主婦のつぶやき

たらればで生きているうちは、何もできない。

投稿日:

昨日は、財布愛満載の話たくさんの方に読んでいただき、ありがとうございました。
今日は図書館ウォーキングの日。
早速新しい財布とケータイと鍵だけ持って図書館行ってきました。
ほんとカバンが軽かったー( *´艸`)

車の話

車を買い替えようかと結婚当初から話しています。
ちょうど今の車を買ったのも結婚ちょっと前なのでまだ1年半しか乗っていないわけですが…(笑)
それでも買い替えようと言っているのは、壊れているわけではないです。

ただ、2人しか乗れないから。

今までも友達が来た時など、あと一席でいいからあれば車で迎えに行けたのになぁ~ということがあり、また今後両親が訪ねてくることもあるだろうし、年を取った両親を公共交通機関を乗り継ぎ乗り継ぎ我が家まで連れてくるのはすこぶる大変だろうというわけです。

ただ、車を買い替えるというのは大きな買い物です。
別に来客もあったけど、1年に1回あるか、ないか。
両親も来ることあるだろうけど、今のところそんな予定はない。
じゃあ今買わなくてもいいか~という感じです。
家族が増えたら、両親が来たら買おうか~なんて言っていますが、それっていつなんだって話です。

しかも、車という大きな買い物を来月人が訪ねてくるからといってポンっと買えるはずがありません。
買うにはお金はもちろん必要だし、どの車にするかしっかり考えて買いたいもの。
だから予定に合わせて計画的に準備したいものですが、予定すらないから計画も立てない。

家の話

家についても同じこと。昨日の記事の前置きで、いつか引っ越すかもしれないから、どこにでも使えるカラーボックスなどを使っていたという話をしました。
昨日の話はこちら

でもさ、引っ越しあるかもしれないのはわかってるがそれっていつなのさ!
引っ越したら、ちゃんとした家具を買おう、ちゃんとインテリアも考えて高くても安くても好きなものをそろえよう。
そう思っても、総合職転勤ありの独身女は、引っ越してもまたすぐ引っ越すかもしれないからと今は我慢だと思ってました。

学生時代も社会人になったら買いそろえよう。自分の好きな家具で家づくりしよう今は親の金で通わせてもらってる身だから、我慢だと思っていました。
よし社会人になったぞと会社近くへ引っ越しました。
カーテンはかなり選んでこだわって買いました。
あのカーテンは気に入っていました。
急に買い換えられなかったので、他は今まで使っていたのをちょっとずつ買い換えていこうと思っていた矢先転勤が決まりました(笑)
あの~先週引っ越したばっかりなんですけど!
ということでカーテン以外は次の引っ越し後にと我慢。
で、引っ越したもののまたすぐ転勤になるかもしれないという思いがあって、我慢。

よし、もし結婚したらちゃんとやろう。そう思っていた独身時代。
結婚したけど、夫は転勤ありのお仕事。
また引っ越しあるかもしれません。

じゃあ、マイホームもったら?いやいや家族人数が増減すれば、また不要なものが出てくかも。
そもそもマイホームがほしいかどうかすらわからない。
じゃあ、一通り子育て終わったら?

結局きりがありません。

一通り子育て終わったら、次はシニアマンションに入居かも?とかそう思ってしまいそう。
大体一通り育児が終わるまで何十年あるんだっていう話です。

服の話

服も同じ話。
子供のころは、親が選んでたし、少し大きくなって自分で選ぶようになっても近くに従妹が住んでいたので大量のおさがりをもらっていました。
ここにいる間は仕方ない、早くひとり立ちして自分の好きな服を着るんだと思ってました。

あとは、痩せたらあれ着ようとか、海に行くときあれ買おうとかね。
結局痩せようとダイエットしてるときは、いつになったら痩せるんだって感じだし、いざ海に行くときになると欲しかった服は売ってなくて、持ってるもので適当に済ませちゃう。

