主婦の手帳とは

主婦の手帳にようこそ。
はじめまして。主婦の手帳のハルです。
数年前に結婚を機に退職してから現在は、夫婦二人ゆったりと暮らしています。

ダメダメ主婦なんです

主婦になった私の今の仕事は、家族が生き生き暮らせる家庭を作ること。
生き生き暮らすには、土台作りが大事だと思っています。
健康な体、清潔で居心地がいい家づくりなどなど…あげるときりがありませんが、言いたいのは毎日の家事こそきっと「生き生き暮らすための土台づくり」だってこと。
しかし、まだまだ主婦ビギナーで家事スキルも半人前。
色々失敗もしています。

そもそもこのブログを始めたきっかけは、あんまり家事が得意でなかったから。
少しでもちゃんとできるようになりたくて始めました。
また結婚して驚いたのが、私の常識の家事が夫にとっては全然常識じゃなかったこと。
夫も私も一人暮らししていたので、お互い一通り家事ができる状態で結婚しました。
しかし、洗濯の干し方や、洗う頻度、掃除のやり方、些細なことですが、いろいろ違いました。
それでさらに、自分のやり方ではだめだと思ってしまい、落ち込んだこともありました。

家事だって仕事だと思います

家事は、代々親から受け継いだやり方を実践していたり、最新家電を駆使していたり、意外と一度やり方が決まったらずっと同じやり方で家事をしてる人多いんじゃないかな。
でも家事の方法を聞いたら、みんな同じに見えて全然やり方が違ったり。
家事に正解なんてないと今は思います。

だからこそ!
ただ手を動すように作業化するのではなく、効率化を求めて改善したり、より良い暮らしのアイデアを考えたり、世間一般の仕事と同じように成長が必要な仕事だと思います。
仕事にはPDCAだとか、報連相だとか、費用対効果だとかが大事なんて言いますが、実は家事も同じなんじゃないでしょうか。
費用対効果なんてめちゃくちゃ大事ですし、めちゃくちゃ考えますよね(^^♪
家事は給料ももらえないし、誰かに評価もしてもらえず、日本ではまだまだ仕事とみなされませんが、他の仕事同様頑張れば成長したり、やりがいのある仕事だと思います。

言ってみれば、主婦の仕事は大きく分けると、どのように家事をするのかという仕組みづくりと実際に手を動かして家事を実践することの2つがあると思います。
仕事に例えると、新入社員のような仕事から管理職のような仕事まで幅広い仕事が主婦の仕事です。
しかし、会社と違って家では主婦という社員は一人です。
私は専業主婦なので比較的時間の余裕がありますが、まだ小さいお子さんがいたり、仕事をしていたりすると全部1人で世に言う正しい家事をしてたらキャパオーバーです。
だから私は、洗濯物を畳む、料理を提供するといった家事の1つ1つではなく、どのように家事をこなすか、いわば家事のワークフロー、家事のマニュアルを作ることを優先しています。
現在の家事で大事にしているのは、単純化と効率性。
単純で効率的な仕組みさえできれば、私が病気になっても夫が代わりに家事ができ、やり方が違ってイライラすることもない(笑)
夫も家のことがよくわからないから、何かしたくても何もできないってことがない。
そう信じて、日々仕組みづくり頑張ってます(^^♪

このブログは、そんな私が、日々主婦業研究する中で得た気づきや「これは役に立つ!!」と思った商品や仕組みをブログで書いていきます。
日々アップデートされる我が家の家事マニュアルのようなものでしょうか。

私のこのつたないブログが、何かの発見になればうれしいです。
これからよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチっとしていただければ、めちゃくちゃ嬉しいです(^-^)

更新日:

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.