マタニティ 主婦のつぶやき

頭がフリーズして動けない人がやりがちな3つの行動

更新日:

今年の始めに、写文と刺繍が最近の趣味だ!なんて言っていたのですが、妊娠がわかってからすっかりご無沙汰になっていました。

写文って何?という方はこちらの記事をご参照ください↑

最近始めた趣味ではないけれど、大好きな読書も妊娠がわかって、急激に減ったのです。
今年の読書データを振り返ると、妊娠がわかる前は、おおむね月に10冊前後読んでいたのです。

けれど、妊娠がわかったその月は0冊で、妊娠初期に出血で安静指示が出ていた3か月でたった5冊。
急にがくーんと減っています。もちろんこの時期刺し子も写文もおやすみ。

一体全体何をしていたかというと、ベットの上で安静にしていたのです。
眠るかTVを見るか、ネットニュースを読むか…そのどれかでした。
今になって振り返ると、心の中が不安でいっぱいだったのだなぁと思います。
初めての妊娠、しかも出血していて安静指示。
不安で、頭がフリーズしていたのではないかと。

不安な時、心がモヤモヤする時こそ、いつも通りのリズムで生活すれば心が落ち着きますが、安静指示で動けないためできません。
動けないという状況で、不安を解消できず、頭で考えることをやめたのだろうと思うのです。
ただなんとなく、TVをつけて、時間をやり過ごし、不安な気持ちが高ぶれば検索魔になり…主体的に生活をしていなかった。

不安に押しつぶされていなければ、この体調でどうしたら家事をこなせるか、どの部分を夫にお願いし、何なら自分でできるのか、毎日は更新できなくてもどうしたらブログをかけるのか。
動けない分頭をフルに動かして、より一層読書に時間をあてるとか…そういうことを考えられそうなものですが、出来なかった。
TVやネットは何も考えなくてもどんどん進んでくれますから、楽なのです。
不安と安静指示で頭も体も動けないから、楽な方に楽な方に流されていたともいえます。

しかし、出血が止まり、少しずつ動けるようになるにつれ、TVを見る時間が減り、家事も少しずつできるようになり、どうしたらこの体で家のきれいを維持できるかなんてことも考えられるようになり、ブログもかけるようになり、読書をする時間が増え(今月は現在8冊読破。妊娠前と同じくらい読めてます。)、何と今月は写文や刺し子もできるようになったのです。

やりたいことができるようになったのは、心と体、頭が動くようになったから。
出血が止まって不安が減った。
安静指示が解かれ、少しずつ体を動かすようになった。
心を占めていた不安が減って、体を動かすようになったら、フリーズしていた頭も動き出した。
そんな感覚です。

今回の妊娠ほどではないけれど、なんだかフリーズして楽な方に楽な方に流されているな~と感じたことは数知れず。
痩せたいのに具体的にダイエットをしないとかね。
そんな時にとる行動って、なんだか似ているなと思います。
つかれて何も考えたくない時、不安で動けない時など、心か体が動けない、もしくは心も体もどちらも動けなくて頭がフリーズしているときにとる行動3つピックアップしてみました。

1.ダラダラとTV・ネットを見る。

TVやネットというのは、リモコンでスイッチを入れるだけ、スマホでアクセスするだけで簡単に情報が見られます。
スマホやTVが悪いわけではありませんが、朝起きてなんとなくTVをつける、ご飯を食べながらぼーっと見る、そのまま昼の番組が始まって、ちょっと洗濯など家事をして(家事をしながら見る)、夜のバラエティを見ながら夕飯を食べて、夜寝るぎりぎりまでTVがついている…なんて人が意外といる。
昼間はさすがに学校や仕事があるから見なくても、朝は家を出るまでTVがついていて、夜家に戻ったらすぐにTVをつけて寝るまでつけっぱなしという人はかなり多いだろう。

スマホもしかり。朝起きてニュースやメールのチェック。
通勤時間もお昼休みも、ちょっとした隙間時間にはずーっと見ちゃう。
ごはんの時間だって、スマホを見ながら食べてしまう。

他にもゲームをやっている人だったら、ダラダラと毎日夜遅くまでやってしまうとかそういうのも含まれそう。

TV・スマホ・ゲームが生きがいです!これに生涯をささげています!!なんて人はそういう生活を主体的にしているのでしょうが、多くの人が、ただなんとなくTVをつけたりします。
それが楽だから、考えなくてもよいからです。
自分の貴重な時間を、前からとりたいと思っていた資格の勉強やダイエットのための腹筋する時間に充てるより、はるかに楽で考えなくてもよいからです。

