掃除

化繊嫌いな私の化繊の使い方

更新日:

10月に入って積極的に不用品を手放したり、多すぎる使い切り対象のモノを意識的に使うようにしています。
今日はボールペン1本やっと使い切りました。
これで残る使い切り対象のペンはあと2本!
毎日のTODOだったり、頭に浮かぶあれやこれやをノートに書いて頭を整理したり(このノートも使い切り対象)、買い物リストを書いたり(この時リストを書くメモも使い切り対象)、今年中にあと1本くらいなくならないかな~と思っています。
多分ノートとメモは1冊ずつ今年中になくなると思います( *´艸`)

使い切り対象のものは、文具だけにあらず。
少し前にブログでも書いたマルセイユ石鹼も使い切り対象。

石鹸は脱脂力が強いので、乾燥するだろうかと懸念していましたが、懸念通り体がすっかり乾燥してしまったので、現在はフットグルーマーグランに使用しています。
あと夫がボディソープとして使ってくれています。

フットグルーマーって何?という方はこちらの記事をどうぞ↑

石鹸は2回りほど小さくなりました。
まだまだ使い切りではありませんが、着実に使いきりに向けて1歩1歩進んでいます。

あと使い切りを頑張っているのがウエス!
化繊の服がNGになって、また出産という大きな転機を迎えて、私の洋服はずいぶん減りました。
化繊の服でもテロンテロンのシャツなどはウエスとして使いにくいのですが、これからの時期に大活躍だったフリース素材の部屋着なんかはウエスにすごく重宝します。

私が化繊の服が嫌いな理由。
それは、汗を吸わないから暑い(夏)、汗を吸わないから汗が冷えて寒い(冬)、そして静電気、肌の乾燥、痒み、そして…なんか窮屈(多分吸水性通気性がないから)!
と、私の体にはとことん合わない化繊ですが、ウエスとしてはいい仕事してくれます。
特にフリースなどのモコモコ起毛しているモノは、本当にいいウエス。

ウエスといえば、フルタオルで作る方が多いかと思います。
古タオルは水を含ませぎゅっと絞ってごしごし力を入れて掃除するのにもってこいで、ウエスとしては超優秀です。
水拭きには古タオルなどのウエスが一番です。
化繊のウエスは違います。
水は吸いませんから、乾拭き専用です。
適当な大きさに切って、力を入れずにさっと棚をひと拭き、TV周りをひと拭き、クイックルワイパーのようなモップにつけて床をササ―ッと駆け回れば、化繊のウエスには結構げげげっと思うほどの埃が吸着しています。
毎日掃除をしていても、埃はどこからともなくやってきます。
特に布モノが増えるこれからの寒い時期は、埃がたまりやすい時期。
そんな時に大活躍なのが、化繊のウエスなのです。

化繊の特徴を思い出せば、吸水性のなさ、静電気、そして上には書いていないけれど肌触りの良さではないでしょうか。
古タオルのようにゴワゴワしていないのです。
例え見た目は、毛玉ばかりでも触ってごわつく、硬い場所がありません。
つまり、力を入れずともササ―ッと拭ける。
モップの滑りがスムーズなのです。ふふふ。
そして吸水性がないので乾拭き向きというのは言わずもがな。
そしてそして…静電気を発生しやすいので、ササ―と拭くだけで、目に見えない埃も一発キャッチなのです(笑)

どこぞのメーカーの商品みたいですね。
でも本当に結構埃がとれているのです。
ササ―ッとひとなでしただけなのに、掃除機よりも断然手間いらずなのに。
ウエスの裏は埃がしっかりついています。
髪の毛などの大きなゴミや油汚れなどは取り逃しもありますが、埃にはかなり有効です。
裏を返せば…これを服として着ていた頃、私はどれだけの埃を服にまとっていたのでしょう。
もちろんウエスのように、TVの裏に行ったり、ベッドの下に入ったりはしませんので、視認できるほどの埃はついてなかったのですが、結構埃を集めていたのではないかなと思います。

加えて冬のリビングでは、防寒に化繊の毛布を膝にかけて過ごしていたりしたので、その毛布にも結構な埃があっただろうなと想像できます。
ちゃんちゃんこ的な用途で使っていた服も、表面は綿でしたが、裏起毛仕様です。
使っていない時は椅子にかけっぱなしになったりしていたので…こちらも埃集めスポットだったなと。
冬の我が家は、そういう私のホットスポットが埃のホットスポットにもなっていたのです。
おそろし。

もちろん化繊すべてが悪いとは言いませんが、肌が強い人、こまめに掃除ができる人なんかは良いのかもしれませんが…
私は、肌にも合わなかったし、喘息にもなりやすいし、ハウスダストアレルギーだし、こうしたあったかグッズ(ちゃんちゃんこ的な裏起毛の部屋着や毛布)を毎日洗ってもいなかった。

自分の体のことを考えると、化繊は本当にあってなかったのだな~。
実は化繊がNGといいながら、まだ少し残っているのです。
というのも・・・本当に本当に我が家には化繊が多かったから。
これらを一気に捨ててしまえば、いろいろ買替も発生してしまう。
今年は何かと物入り(出産もあるので)なのに!と。

けれど、本当に本当に節約になっているのは、数千円で買った裏起毛の服を残しておくことだろうか、それともすでに肌に合わないとわかっている、埃も寄せ付けて喘息リスクをあげる服を残しておくことだろうか…

あ・・・
これはまだ買い換えなくてもいいかなと保留にしていましたが、このブログを書いたら自明ですね。
喘息になって通院する方が、金銭的にも身体的にも悪い。
本当に本当に家には化繊がたくさんあるので、すべてをなくすというのは結構難しいと思いますが、(夫と一緒に使っているモノもありますしね)化繊についても1歩1歩できるとこから。
とりあえず冬用化繊のストールは手放そう。
毛玉ができてきて、家でのひざ掛けとして使おうと思っていたけれど…ウエスになってもらおう。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-掃除
-, ,

Copyright© 主婦の手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.