【旅のこぼれこぼれ】洗濯を外注する

更新日:

シンプルライフ、ミニマルライフがどんどんブームになっていく中で、独身ミニマリストの方はおおいにアウトソーシングを活用して持たない生活をエンジョイしている方も多いらしいですね。

洗濯物は手洗い、コインランドリー、クリーニング、食事は毎日買い出し、なるべく調理が簡単なものか外食。
そうすれば大きな冷蔵庫やたくさんの調理器具は必要ないし、絶対必須と思っていた洗濯機さえ…必要ない。
それだけなければ、住む家の選択肢はぐっと増えるし、引越しだって自力でへっちゃら。

たしかに言いたいことわかります。
私も独身の時今の夫と友人と3人で2軒分(私の引っ越しと友人の引っ越しの日程を合わせて一気にやった)の引っ越しを自力でしました。
どんなに家具が小さく一人で運べる重さだとしても、縦型の大きな冷蔵庫と洗濯機持ってる時点で誰か1人絶対助けが必要です。
この自力の引っ越しの日は、もう3人ともヘロヘロになりました…

なので、洗濯機と冷蔵庫がないなんて…すごい。
何となく冷蔵庫はホテルとかにある小さな冷蔵庫やキャンプなどで使うクーラーボックスを使えば、一人でも運べるし、毎日買い物に行けばそれで何とかなるかなぁ~って気もするのですが、洗濯機は…私は必需品だと思ってました。
最近洗濯機なしで生活されている方もじわじわ増えてらっしゃると知り、ちょっぴり興味津々の今日この頃です。

そんな話を見ていて思い出されるのが、10年前アルゼンチンに滞在していたころの思い出。
転々と南米を旅行していた際に利用していたホテル、ホステルはもちろん、アルゼンチンのホームステイ先も洗濯機なかったんです。
日本にいると家の洗濯機で洗濯するのが当たり前になってしまっていますが、アウトソーシングが普通という国もあるのだと知りました。

毎日たくさん出る洗濯ものですが、洗濯機なしでアウトソーシングするのは独身者だけではなく、ファミリーもアウトソーシング。
料金は重さによって違うのですが、私はだいたい1週間に1度ほど通っていまして、スーパーの袋いっぱいの洗濯ものが、大体240円とか300円とかその程度。
依頼した洗濯ものは、洗濯屋さんが洗濯して、乾燥機にかけて、畳んでくれます。
だから、家に帰ったら収納するだけ。
時短ですね(^^♪

いやいや、洗濯屋さんに通うことも面倒だし、ファミリーなら量も多くて持っていくのが大変ではないかと思われると思いますが、アルゼンチンでは普通に家政婦さんを雇っている家が多く、掃除洗濯、料理なんかは主婦ではなく家政婦さんがしてくれます。
究極の楽家事ですね。

ちなみにこの洗濯屋さんという業種は、昔々日本からきた移民によって始まったシステムだとかで…それでかどうかはわかりませんが、洗濯屋さんのおばちゃんはみんな私に優しかった。

洗濯屋さんに頼めばとっても楽なのですが、やはり下着などはお願いしにくくて、私は手洗い。
お風呂に入った時に一緒に手洗いし、タオルに挟んでパンパンと叩いて脱水、その後部屋で干す。
転々と旅行中は近くに洗濯屋さんがないこともあり、その時は洋服類も手洗いしてました。
一人分と言う少量だったということもありますが、全然苦じゃなかったです。
今洗濯機なし生活の話を聞くと、「洗濯機なしなんて私には無理!!」と思ってしまいますが…意外と私も洗濯機なし生活やってたんだよなぁ。
やろうと思えばできるかな…やっぱ無理かな…なんて自問自答してます。

デリケート素材のものは洗濯機NGなものが多いように、洗濯機より手洗いの方が、服にとってはいいです。
今はすっかり洗濯機が定着してしまって、何でもかんでも洗濯機で洗濯してしまっているけれど、本当は手洗いした方が服の持ちもいいんだろうな~。

洗濯機あり生活では、人気急上昇なのが乾燥機付きの洗濯機だそうですね。
部屋干しラックも干す作業もいらず、乾燥機で一気に乾燥するのでカビや菌の繁殖もない。
故に部屋干し臭も洗濯槽洗浄もなし。
とっても便利だな~と思っているのですが、乾燥機付きの洗濯機がなかなか候補に入らないのは、この洗濯屋さんでの経験です。
洗濯屋さんでは乾燥機で衣類を乾燥させるのですが、長袖だったTシャツは9分、8分、7分袖へと縮み、スカートもどんどんミニになっていたのです(笑)

最近の乾燥機はそこまで縮まないだろうとは思うものの、乾燥機は縮むからなぁ~としっかり脳に刻まれており候補にあがらず。

なんで洗濯機についてこんなに考えているかと言えば、我が家の洗濯機はもう標準使用期間を超えてまして、もう8年選手なんです。
いつ壊れてもおかしくない。
やっぱり、今の私にはなかなか洗濯機なしはハードル高いけど、壊れてからかうのであれば、買うまでの数日はなしになる予感なのです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.