2.その辺に物を置く。

帰ってきて鍵を置く場所、バッグを置く場所、着ていたコートをかける場所が決まっていますか?
なんとなく鍵はカバンに入れっぱなしのこともあるし、コートのポケットに入っていることもあるし、玄関の靴箱の上にあることもある。
バッグは帰ってきたらその辺の床に置いてしまう。
コートは椅子にポイッと掛ける。
明日も使うし、ここでいいでしょ。
けれど、そんな生活をしているとたまに、「あれ?鍵がない!」なんてこともあるのです。
そんなトラブルにならないためには、もちろん一度しっかり置き場を決めて、(場合によっては試行錯誤して)、ちゃんと毎回毎回そこに置くように自分を訓練しなければなりません。

けれど、頭がフリーズしている人は何度同じ失敗をしてもその辺にポイッと置きます。
その方が簡単だからです。
モノの位置を決めるのは、簡単なようで、難しい。
それを自分が無意識にできるように訓練するのも面倒。
だから何度モノをなくしても、その辺にポイッと置く。
その辺にポイッと置くことは、考える必要がないからです。

郵便物もそうです。
郵便物も届いてすぐに開けて、要・不要を判断して、必要な処理があればその場ですぐにやる。
そうすれば、郵便物がたまることはありませんし、処理を忘れて督促状などが来ることもありません。
それはわかっていても、メールボックスからそのままテーブルや棚の上にポイッと置いてしまうのです。
それは、もちろん考えなくて済むからです。

3.いつもバタバタしている。

朝はいつもぎりぎりまで寝ていて、もう限界だというぎりぎりの時間からダッシュで身支度をすまし、駅までものすごく早歩きで向かう。
人身事故などで数十分電車が遅れれば、もうアウト。
1本でも逃せばアウトだ!とぎゅうぎゅうの満員電車に向かって自分をぎゅうぎゅう押し込める。
「●日までに返事を下さい」というような締め切りがあるモノは、大体締め切りの日に返事をする。

つまり、いつもいつも締め切りぎりぎりに行動しているのです。
そうすれば、本人はいつも締め切りに追われてバタバタ忙しい。
時に締め切りが沢山重なると、遅れたり、出来なくなったりする。

それは、早め早めに行動して、自分の行動を計画、管理するのが面倒だからです。
朝出勤するという行為1つとっても、その背景には、いくつもの行動が必要です。

・目覚ましをかけて、時間通りに起きる
・顔を洗う
・歯磨きをする
・化粧をする
・服を着替える
・朝ごはんを用意する
・朝ごはんを食べる
・持ち物を準備する

などなど・・・

年賀状を書くという行為だって、誰に送るのかピックアップし、どんなデザインにするか考え、業者に頼むか自分で制作するか考え、はがきを買いに行く時間を確保し、実際に制作し、12月25日までに投函しなければならない。

簡単な行為でも実はその背景にはたくさんの工程が隠れているのです。
それらの工程を自分のスケジュールと照らし合わせて、計画、管理するのが面倒なのです。
複雑なタスクであればあるほど、面倒です。
それを計画しないから、朝気付いたら電車に乗る時間まであと10分しかなかったり、気づけば年賀状の用意を全くしないまま12月も後半になっていたりして、バタバタする羽目になる。
何度同じ経験をしても早め早めに動けないのは、その方が楽だからです。
一時的に夜中までかかって年賀状を書いたり、朝駅まで走ったりして大変かもしれませんが、計画したり、管理したりして、頭を使わなくて済むので、楽なのです。

よく人間は楽な方楽な方に流されると言いますね。
たしかにそうなのだと思います。
特に、忙しすぎて体に疲労がたっぷりの時、心に不安がたっぷりの時、もしくは体も心も疲労満載のとき、きついから頭では考えたくなくて、楽な方に流される。
家に帰ったら、カバンやコートをその辺において、郵便の仕分けもせずになんとなくTVをつける。
ついついだらだら見てしまい、寝落ちする。
朝ぎりぎりに起きて、ダッシュで通勤…しようと思ったら鍵がない!
楽な方に流された結果です。

けれど、ほんとうにその方が楽なんでしょうか。
たしかに、モノの置き場を決めるのは面倒、自分のスケジュールをしっかり管理するのは面倒です。
自分の自由な時間を何に使えばよいのか取捨選択するのも面倒です。

でも、それをしっかり考えて生きる方が、結果的には楽になる。
ミニマルライフを継続するうちに、私はそう思うようになりました。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-マタニティ, 主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.