主婦の日記

ミニマリストはプレゼントに迷う

更新日:

実は12月は私の誕生日があるのです。
夫からは何が欲しいのかと聞かれているのですが、正直コレと言えるものがなく困っています。
我が家の誕生日プレゼントは申告制なのです(^-^)
去年は、コートを買っていただきました。

天然素材の軽くて暖かくて、大好きなコートです。
去年は本当にコートが欲しかったのです。
今まで私が持っていたコートは、誰かのお古だったり、安かったりで、毛羽立っていたり、今の自分のライフスタイル、顔、ファッションに合わないことに気付いて…そんな残念コートをほとんど手放して、私のためのコートを1着吟味に吟味を重ねて選んで、買ってもらったのでした。
今は妊娠して前がパツパツで着られませんが…次の冬こそは!着たいな。

けれど、今年は去年のコートのように欲しいモノがこれ!と言えない。

欲しいものがないわけでは…ありません。
ドレステリアの吊裏毛ジップアップパーカーは是非私のワードローブに入れたいアイテム。
特にこの妊娠中にぐーんと服は減らしましたから(化繊が気持ちよく着れなくなったので…)、「欲しい」という欲望だけでなく、「必要」でもあります。
多分今一番本当に欲しいのはこれです。


ただ、ミニマルライフを実践し始めて2年の私は思うのです。
ネット上では最高の選択肢だが、果たして本当に私にフィットするのか?と。
サイズはSでいいのか?と。
やっぱり一度試着して、丈感、袖の長さ、服の締め付け感、着心地を吟味して買いたい。
それは、この服を今現在とても気に入って長くお付き合いしたいからこそ、そうしたいのだ。
ネットでポチりとして、届いたときに「なんか思ってたのと違った…」というがっかりを味わいたくないからこそ、実際に見て、手に取って、着てみて、決めたいのだ。
だけど、そうすると体型がすっかり変わった今は…買えない。

育児なんてしたことないから想像がつかないのだけど、生まれてすぐの子を連れて街中のデパートに出掛けて、じっくりショッピング♪なんて時間もないのではないだろうか。
せめて生まれて半年経ってからならば、行けるかな?と思うのだけど、生まれて半年というと、もうパーカーを着る季節ではないのです。
真夏にパーカーが売っているかどうかわかりませんし(多分売ってないですよね)、その時にこの服がベストなチョイスなのかも自信がない。
といういろんな理由から、今年の誕生日にこのパーカーをプレゼントしてもらうのはやめました。

以前プロの調靴士さんに足を測ってもらって、足幅が狭いことを知った私。
今年こそ自分にピッタリの靴をShoe premoでオーダーするぞ!!と思っていたけれど…
これまた、今の体型の変化が激しい時に買っても合わなくなる可能性大だし、生まれた後小さい子供を抱っこしてヒールを履くのは心もとない。
3.5cmヒールのローファーが少し前にリリースされて、これなら子供がいても大丈夫かも!と思ったりもしたのだけど…やはりある程度大きくならないと玄関でゆっくり靴ベラ使って靴を履くなんて難しそうな気がする。

調靴士さんに足を測ってもらった記事はこちら↓
足が痛くないハイヒールが履きたくて調靴士さんに足の計測してもらいました。
何もわかってなかった。なぜ私は何度も痛い靴を買うのか

以前から欲しいな、欲しいなと思っているイッタラのキャンドルホルダーKivi。
これならば妊娠、出産の体型変化は関係ないし、慣れない育児ですさむ心を和ませてくれるかもしれない。


だが、欲しいなと思うカラーは、売り切れや廃盤になっているカラーばかり。
そんな今はもう手に入らないフォレストグリーンやパープルの色があったなら…迷わずこれ!と言えるのだけど。
今のラインナップなら…レインか、ブラウンか、サンドか…う~んどれにしよう。
と迷ってしまって決め手に欠ける。
ミニマリストとして、迷って悩んだら買うのはやめてきた私。
これをプレゼントして!とだから言えない。

