くつろぎ 料理

お気軽おやつ作りの条件

投稿日:

何で仕事も子育てもしているキラキラ主婦ほどお菓子作りをするのか…そんな余裕と時間、いやそれよりなによりモチベーションはどこから来るの?とそう疑問に思っていた私。

いや、思っていただけじゃなくてブログでもそんな話書いてましたね(笑)
私は仕事も育児もない世間一般から見れば暇な専業主婦です。
でも全然おやつ作りまでできる気がしなくて、毎日の朝、昼、晩御飯の準備でさえたまには休みたいな…と思う日々であるのに、仕事も育児も手抜きなしのキラキラ主婦は休日にはお洒落なおやつを作ったり、パンを焼いたりする。
わたしは彼女たちより時間的にも余裕があるにもかかわらず、そこまでできないアップアップ状態で、「なんで自分はこんなにできないんだろう?みんな仕事も育児もしながら家もきれいに、ご飯も何品も、おやつ作りまでしてるっていうのに…」と何度思ったことか。

が、なぜだか最近ちょろりちょろりとおやつ作りをしている自分がいる。
結婚して1年半、やっとお菓子作りに手が出せたというところなのかな。
私はたいそう不器用で要領が悪い。
勉強は結果が出るのに時間がかかるし、仕事もスムーズにこなすには人一倍時間がかかる方だ。
ウサギと亀なら断然亀タイプ。ふふふ。

結婚して新たに主婦となったのだけど、主婦も人一倍時間がかかって、最初はなぜだか掃除と洗濯、夕飯だけで手いっぱい。
しかもどれも大したクオリティじゃなくて、掃除したのに散らかった家、洗濯したのにたたみ終わらず(笑)、夕飯何作ろうかと考える時間が無限とも思えるほどあり、1日があっという間。
それが3,4か月かけて、ブログを書く時間を作れるほどのスムーズさに。
それがさらに1年ちょっとかけて、たまのおやつ作り、刺し子をする時間を作れるようになったと思えば、涙がちょちょ切れるほど嬉しい成果。
毎日毎日同じことの繰り返しの中で、できないことがたくさんたくさん目に付く中で、少しでもできるようになったことあったのだと自分をほめてあげたい。

簡単おやつ作り

ちょっと話がそれました。
わたしは最近おやつを作っている。
先々週はバレンタインも兼ねてクッキーを、平日小腹がすいたときにはベイクドアップルを、そして先週末はスイートポテトを。
この2週間で私にしては結構作ってるぞ!
しかも平日のベイクドアップルなんて2日連続で作ってるぞ!
クッキーも金曜日、と3連休の2日で3日くらい作ってるぞ!
凄いじゃないか!

でもここで種明かし。
そんな急におやつがポンポン作れるようになるわけない。
この2週間で急にあれこれ時間的余裕ができるわけない。
なんたって私は亀タイプなのだから(笑)ふふふ。

クッキーはもうすでにブログでも書いちゃったけど、なななんとホットケーキミックスとバターと砂糖、卵を混ぜただけ。その時の話はこちら
それを棒状にして冷蔵庫に保管して、3日に分けて焼いただけ(笑)
種を作るのは10分もかからない。
さすがの私にもできました( *´艸`)

初めて魚焼きグリルで作ったクッキー。
端が焦げちゃった

先週末作ったスイートポテト。
家でのお菓子だから、見た目の悪さには目をつぶってもらったら、お味はとってもおいしい。
甘いサツマイモだったので、バターと砂糖を控えめにしたらとても素朴で絶品になりました。
意外とそのまんまの味が一番。

スプーンとバターナイフと成型したから形はいびつ・・・
まだ残ってるから今日のおやつに食べるんだ( *´艸`)

これも、茹でたサツマイモをつぶして、砂糖とバターと牛乳でなめらかに。
その後お弁当カップに何となく成型して、卵塗って魚焼きグリルにINよ。
これは鍋とマッシャー使って、おやつ作りと言うより料理のような感じで作れるお手軽さ。
今回は卵液塗ってグリルで焼くひと手間入れて「スイートポテトだ~!」なんてカッコよく手間がかかってる風に言ったけれど、グリルで焼かずにラップでくるんで巾着型にしたら、これまた以前ブログで紹介した芋巾着。
その時の話はこちら
だからスイートポテトも切って茹でてつぶして混ぜるまで、10分15分くらい。
焼く時間も本当はじっくり焼くのだろうけど、我が家のグリルは一気に高温になるから、じっくり焼くと焦げちゃうから5分くらい。
どうせ火は通ってるから、ただの自己満で焼く(笑)

芋巾着は超簡単

そしてね…ベイクドアップル。
これはほんと申し訳ない。
カッコよくいっただけで、つまりは焼きりんごです。
リンゴをスライスして、フライパンでココナツオイルかバターで焼く。
パラパラと砂糖とシナモン降って終わり。
フライパンでなく、グリルで焼いても美味しかったな。

ある日の私のお昼ごはん。
リンゴ半個焼いたらちょっぴり多かった…
この後トーストに乗せてみたんだけれど、これがまた美味でした。
簡易アップルパイみたいな感じ?

製菓器具、製菓材料なしのおやつ

「最近おやつ作っています」って詐欺か!?と思うほど手抜きおやつですみません。
キラキラ主婦のように、型抜きしたり、予熱して30分焼いたり、粉をふるったり、メレンゲ作ったり…なんて言うおやつ作り正直まだハードルが高い。

いやもはや製菓器具を使い慣れないから、ケーキやクッキーの型だとか、ふるいだとか、温度計とかそういう製菓器具を使うことがすでにハードル高い。
まず持ってないし、買う時は「本当におやつ作りするの?できるの?」と自問自答して悩みそうだし、家にないバニラエッセンスだとかアーモンドプードルとか、そういうのそろえると期限が切れる前にまた作らなきゃ…と重い十字架を背負う羽目になる。
大げさなこと言っていますが、我が家にとってはそれが意外と大袈裟じゃない。

私たち夫婦はおやつ食べるの好きだけど、ドーンと大量のホールのケーキは…要らない。
2人だから、食べきれず、朝ごはんにも食べる羽目になり、ちょっぴり最後飽きる。
小さなおやつを作るとして、市販のお菓子作りに使う製菓材料を買えば、あまる。
だから何度も作らなきゃいけなくなる。
たまにでいいのに…

クッキーは、卵と砂糖、バター、ホットケーキミックス(もしくは小麦粉)だけ。大体家にある。
焼きりんごは、リンゴと砂糖とバター(もしくはココナッツオイル)、シナモン(なくてもいい)。
これもリンゴさえ買えば大体家にある。
スイートポテトと芋巾着も、さつまいも、バター、牛乳、砂糖。
これだって、さつまいも買えば他はだいたい全部家にある。

しかもホットケーキミックス残れば、ホットケーキにすればいいし、リンゴが残ったら、剥いて食べればいい、さつまいもだって料理によく使うし、材料が残ったって全然困らないのだ。

型も温度計もいらない。鍋や包丁、ボウル、グリルなどいつも料理で使ってるものばっかり。
これが私のおやつが作れる条件

もっと時がたてば、キラキラ素敵主婦のように手の込んだおやつも作れるようになるかもしれませんが、今は無理。
それに手の込んだものは気軽には作れない。
今のおやつは気軽さ満点。
だから気が向いたときに作れる。しかも時間もかからない。
やっぱり、「普段家にある材料で、普段家にある調理器具で」それが私のおやつ作りの条件かな。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-くつろぎ, 料理

Copyright© 主婦の手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.