるものなのです。
だから使って嬉しい。


昨年買い物失敗、成功の定義についていろいろ書いた記事を投稿しました。
いろいろ考えましたが、私にとってその成功の基準は…「使っていてうれしいものが買えたこと」だった。
その基準に照らし合わせれば、柳宗理のミニパンは文句なしに成功と言えそうです(^^♪

買い物成功の定義を考えている記事です↑

あ・・・!
オムレツづくりに欠かせない「ぱっかんしゃかしゃかじゅわわわーん」が登場する卵料理の絵本は、この絵本です(^-^)
リズムが良くて娘も大好きな絵本です。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-料理
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.