主婦のつぶやき

失敗は成功の基になる失敗とただの失敗の違い

更新日:

最近大大大失敗をしました。
こんな風にならないためにミニマリストを目指しているというのに、がっかりです。
何事かと申しますと、年末調整に必要な保険控除書類をなくしたのです( ;∀;)

週末夫が会社から持って帰ってきた年末調整の書類を記入していました。
生命保険の類は、すべて書類がそろっていたのですが…ふと気づく。
あれ?今年は地震保険も払ったよね?
そこから、先ず家計簿にて、今年払ったかチェックしてみると4月に払い済み。
たしか翌月にはもろもろ書類がやってきて、その中に年末調整の証書も入っていたはず…
その書類が届いたときには夫と二人で「今年は地震保険の控除も忘れずやらなきゃね」という話をしたはず。(結婚してすぐは、地震保険払ったことすら忘れてたから)

けれど、あれこれ探しても…証書はないのです。
私があっちこっちの書類を出して確認しているから、夫も何を探しているやら気になってきて、正直に「地震保険料控除証明書」と言って、二人がかりで探したけれど・・・ない。
地震保険関連の書類の場所を見ても、わざわざ控除証明書だけ抜き取ってある模様。
多分わかりやすいように別の場所に保管したんだ!(けれど、どこに置いたかは一向に思い出せない)
そういうことで、今年も地震保険料控除はあきらめることになったのでした。

地震保険料はほかの生命保険の類と違って、4月か5月に書類が届いたのです。
書類が届くタイミングが違ったので、生命保険の類とは別に保管したのかなぁと予想します。
そしてどこかに紛れてなくなったか、どこかに紛れて捨てたか…

先日書類をちょっと整理したところでした。
その時に捨てたのは、私の古いノートの類や古い領収書の類。
絶対にその時には捨てていない。(一応1枚1枚確認しましたから)
となれば、それ以前から紛失、または捨ててしまっていることになります。
5月に届いたとして、12月になくなる。たった7か月保管できない。

やはり、まだまだ保管している書類が多すぎるのかなと思いました。
不必要に多いから、紛れやすい。
必要なものだけしかなかったのなら、こんなに探し回ることはないはずです。
もう一度書類関係の見直しすべきだと痛感した出来事でした。

けれど思い返してみると、こうやって「あれどこにやったっけ?」と家じゅうを探し回ったのは、本当に久しぶりな気がします。
一人暮らしの時や、学生時代などは、「あれどこにやったかな?」と探し回ることが、頻発とは言いませんが、年に何回かはあったと思うのです。
今、シンプル、ミニマルライフを実践し始めてからは…何かを探し回った記憶が本当にない。

何かを失くすというのは、本当に探している時間が不毛ですし、その時の心理状態もまたざわざわ焦って、「どうしよう。どうしよう。ここにもない!ない!ない!」みたいな心の負担が大きいです。
たくさんモノを持っていると、失くし物、探し物の確率はぐんとアップします。
それって、自分で自分の首を絞めているようなものですね。
モノをたくさん持って、管理に手間と時間をかけて、掃除もその分しにくくなって、挙句の果てに必要なものが必要な時に見つからなくて、無駄に時間を使って家じゅうを探し回り、心にも負担をかけ、心底疲れてあきらめる。
すごく無駄でした。

ミニマルライフを実行し始めて、探し物とは無縁♪と思っていたところに今回の大失態。
これはまだまだ私の書類管理は見直す必要があるということ。
今回はそういう学びを得たと思って、書類整理もう一度見直したいと思います。もう探し物はごめんだ!

こういうマインドもミニマルライフを始めて変わったことだと思うのです。
昔は失くしてしまったら、「あぁなんで私って駄目なんだろう。」とネガティブに自分を責めることで終わっていたことが多いと思うのです。
あとは失くしたものが他の誰かにもらった物であったり、貸すよと約束していたものであったり、「誰か」が絡むものならば、どうその人に話せばいいのか…と悩んでいただけでした。

今度は絶対失くさないようにしよう。そのためにはどうしたらいいのか。
そういう風には考えていなかったと思うのです。
だから、また同じ間違いをする。
今回は自然と「もっと保管する書類を見直そう」と思えました。
不要な書類が多すぎるから紛れるのではないか?と仮説がすぐさま頭に浮かび、ならば必要なものだけにしよう、根本的にとっておく書類を見直そうとそう考えました。
それで、次の探し物を防げるかはわかりません。
次は別の要因で失くしてしまうかもしれないのですから。
けれど、そうやって一つ一つ要因をつぶしていけば、モノを失くすリスクはどんどん下がる。
少なくとも同じ要因では失くさない。

失敗は成功の基と言いますが、今までの私は全く成功の基になっていませんでした。
ただの失敗でした。
失敗して、落ち込んで、また同じ間違いをするのは、ただの失敗なのです。
今回のように、次失敗しないためにはどうするか考えて、実際に行動して、初めて失敗は成功の基になるのですね。
そうやって、失敗を克服する積み重ねがいつか来る将来の成功の基になるという意味なのだ。
昔のようにただ失敗するだけの私は、ただ失敗するだけ損です。

誰だって完璧じゃない。
たとえそれが小さな小さな失敗であっても、その失敗を成功の基に変えられるかどうか…それが人生の分かれ目な気がします。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦のつぶやき
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.