私が洋服を楽しめるようになったのは、おさがりシステムから強制的に抜け出した大学のころ。
一人暮らしをするようになって、さすがに段ボールで送ってくることはなかったので自然と自分で服を選ぶようになりました。

で、結婚して衣服より住環境のほうが大事と洋服にはお金をかけない1年を過ごしたわけですが、最近思うのは住環境が整うのっていつだろう?
上を見たら果てしがないし、生活スタイルが変わったらまた一から整えなければなりません。
それこそ転勤になったら、ゼロからの生活です。

今が大事。

そんないつ発生するかわからない未来の予定に降り回されて何もできない私ですが、唯一学生時代に行った留学は自分の意志で、自分のタイミングで行けた。
いつものようにお金がたまったら行こう、金銭的に親から自立した社会人になってから行こう、なんて考えずに行けた。
行くと決めたら、節約もバイトもがんばったし、渡航費用を調べたり、向こうで必要な学費を計算したり、出発までに海外でも使える銀行口座を用意したり、持ち物も厳選。
親を納得させるために簡易的なプレゼンまでやった(笑)
プレゼンするころには、渡航費、滞在費、学費などすっかり調べ上げていたし、節約のかいあってかぎりぎりだけど自分で経費は賄えそうなことも分かった。

すごい経験になったし、行ってよかったと思う。

でももしあの時、お金がたまったら行こうなんて思っていたら、いつまでもお金はたまらなかっただろうし、社会人になってから行こうなんて思っていたら、長期留学なんてできないことは明らか。
仕事を辞めてまで行くのかと考えればなかなかハードルが高いし、行きたい気持ちも忙しさで薄れていたかもしれない。

あの時行くと決めたからできたことだ。

実は、投資をやってみたいという話を結婚当初からしている。
でも勉強してからやろうとかいつもの悪い癖で思っていたのだけど、一向に勉強なんてはかどらない。

同じようにブログも実はうんと前からやってみたいと思っていたけど、ちゃんと作り方勉強してから、ちゃんと練習してから…なんて思っていたらあっという間に1年以上過ぎてしまって、このままでは一生ブログできないと結局ろくに勉強もしないまま始めた。

私の場合、考え方に悪い癖があるようで、未来のいつ起こるかわからない予定を想像して、「○○になったらやろう。○○できたらやろう」という考え方をすることが多い。

でも、いままで生きてきて○○できた時、○○になった時何て一生来ないし、来た時もすっかり忘れたころなので結局「●●なったら××しよう」といっていた××ができないことが多い。

何かをしようと思ったら、今すぐしないと結局できなくなることが多い。
勿論お金も時間も限りがあるから、完璧に理想にできるわけではないけど、その時々でできる範囲で実行しないと一生できない。

そういえば断捨離も同じだ。
以前記事にもしたけど、結婚の時にもらった大量のタオルや食器や多すぎるストックやあまり使わない日用品。
使い切ったら、ふかふかで色味をそろえたタオルにしよう、食器もこだわって選ぼう、使い切ったら捨てようなんて言ってますが、大人二人で使って消耗するにはタオルが多すぎるし、食器もそんな割れないし、日用品も使わないからずっとあるわけで、全く減らなかった。
私の悪い考え方の癖がもろに出てる結果ですね。
使わない消耗品やストックの話はこちら

 

最近ブログを書いていて、やりたいことがちゃんと実行できているのを感じます。
悪い癖でこうなったら、こうしようと思うこともあるけど、それをブログと手帳に書くことで毎日を振り返りができているのかも。
やりたいことをブログや手帳に書くと、特にブログに書くと、それを読んでくださった方がきっと「あれ実現できたかな~」と気になっているのではと思って(そんなわけない(笑))、実現できる方法を考える。かかるお金も考える。
そしたら、その日に解決できなくても、来週、来月にかなえられる。

ブログの力はすごいなと思う今日この頃です。

ウォーキングの習慣がまだ続いているのもこれのおかげかも!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-主婦のつぶやき

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.