ファッション

足が痛くないハイヒールが履きたくて調靴士さんに足の計測してもらいました。

投稿日:

先日以前からやりたいやりたいと悩んでいた足の計測に行ってきました。
去年、『その靴痛くないですか?』と言う本と偶然出会い、読んでみるとこれ私のこと??と思うことがたくさんあり、今まで普通の足だと思っていましたが、幅の狭い足なのかもしれない…と思うようになりました。

具体的に言うと、こんなことが私と本の中に紹介されているエピソードとの共通点

  • 歩いていてるとかかとが脱げる
  • たこができやすい
  • ヒールを履くと疲れやすい
  • 靴擦れしやすい
  • 中々合う靴が見当たらない

などなど・・・
私は今専業主婦で、毎日ヒールのあるパンプスを履く必要性はありませんが、やはりちょっと買い物に行ったり、友人と外食したり、夫とお出かけしたり…そんな時はヒールを履きたいものです。
しかし、今手持ちのヒールは履けばタコができ、足が痛くなり、外出してもすぐに帰りたくなる靴ばかり。
無理してヒールで行けば、「ちょっとカフェで休憩しよう」とすぐいうので、夫も最近は「今日はスニーカーにしたら?」と言います( ;∀;)
そんなわけで最近はヒールを履きたいなと思う時も、「今日は車じゃないから、ヒールは無理だな…」と思うようになり、スニーカーばかり。

足元がスニーカーと言うことは、着用する服も自ずとカジュアル寄りになります。
最近は足元スニーカーがおしゃれという風潮もあるようで、ファッション全体的に心地よい着心地、落ち着いたカジュアルが人気ですが、個人的にはまだまだヒールを頑張って履きたい気持ちがあります。
スニーカーはいつだって履けますから、子供のころから高齢になっても。
ヒールを履いているときとスニーカーの時と言うのは、メイクしてる時とすっぴんほどの、ブラをつけてる時とつけていない時とほどの、緊張感の違いがあると思うのです。

足の計測に行った時も本当はヒールで行きたかったのですが、場所を調べてみると少々歩かなければならなさそうで…結局スニーカーで。
洋服もそれに合わせて、アウトドアブランドで。気分とはまるで違う洋服ですが、現在服を減らして少ない服で過ごしてますので、気温と靴で自ずと服が限られてきます…
私のクローゼットはパンプスに合う洋服の方が多いのです。

これにダウンベストはおっていきました。

少ない服はバッグなどの小物、服、靴が合わせやすく、そのどれもがお気に入りで、手入れも行き届き、使いやすいというのがメリットです。
しかし、私の場合痛くない靴がないことで、服とバッグは早々にコーディネートが決まっても、靴に合わず、延々と悩むことがしばしばでした。

そんな悩みがあり、「一度足をちゃんと測ってもらおう。そして1足でいいからちゃんと今の洋服にも合い、痛くない、何処へでも出かけられる靴を持とう」と思い、足の計測に踏み切ったのです。

足の計測は、正直言うと私にはとっても高いお値段でした。
税抜き15000円で、計測とレクチャーと、自分が今持っているパンプスの診断です。
この値段モノによっては、新たに靴が買えてしまうお値段。
私のお小遣いに占める割合もビッグです。

ちなみに私が行ったお店はこちら
名古屋唯一の調靴士の森田さん。
冒頭で紹介した『その靴痛くないですか』の著者西村さんのお弟子さんです。

それでも!行って良かった。
お値段が高かったので、本に足の計測方法載っていたし、わざわざお金払って計測してもらわなくても、自分で計測できるんじゃない?って思って自分でも計測したこともあったのです。
その時の自己計測ではワイズ(足の幅)Cでした。
自分で測ると誤差が出やすいらしいので夫に測ってもらうとワイズAでした。
そして・・・プロに測ってもらいましたら、ワイズAAでした( ゚Д゚)
自己計測との差が…ありすぎ。

それに何よりお店では実際に幅の狭いパンプスを試し履きさせていただいたのですが、これが今まではいたどんな靴とも違う感触で。
そのパンプスを履いて、階段も登ってみたのですが、かかとが脱げない、痛くない。
たぶん自己計測だけでやめてしまっていたら、今後ワイズA~Cのものを探して、履いてみて何となく一番ピッタリな感じのものを選んだでしょう。
でも、本当の私のサイズはワイズAA。
だから、必死にワイズA~Cを探しても、たくさんお金を使っても、結局は自分にあってない靴を買う羽目になっていたはず。
とにかく一度プロに見てもらって、自分のサイズを知り、実際にピッタリ合っている靴を見立ててもらって試し履きし、ピッタリの靴というのはこんな感触なのだというのを自分で確認できたのが一番の収穫。

ちなみに私はワイズAAですが、試し履きさせていただいた幅狭パンプスを作っているShoepremoのパンプスでは、右足のみAAAのサイズの方がぴったりでした。
左足はAAですが、それにもワイズ調整パッドをいれます。
そういう細かい点までは自己計測ではわかりません。

そして、この細かい調整で履き心地がぐんと違います。
同じ靴なのに適切なパッドを入れただけでぐんと楽になる。
お安くはないけれど、本当にぴったりという感触を一度は感じたほうがいい。
新しい靴を何足も買うより良い自己投資だと思います(^^♪

女性の足のワイズはEが一番多く、その後D、EE、EEEと続き、この4サイズが売り場の78%を占めるのだそう。
私のサイズはAA。
まず市販の靴で調整なしに履ける靴はほぼないらしい涙。
靴は減らして減らして、冠婚葬祭用の靴を除けばパンプス、サンダル、ブーツ類が4足、スニーカーが1足に絞ってありましたが…
これらの靴も診断してもらうとすべてが私に大きすぎで、パンプス類は5.5㎜の一番厚いインソールを入れてさらにストッキングではなく、靴下履きなら何とかOK、スニーカーもサイズが1サイズ大きいとのこと。
大幅断捨離になりそうです。

サンダルは極厚インソールで何とかギリギリ使えそうなので残し、その他全部断捨離候補。
新しくパンプス買うまでの間1足もないのは困るので1足だけ期間限定で残す予定

本来はすぐにでも全部買い替え!したいところですが、私に合うサイズの靴は限られており、そしてちょっぴり高い。
一気に何足も買い替えるのは難しそうなので、先ずはヘビーユーズのスニーカー。
そして、オールシーズン使える合わせやすいカラーのパンプス1足。
この2足を今年買えたらいいな~。
最終的にはスニーカーとパンプスを色違いで2足、そして冠婚葬祭用のオールブラックの靴の4足揃えたいところです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


専業主婦ランキング

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

ブログ村では、シンプルライフ、ミニマルライフのカテゴリーに、人気ブログランキングにはシンプルライフと専業主婦日記カテゴリーに参加しています(^^♪

-ファッション
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.