【旅のこぼれこぼれ】IT化に揺れるマチュピチュ2

更新日:

先週の気になるところで終わってしまったマチュピチュの話の続きです。
もし読んでない方は、こちらを先にお読みください→http://housewife-diary.com/travel-11/

帰るか、残るか

時間と労力、お金をかけてはるばるやってきたマチュピチュ村。
目当てのマチュピチュはもうすぐそこだというのに、チケット売り場のおじさんは頑なにチケットを売ってくれません。

マチュピチュへ行くにはこの村にいる必要があり、村の中は観光客でごった返している…わけではありません。
むしろすっかりホテルやレストランに引っ込んでしまったのか、村は閑散としています。
明日マチュピチュへ行くであろう人は、この村に今いる人。

真偽の方は定かではありませんが、村にいた観光客の数は入場制限に引っかかるほどの数とは思えず、観光案内の方にもシステムダウンしたからよと聞いていたので、なんとなく「売り切れた」というチケット売り場のおじさんの言葉は、私たちを納得させるための方便のような気がしました。

ただ、たとえそれが嘘だったとして、売ってもらえないならどうしようもありません。
まだ宿を手配する前だったので、私たちはチケット売り場の前で作戦会議です。

選択肢は3つ。

  1. マチュピチュ村の滞在を伸ばし、3日後のチケットを購入してマチュピチュへ行くか。
  2. マチュピチュを見ずにすぐさま帰るか。
  3. マチュピチュは見れないが予定通り2泊するか

ただネックなのは、ペルーレイルはすでに往復予約済みです。
1と2の選択肢だと、プラスで片道分のペルーレイルの料金がかかってしまいます。

3だと見どころのないマチュピチュ村に無駄に2泊する時間のロスです。

詐欺か救世主か…

そこに声をかけてくれたのがチケット売り場のガードマン。
困り果てて悩んでいる私たちにどうしたのかと声をかけてくれました。

明日のチケットが買えないので困っている。3日後のチケットしか売ってもらえないんだと事情を説明。

するとあっさり、「3日後のを買えばいいじゃない」と。
あれれ?スペイン語が拙くて話が通じなかったかな?ともう一度、「でも2日後には帰っちゃうから3日後のチケットを買ってもいけないのよ。」と説明。

するとまたまたおじさんが…「だからね。3日後のチケット買って、それをもって明日マチュピチュに行くんだよ」と教えてくれる。

!!!

使えるの?と聞くと、問題ないよ!と。

私たちは再び、「え?これ騙されてるかな?本当に行けるかな?」と迷う。
入場料は当時の私たちにとっては高額なので、だまされてたら結構痛手。

でも騙されていたとして、私たちは入場料や宿代がパーになるが、ガードマンのおじさんにとっては1銭も得にならない。騙すメリットもないよなぁ…
でもでも、日付の違うチケットで大丈夫なんてことある?そうだとしたらチケット売り場の人もそう言うはずだよね…
頭の中はマチュピチュに行けるかもしれないという希望と騙されているんじゃないのかという不安でいっぱい。

でもせっかく来た。
わざわざ1日かけてマチュピチュ見るためだけにわざわざ来た。
だまされてるかもしれないけれど、トライしてみようと3日後のチケットを購入したのである。

マチュピチュに行ったのは、わたし、夫、友人の3人。
夫と友人は半ば行く気がなくなり、帰りはペルーレイルに乗らず、徒歩ルートで帰ろうかという案も出していた。
マチュピチュ見れなくても、それはそれで楽しいではないかと。

そんな中突然行けるかもしれない奇跡の提案。
直ぐ帰る案に傾いていた二人に「せっかくだからトライしてみよう」と押したのだ。

3人ともに「明日行けるのか??」という不安もあり、行けなかったら、今度こそ歩いて帰ろうなんて話しながら。
私はと言うと、だまされてたら私のせいで2人に損させた…とより一層不安でしたが、もう乗り掛かった舟です。
とにかく明日、3日後のチケットをもってマチュピチュへ行くしかありません。

マチュピチュ観光当日

前夜は不安と希望でなかなか寝付けず、みんなで夜更かし。
朝早くのマチュピチュ行きのバスに乗るときも「もう騙されててもいいや」「どうせ日付が違うから入れないんだろうな~」とダメだった時の心構えをしながら、ダメで元々とマチュピチュを目指します。

だってチケットには別の日付が印字されてますから(;^ω^)

バスを降りると、入園ゲートのようなところがあり、各ゲートにスタッフがいます。

チケットを確認しているのです。
あぁ~だめだこりゃ。という気持ちが一気に湧いてきます。
入場の列に並びながらも、「入場できないんじゃないか」という不安の方がだんだん大きくなり、ついに私の番。

スタッフは見たか見てないか、いや見てないだろうぐらいのチェックで通過できました。
え!えええ!本当に3日後のチケットで入場できちゃったよ!

おそらくシステムダウンは私たちが行った日だけではなかったようなので、私たちが行く前日もこんな混乱があり、スタッフは「チケットさえ持ってればいい」と言う感じの軽いチェックで対応していたのだと思います。

まさか入場できたマチュピチュ

まさか入れるなんて思ってない私たちは大喜び。

この写真を撮った後マチュピチュ山という山を登り、遺跡の中をのんびり散策。
マチュピチュをしっかり満喫しました。

ちなみに私たちが登った山はマチュピチュ山。
マチュピチュでの登山はワイナピチュと言う山の方がメジャーですが、メジャー故にチケット代が高くなります。
チケット購入時はまだ入場できるかわからない状態だったので、ワイナピチュはあきらめたのです。
結果的にはマチュピチュ山でも、かなりいい眺めで大満足でした。

マチュピチュから帰ってきてガードマンのおじさんに、喜び満載で「入場できたよ!ありがとう!!!」と伝えたのは言うまでもありません。
いろいろありましたが、いろいろあったからこそ一層思い出深い旅となりました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.