主婦の日記

明るい寝室

更新日:

ついにチクチク作り終わりました。
晒から作った花ふきん。
初めて作ったふきんは、もちろん針目を一定にまっすぐするのも難しかったけれど、何より1cm方眼を書いたり、断ち目から5mmの場所を縫ったり・・・正確に測るのが難しかった。
多分私は、元の性格がおおざっぱなのでしょう。
こういうしっかり測ってぴっちりそろえるとか苦手なのです。
そんな私にしては頑張った。
一から自分で作ったふきん。
作り始める前は、1月中に1枚作り終えたいなんて話をしていましたが…
結局作り終えたのはこの3連休の間でした。
と言うのも、毎日ふきんを作ろうと思っていながら、結局週2,3で気が向いたときにチクチクしていたのと、私がとっても裁縫が下手だということのWパンチで予定がぐーっと遅れました。
でも楽しかったです。今2枚目を早速下準備中。
1枚目の時よりも晒を切るのも、方眼を書くのもスムーズにできている自分に気付きます。
こういう上達がわかるのも、楽しさの1つですね。

初めての花ふきん
針目もがたがただけど達成感あり

省エネな模様替え

3連休は模様替えもしました。
以前からちょこちょこ話題には出ていたのですが、なんだか面倒で、夫の仕事も忙しくて、休みの時くらいゆっくりしたほうがいいのでは?なんて思ってしまって、ずるずると今になりました。

何処を模様替えしたのかと言うと…主に寝室とリビングですかね。
北側の部屋にあった寝室をリビングルームとして使っていた南側の部屋に大移動。
大移動と言っても、寝室にはベッドとサイドチェストしかないのでそんなに移動させるものの数はないのですが、いかんせんダブルベッドはでかい。
わが家の細い廊下を通るのに一度ヘッドボードを分解して運びました。

何が良いって1番はエアコンからの距離が近いこと。
わが家にはエアコンが1台しかありませんが、北側の部屋は最もエアコンから遠い部屋でした。
なので、戸を開け放っていても寝室まではなかなか温まらず、北側に位置するので日当たりもさしてよくなく…一番寒い場所だったのです。
だからエアコンから近くなって、夕飯ごろから寝室とダイニングをつなぐ引き戸を開けていれば今は暖かくして眠れます。
少しのエネルギーでしっかりぬくもる。
省エネになってればいいなと思います。
これが一番よかったこと。

2番目に良かったのは、陽の光。
お昼間カーテンを開けていれば、ベッドに日差しが差し込み明るい。
北に寝室を構えていた時は、あまり光が入らないので、カーテンをしていたらぐっすり寝すぎたということも多々ありました。
が、この3連休中は、朝外がふんわり明るくなってきたのを感じて自然と目覚める。
想像してなかった効果でした。
なんとなく光を浴びると、人間の体って起きるもので…その後はコーヒー淹れるかと朝から夫がコーヒー淹れてくれました( *´艸`)
模様替えしてよかったー

模様替え後の寝室

前の寝室は、カーテンの色も暗く、日差しも入りにくく、布団の色も暗いから、くらーい部屋でした。
カーテンを開けると朝はちょっぴり明るいですが、午後にもなるとだいぶどよーんな暗さです。

それが…布団カバーも何も変えていないのに、日差しが入るというだけで何たる変化。
しかも写真にちょっぴり写っていますが、南側の部屋に移動したことで観葉植物が寝室に配置されました( *´艸`)
寝室にグリーンがあるのはいいものです。
実は模様替え前は寝室用にグリーンを買い足そうかとひそかに迷っていたくらいなのです。
いやされます。

実はその他にもよかったことが。
寝室は間接照明にしています。
故に以前の部屋だと部屋の奥に間接照明のスイッチがあったので、暗闇でまずスイッチを探さねばなりませんでした。
しかし、今回ダイニング隣の部屋になったことで、ダイニングからの明かりが入り、暗闇でスイッチを探すという習慣がなくなりました。

適した場所に適したものを配置するだけで、かなり家が素敵になるのだなぁ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-主婦の日記

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.