料理

憂鬱な夕飯づくりから抜け出すために決めたたった1つのルール

投稿日:

もうすぐ9月だというのにまだまだ暑い日が続きますね。
本当は髪の毛を切りに行きたいですが、なかなかこの暑い中出かけようという気分にならず、はや1か月。

実は8月1日の手帳の欄に8月にやりたいことリストなるものを書いてたんですが、その中に入っていた美容院に行くというタスクが全然クリアできない。
8月の終わりにはちょっとは涼しいから、涼しくなったら美容院に行こうと思っていたんです。

あ…これ昨日記事にした私の悪い癖です。
涼しくなるのを待っていたら、適切な髪を切るタイミングを逃してしまった。
切りたいと思ったら、切るべき長さや量になったら、直ぐに行くもしくは予約をしてしまうべきなのです。
いつ涼しくなるかわからないのに、涼しくなったらという未定のことを基準に予定を立てるから、いつまでたってもできなかったり、振り回されたりするんだった。
昨日の記事を公開後読み直して、あ、まさに美容院も同じ悪い思考してたんだと気づきました。
よし、今日中に予約してしまおう。

昨日の記事はこちら

夕飯の憂鬱問題

夕飯づくりが憂鬱だって話をしました。
いや、正確に言うとうまくできなかった時にすごく落ち込む家事が夕飯だという話です。
うまくできなければなんだか罪悪感を抱いてしまうそんな罪レベルNO1家事が夕飯づくり。
その時の話→うまくできなかった時の罪レベルNO1 !夕飯の憂鬱

昨日のいつやってくるかわからない不測の事態を想像して、予定が立てられず何もできないという記事を書きながらふと思ったこと。
これ…夕飯づくりも同じじゃない?

涼しくなったら行こうと決めていた美容院。
でもいつ涼しくなるかわからないから、予定(予約)も立てられず、ほったらかしにしていたら、髪が伸び放題になってきたこと。
夫からの帰宅連絡が来たらご飯を作ろうと思っていた夕食づくり。
いつ帰ってくるかは日によってまちまち。
20時台に帰ってくることもあれば、もうすぐ24時だよってときもある。
そうなると、今お風呂入ったら、その間に帰宅連絡が入るかもしれないかもしれない…そしたらご飯作りが遅れるし、髪を乾かす時間がない。
ん~今日はいつ入浴するのがベストなのだ??と。

夕飯をスムーズに提供するためには、夫の帰宅連絡、調理、入浴をうまく予定を立てなければなりません。
私の問題点は、『夫の帰宅連絡』といういつやってくるかわからない未定の予定を起点に予定を立てようとしていたから、「今から帰る」のその一言がゴングとなり、30分の勝負が始まるわけです。
その日の道路混雑にもよりますが、大体帰宅まで30~40分。
調理は30分で終わらなければ、夫の帰宅時にご飯がまだ作り終わってない状態です。
だから、料理バトルをしてるかのように焦るし、焦るからミスするし、焦るから心の余裕もなくできなかった時の罪度が深い。

自分で夕飯づくりという家事をコントロールできていないのが問題です。

これは新人の頃よく上司に言われてたことで、私は次から次にやってくる仕事に翻弄されて、今日1日で片づけたいと思ってた仕事がなかなか進まなかったのです。
言い方は悪いですが、他人中心に予定を立てているうちは、本当にしたいことができなかったり、ずっと振り回されます。
それと同じ過ちを新人主婦の私はしていたということか。

やっぱり、仕事も家事も大事なポイントは同じだなぁ。

憂鬱から抜け出すたった1つのルール

要するに、自分のタイミングで、自分のペースでご飯が作れればいいのです。
同じ料理でも、弁当作りは夕飯ほど苦ではありません。
勿論朝起きるのがつらいっていうのはありますが、夫が起床する6時半までに朝ごはんとお弁当を作り終え、6時40分までに朝食のセッティングを終えるという明確なタイムラインがあるからです。

作る品も最初はなれませんでしたが、大きな肉のおかず1つ、小さい野菜や卵のおかず3つというなんとなくの型ができてきたので、やることも明確です。
お弁当に使うカップも前はいろいろな形を持っていましたが、今はアルミカップ1つ。
だから作る量も明確。

やることとそれにかける時間が明確であれば、私の場合そんなに面倒ではないらしい。
初めてのことが大抵面倒に感じるのは、それにかかる時間もわからないし、やり方もわからないから、調べながら調べながらで簡単な作業でもちっとも進まないから。

だから、決めた。
夕飯づくりのたった1つのルール。

ルール

19時半に必ずエプロンをつける。

やる気が出ない、苦手意識のある家事には、その家事をやるぞというスイッチが効果てきめん。
私の場合はエプロン。

エプロンは、調理中の油跳ねが服につくのも防いでくれるし、なんといってもエプロンという調理中にしか着ないものを着用することで、もう料理するしかなくなる。
だって、エプロン着てテレビの前でゴロゴロはしないから(笑)
そういえば、昔やる気ないときはエプロン!って記事を書いたなぁ。その時の話→やる気がない時の家事対策。

