主婦の日記

モザイクタイルミュージアムに行ってきました!

投稿日:

昨日の記事の続きです。
よろしければ、昨日のフィンランド陶芸&マリメッコ日記もどうぞ!→フィンランド陶芸&マリメッコ展に行ってきました!

昨日の記事で書いた岐阜県現代陶芸美術館。
たまに蚤の市もやっているようです。
私たちが行った日もちょうど市が開かれていて、陶器や家具や骨董品的なモノや野菜などなどたくさんなものが売られていました。
掘り出し物の予感がします!

お腹もすいているし、ちょっと一回り見てみようのつもりが…予想以上に私たち夫婦の心をとらえた。
途中までは「こんなものも売ってるんだー」と楽しみながら見て回っていただけなのですが、あるお店の前でぱたりと止まる足。
そこがまさかの絨毯屋さん。

今我が家で使っているのは、ニトリで買った丸洗いOKのラグなのですが…それを買ったときも夫はこういう絨毯の方が好みだなぁ~なんて言ってました。
ただ、ニトリで見た時私はあんまりぴんと来なくて…手触りもよくなくて、双方の意見をすり合わせて今のラグになったのです。

それがまさか岐阜のちらっと寄った蚤の市で絨毯派じゃなかった私まで「え?あれいくら!我が家にピッタリ!!」と思った絨毯に出会えるとは思っておりませんでした。
ほんのりブルーで素敵な絨毯ピュアウール100%とということで肌触りもよさそう。
お値段は…2畳半で8万越え。

こういう蚤の市でクレカも使えないだろうし、高価な買い物だけにちゃんと我が家で採寸したい気持ちが勝り買えませんでした。
むちゃくちゃ残念!
夫婦で絨毯への熱が増している今日この頃です。
現地で直接買い付けてるようだったし、お店がきっとあったはずだ。お店の場所と名前くらい聞いておけばよかった…


楽天でも探してみるけども…なかなかこれというのがありません。
お値段も気楽に買える値段ではないので、迷います。

モザイクタイルミュージアム

さて、そんな現代陶芸美術館の近くには、こんな素敵な建物のモザイクタイルミュージアムがあります。

インスタ映えする外観に、建物自体にもタイルがところどころ埋め込まれているので、遠くからも壁近くからも写真を撮る人がたくさん!

以前からちょっと気になっていたモザイクタイルミュージアム。
最初の出会いはグーグルマップでその名前が表示されてことでした。
だからまさかこんなに素敵な建物だったなんてつゆ知らず。

入り口には、どどーんとタイルでデコレーションされた車が。
そこはまたまたかなりのフォトスポットになってまして車大好きな子供と写真大好きな若者がいっぱい!
4階から見てくださいといわれ4階に行くと…
壁にタイルで描いた絵や(マリリンモンローの絵とかありました)タイルの手洗い場、トイレが並んでいます。
このタイルの手洗い場っていいですよね。
ヨーロッパの方の家にあるイメージのあれです。
日本のシンクみたいな形で広くて四角だから、栓を占めればつけ置きにも便利だし、靴とか何かを手洗いするにも便利で掃除も楽。
日本の家もタイルにすればいいのに。

ここの一番の目玉?がこれ。
人が多すぎてうまく写真が撮れませんでしたが、天井から床までの巨大立体アート。

吹き抜けになっている天井からすり鉢状にすぼまっていきます。
タイルが吹き抜けから注ぐ太陽光に照らされてキラキラしてきれいです。

他にも壁面にある魚の絵のタイルとか結構好きです。

3階には、いろんなタイルの展示とそのタイルが使われた生活用品(かまどとかおふろとか)が展示してあります。
細かい金魚型のタイルとか珍しいものもあるし、よく外壁で使われる長方形のタイルも。

ちょうど街角近代建築写真展と言って全国津々浦々の近代建築で建てられたお店や家の写真がずらっと展示してあったのですが、そこで我々の後ろを歩いていたお姉さんがポツリ。
「最近の家より全然凝っていて素敵だよね。」

全然知らない人ですが、私も激しく同意です!
最近の家は白くて素敵なんだけども、今後何十年か時を経て、経年劣化した時に素敵かは微妙なところです。
それに比べここで紹介されていた建物は、建てた時はもちろんピカピカでよかったでしょうが生きてきた年数すら美しい。
それくらい、ここで飾られていた写真は、「古いけれども味がある。」そんな建物でした。

2階まで下りてくるとここは無料のタイル相談会。
賃貸の我が家には不要の場所ですが、タイル見本もたくさんあってこれから家を建てる、リフォームする人にはたまらん場所です。
キッチンはあの白のタイル、門扉から玄関まではこのタイルを敷いて…とイメージするのにピッタリ。

1階まで下りてくると、ワンコインで出来るモザイクタイル体験とショップがあります。
タイルなんて買っても仕方ないかな~なんて思っていたのですが…

買ってしまいました。しかもタイルです。
今あっちこっちと設置場所検討中。定まったらまたブログで書かせていただきます。

 

1日であっちこっちの美術館に行き、久々アートに触れた素敵な休日を過ごせました。
今回行った美術館が陶芸、ファブリック、タイルと生活に行かせる素材やグッズだったので、どうしても「これ我が家に合う。こういうインテリアが素敵」など、自分の家目線で見てしまう不思議。
それゆえに親しみやすく、フィンランド陶芸もマリメッコもタイルもあんまりわからない初心者ですが楽しかった。
まさかまさかの理想の絨毯にも巡り合ってしまうし、ちょっぴり家をこういう風にしたいと考えるヒントになりました。

我が家がある場所は住宅街。
そうそう気軽に素敵なものを買う場所はありません。
だから最近はめっきり通販に頼りがちです。
部屋に敷くものが欲しかったら、ラグ〇畳で検索するだけ。
検索してたら絶対絨毯なんて買おうと思わなかった。
通販でタイルなんて絶対買わなかった。
自分の足で美術館、博物館に行ってあれこれ想像して、素敵なものを見るうちに何か自分の家に行かせるアイデアが下りてくるかもしれないし、そういうものに出会えるかもしれない。
通販にはない出会いです。
そういうのも大事にしていきたい。

ちなみに…このタイルミュージアムの前にあるお店でご飯を食べたのですが、安いし旨いしで大当たりでした!

お店出てすぐ撮ったモザイクタイルミュージアム。
ふちにグリーンが植わっているのが素敵です。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-主婦の日記

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.