主婦のつぶやき

インテリア改造計画!ポイントは色と素材?

投稿日:

昨日ブログを書いた数時間後…なんともう財布が届いたんです!!
昨日のブログで熱く語ったこの財布です!!

なので、今日も熱く財布をレポートしようかと思ったのですが、読者の皆様も「昨日散々聞いたぜ!二日連続はトゥーマッチだよ( ;∀;)」と思われると思い、今日は別の話題にしました。

調べてみると、金運に良い寅の日っていう日があるらしく、しかもそれが今週の日曜日だっていうじゃありませんか。
なので、この新しい財布は日曜日から使うことにします(^-^)
なので、財布のレビューは来週のお楽しみ!

インテリア改造計画

NetflixのQUEER EYEをみて、意外と海外ドラマよりリアリティ番組のほうがおもしろいなと思い始めた今日この頃です。
Netflixに加入した目的は映画や海外ドラマでしたが、意外とリアリティ番組ばかり見ています。

最近見ているのは、「インテリア改造計画」

アマチュアインテリアデザイナーが依頼人の家を改造する番組。
トーナメント式で競い合い、毎回だれか1人が脱落するという英国版TVチャンピオン インテリアデザイナー王選手権といったところでしょうか。

日本のTVチャンピオンの違いは、インテリアデザインに特化していることはもちろん、1回の戦いで1時間かかること。
4人の挑戦者が3人に減り、2人に減り、1人に減る。これを4ブロック。
つまり4人×4ブロックの16人のトーナメント方式。
1ブロック当たり3回戦あるので、各ブロックの代表者を決めるだけでも放送回数12回。
しかも最終的にはプロも混ざるらしいから見ごたえがある。
デザイナーは、毎回依頼者の部屋を一部屋丸ごとデザインする。
そのプレゼンと、途中で追加で出される課題と出来上がった部屋をトータルで審査される。
だから、1ブロックの勝ち上がるだけでも3部屋のデザインしてることになる。

さらに見ごたえあるのが、進行役に建築史学者がいること。
毎回課題の家は、さまざまな年代の家でその時代なぜこんな建築様式が多かったかなど歴史的背景も説明される。
観光では行かないようなイギリスの田舎のミニ建築ツアーみたい。

ある回で取り上げられた家の説明で、家も時代によって進化している的な説明があったのですが、本当にそれ大事だなぁと。

ファッションも素敵な服でも何十年も同じ服を同じように着てたら古臭くて時代遅れ。
でも、時代の流行を取り入れながら着ると自分のスタイルを貫きつつおしゃれ。
以前紹介した『大人美容』でも、メイクも常にアップデートしなければ時代遅れの古臭い顔になるといったことが書かれていましたが、家も、食事も、衣類も、なんでも同じをずっと続けるのではなく、ベースとなるスタイルを持ちつつ、今の時代に合ったものにしないとなぁと思いました。

最近雑誌もTVもすっかり見なくなったから、街へ出たり、ネットを駆使して常にアンテナだけは立てとかなきゃ( *´艸`)

我が家のインテリア改造計画

インテリア改造計画でいいなと思うのが色遣い。
北欧風の白ベースの家もあれば、赤や緑の家もある。
日本だとなかなかそういうインテリアにはお目にかかれない。
どこの家も大体白ベースがおおいので、どうしても壁紙を柄物にしたり、ペンキで塗ったりしてるのが物珍しい。

でも、出来上がった家を見るとどの家も素敵で、ちょっと私にはきつすぎるなという家もあるけど、統一感あって素敵。
そこで我が家のインテリアを見まわしてみた。

TVで見る家よりはずいぶん装飾品は少ないけど、それは掃除効率的に外せない。
それ以外で、賃貸でもできる改善を考えてみました。

我が家のインテリア問題点

以前撮った写真ですが、我が家のインテリアは基本、木のライトブラウン、白、ブルーの3色を使っています。

ですが、家全体を覆う壁紙、床材が白なので白の割合多めです。

この写真には写っていませんが、実は独身時代に使っていたジョイントマットを敷いています。(左側のふすまの奥に敷いてあります。)
その色がイエローとベージュ。
明るい白の箱(床と壁紙)の中に、明るく淡い色ばかりが集まって、なじんでいますが、なじみすぎています。
インテリア改造計画では、淡い色調の中に濃い色を一点投入したり、テーマカラーと反対色の家具を1つ置いたりして、視線を集める場所を作っています。
それがアクセントになって、まとまっていて普通のインテリアから、デザイン性あるインテリアへ格上げされてる気がします。
従来の日本の家だとこの視線を集める場所(フォーカルポイントっていうらしいですね。)は床の間など色は使わずとも広い空間に1,2点のモノを飾る手法でフォーカルポイントを作っていたように思いますが、今の我が家だとそういうぜいたくな空間の使い方はできません。
1点何かフォーカルポイントとして、濃い色味を使うといいかもしれない。
反対色を使うのは、まだ初心者の私には難しいので濃紺とかいいかも。
1つクッションを濃紺にしているんだけど、ソファーの置き場的に見える位置が限られているのであまりフォーカルポイントとしては役に立っていない。
先述したジョイントマットも映ってますね。
青と黄色は相性いいけど、ジョイントマットで黄色はちょっと子供っぽいかも…