実は同じような試みを以前やったことがありますが、その時は挫折してしまいました。
その時決めたルールが『20時半になっても、帰宅連絡がなければ先にご飯を食べる』というものでした。
なぜ挫折してしまったかというと、専業主婦の私は昼ご飯は家で一人で食べます。
朝ごはんは夫と一緒に食べますが、時間に余裕がないので夫は10分で食べて行ってしまいます。
ゆっくり食べられる夕飯ぐらい一緒に食べたいというのが1つの理由。
もう1つは、20時半に帰宅連絡があるかないかという夫の連絡をベースにしていたため、早く帰ってくる日があるかもしれないと入浴するタイミングがうまくスケジューリングできなかったから。
何度か入浴中に帰宅連絡が来てしまい、髪も乾かさずご飯をバタバタ作ったりしてうまくいかなかった。

今回はそういうことがないよう19時半にエプロンをつけることをルールとします。
基本的に夫が帰宅するのは、20時~23時。
20時前に帰宅することは、ほぼありません。
つまり帰宅連絡が来るのは、19時半~22時半ぐらい。
だから19時半に作り始めれば、早めの帰宅の日でも間に合う計算です。
それに、もし万が一それより早い時間に帰ってきたとしても早く帰ってきたことで時間に余裕があるので、もうその時は開き直って待ってもらえばいい話です。
帰宅から就寝までの時間が限られているからこそ、帰宅した時にご飯をすぐ出せるようにしたいのだから、通常以上に早く帰ってきたときはゆっくりご飯を待ってもらおう(笑)

そして、19時半からエプロンつけて作るのは、ご飯と揚げ物、焼き物以外のもの。
ご飯の炊飯は、土鍋で炊いてます。
使ってるのはこれ↓1000円台とリーズナブルなのに、美味しく炊ける!

だから保温機能とかありません。ご飯だけは帰宅連絡があってすぐ点火します。
揚げ物、焼き物もやはり揚げたて焼きたてが一番。
電子レンジで温めなおすともう揚げたてのサクッと感、焼きたてのカリっと感がなくなって、おいしさ半減。
揚げるだけ、焼くだけなら10分そこらでできちゃうので帰宅連絡が来てからでも十分間に合う。

煮物や汁物、炒め物は温めなおせばいいので19時半に作り終え、ご飯は米と水をお釜に入れてあとは火をつけるだけにしておく。
もし揚げ物や焼き物がある場合は、衣をつけたりといった下準備はすべて終わらせあとは焼くだけにしておく。

そうすれば、夫の帰宅連絡が来ても土鍋の火をいれ、おかずを温めなおすだけ。
コップや箸やお茶や冷たいおかずを並べてセッティングしたら、揚げるだけにした揚げ物や焼くだけの焼き物をして盛り付ける。
これだけなら絶対に30分で終わる。

以前のやり方よりは、トータルの時間がかかってしまうやり方だけど、焦って焦ってイライラソワソワしてつくるよりずっといい。

 

ちょっと小話

昨日図書館ウォーキングでこの本を借りてきました。
『暮らしが変わる40の習慣~シンプル生活のマイルール~』

もう読み終わっちゃったんですが、何かを変えたいと思った時って一番いいのが、『習慣の力』をかりること。
そんなことわかっていたんですけど、今まで何度も変わりたいと思って挫折してきた。
それは、いっぺんに変わろうとしすぎたのかもしれない。
この本の初めにの項で、身につける習慣は1度に1つ、2週間はやり遂げるということが書いてありました。
確かに今までやろうと思って挫折してきたのは、あれもこれもと手を出しすぎたかもしれません。
挫折しても、挫折したと思い出した時からまた始めればいつか習慣になるはず。

とにかく今日から2週間19時半にエプロンをつけることを習慣にしよう!

 

エプロンといえば、皆さんどんなエプロンを使っていますか?
私の母は、毎日使うことはなかったけど、たくさん料理しなければならない親戚の集まりの時などは割烹着タイプのエプロンをつけてました。
服ががっぽり隠れるので、油跳ねやなんやかんや汚れをまったく気にしなくていいそう。
実家にいる頃は、白シャツを着てる私を見て母が、これ着なさい!と割烹着を貸してくれたりして、時折使っていたのですが、私はちょっと好きじゃなかった。
もちろん服が汚れることは、気にしなくていい。
ただもともと重ね着が嫌いな私。
割烹スタイルの中で動く白シャツが気になります。
しかも、前かがみになったりしたときにゆったりした割烹着が前にだらーんと垂れてくるのも苦手でした。
だから今使っているのは前をキュッとしばれるタイプ。
あと、とにかくやる気のないときに着るものだから、機能性よりデザイン性を重視してます。
多少服が見えていても、気分が上がる自分の好きなデザインのモノのほうがずっと私にとっては効果あり。
こういうシンプルなものでも、ちょっとAラインになってるだけで素敵。
次はこういうエプロンにしようかな。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-料理

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.