演劇やシルクドソレイユ、ミュージカルなども好きなので、そういう体験をプレゼントしてもらおうかと思ったのですが…イマイチ行きたい!と思う公演がなく。

美味しいものを食べに連れて行ってと言っても、今は食べられないものも多いので、結局外食に行ける場所は限られてきます。
私が今食べたいようなものは、ワインとチーズ、そしてちょっとずつのおつまみメニューだったりします。
そんなの絶対今はNGです。

そこでふと気づく。
ミニマルライフの中で、買うものは妥協せずとびっきり気に入ったものを買おう、そして買ったならなるべく長く使おうという意識がしっかり根付いてきたのですが、その弊害?ともいえますが、完璧な理由が…完ぺきな条件がそろわないと買えないのです。
そして、もう一つ気付く。
自分の意志以外で制限しているもの(食べ物、飲物、洋服、行動などなど)が多いからか、そういう制限されているモノへの欲求が高い。
ないものねだり。むずかしいですね。

本当に本当にミニマルを突き詰められていたら、こういう欲は出てこないモノなんでしょうか。
今までの私に比べたら、ミニマルライフを始めて充分「足るを知る」感覚を覚えていたのですが…まだまだですね(笑)

そこで最近思いついたプレゼントしてもらおうと思っているのが、時計の修理です。
独身時代に夫にプレゼントしてもらった時計が止まったままになっているのです。
修理しようしようと思って、ついついそのままになっているのです。
仕事をやめて、腕時計をつける機会が激減して、使わないうちに止まってしまった腕時計。
ミニマルライフを始めてから、TVを時計代わりにする習慣はなくなり、時間ってとっても貴重なものだと一層考えるようになりました。
そんなことから、家事するときは腕時計をはめてテキパキ行うほうがいいのではないか…と思い始め、使うならばあの止まってしまった腕時計がいいなと思い、修理を検討していたのでした。
私のお小遣いの中から修理代も取ってありました。

けれど、突然そこで妊娠が発覚し、最初は動くことができず、途中からは育児中に腕時計するかな?なんて迷い始め…で、結局今になっても止まったままなのです。
まだ育児はしたことないのですが、子供にとっては毎日決まった時間にご飯やお昼寝をさせるのが良いらしい。
そうならば、時計のない我が家では腕時計がきっと役に立つ。(多分)

もしくは、去年からずっと食べてみたいと思っているわらび餅があるのです。
そのお店は我が家からだと車でしか行けない場所です。
遠いのでついつい「わらび餅のためにあそこまで送ってもらうのはちょっとな…」と気兼ねしてしまって、食べそびれているわらび餅。
それをプレゼントにしてもらうのもいいかな。
もしくはもしくは、大好きだけれどなかなか自分では買わないすやの栗きんとんでもいいかも(笑)

時計の修理も、わらび餅も、栗きんとんも去年のプレゼントであるコートに比べたらずいぶんお安いものです。
それでも、去年のコートと同じくらい贅沢な気分になれるものだと思います。
それは、去年のコートと同じくらい「食べてみたい」「使いたい」と思えるモノだから。
それと普段の活動範囲では食べられない、修理できないものだから。
わらび餅や栗きんとんを箱で買ったとしても2人で食べきれる量を考えれば、6個入りサイズが限度でしょう。
6個入りなら2000円もしないでしょう。
2000円持ってスーパーへ行けば、たっくさんのお菓子が買えるのです。
プリンやクッキー、さまざまな種類のお菓子が選べ、量も袋いっぱい買えます。
けれど、それでは贅沢感を感じないのです。

以前ブログでも書いたけれど、たった6つのお菓子に2000円、たった6つのお菓子のために車を走らせる…そんなわざわざなところが贅沢だと感じるのでしょう。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦の日記

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.