ほかにもメタルラックの銀色やラックの天板がダークブラウンだったりと、統一しきれていない感はやはりある。
あと、最初の写真に写っていたけど、もともと我が家は白箱に黒に近いダークブラウンで縁取りされているのだけど、その点は考慮してなかったな。
今のところ扉やドア枠のダークブラウンが一番目立つ形になっちゃってる。

色もバラバラだけど、素材もバラバラ。
結婚後に購入したものは木やファブリックのモノが多いけど、独身時代に持ち寄った家具はプラスチックやメタルラックもガラスの天板がつかわれたものもある。
ジョイントマットはEVA樹脂だしね(笑)

ナチュラル系の色味と素材の中に、人工的な硬い素材感が混ざっていて、色味は良くても素材が浮く。

我が家改造計画

賃貸に住んでいる我が家。
勿論賃貸でも貼れる壁紙や、床材があるのは知っていますが、現段階で夫がそういうリスクがあることはやりたくないと考えているので、大掛かりな壁紙張替えや2×4を使った収納は考えない。
※夫はラブリコなどを使った突っ張り系の強度も疑問視しているから、今回は考えない。

ちなみにまだこの改造計画を夫に話してないから、実現するかもわからない(笑)
でも、今日はちょっと考えてみたい。
多分大きく買いなおしたり、改良しなくても、色味と素材を統一するだけで、だいぶインテリアとしてまとまってくると思う。

すぐできることとしては、素材的に安っぽく見えたり、生活感が出やすいもの、今のインテリアのナチュラル系から浮いているものを取り払えば、デザイン性が高まるわけではないけど、ごちゃごちゃした印象はなくなる。
取り払うだけでお金もかからないからすぐにできるが、代替品か別の生活スタイルに変える必要がある。
例えば、素材的にも浮いていて、色味も子供っぽいジョイントマットを取り払えば、床に座るときに固いし、たまにやってるヨガスペースもなくなる。
1枚目の写真横にも映っていた外付けクローゼットのカーテンを取り払えば安っぽくて味気ない印象が和らぐけど、人が来たらクローゼット内は丸見えだし、服に埃が被らない点でもカーテンはあったほうがいい。

とりあえず着手していきたいのは、プラスチックワゴン、外付けクローゼットのカーテン、ジョイントマット、室内干しラック。
ワゴンのモノは押し入れや棚など既存の収納内に収め、撤去。
カーテンとマットは将来的に買い換えたいけど、色や素材が難しいところ。

色でフォーカルポイントを作るといったけれど、我が家は直線的な四角ばかりだから、こういう感じのラウンドラグを置くだけでもグッと変わるかもしれない。
色で冒険しない分失敗する可能性は低いから、私みたいな今までインテリアなんて全然やってこなかったビギナーにはいいかも。
しかもちょっぴり厚みがあるから、床でゴロンとなってもそんなに痛くない。

もしくは無地のモノばかりだから、デザイン性あるものがあったほうがいいかも。
柄ばかりだと、目が疲れちゃうけど、1つも柄がないのは逆に殺風景に見えがち。

↑これだと、一気に北欧感。カラーも馴染みやすい色味ばかりだから、青や白をつなぐ役目を果たしつつ、目線を集められるかな?
ソファーがベージュだから、この柄だとグレー以外の色味になりそう。

よりナチュラルになるなら、こういう感じもあり。
白に黒のラインが今の家にあってるし、素材的にも温かみがあって木に合う気がする。
ただ、このデザインを夫が気に入るかは謎。
あんまり好きじゃない気がする。

無難に夫も気に入りそうなのは、こういうやつ。
同じようなトライアングルの模様でブルー、ホワイト、ブラックのラグもあったのだけど、色味が男性的過ぎるし、寒色ばかりで冷たい感じがした。
これは寒色ベースでありながら、明るい黄色も(控えめに)入っていて、明るい。
青との相性もいい。

もともと持ってるブルーのラグを敷く手もあるけど、一部屋にブルーが多すぎないか懸念。

あと、いつかは買い換えたいと思いながら今日まで放置されていた室内干し。
どこかに収納するには大きく、いつもリビング内に定位置もなくあっちの壁に寄せられたり、こっちの壁に寄せられたり…

こういうやつです↑
素材もよくある白のプラスチックとステンレスの組み合わせだから生活感も大きい。
使わない時はコンパクトにたためるものか、出していても生活感の出ないようなデザインに変えたいところ。
お財布的に考えるとこういうコンパクトにたためるタイプかな。

インテリアはこうやって考えるのは楽しいけど、お金もかかるからなかなか難しいところ。
今はシンプルスタイルがいいと思っても5年後には、アジアンテイストが好きになるかもしれないし。
なるべくお金をかけすぎず、少しずつ完成させていければいいな。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.