くつろぎ 料理

バレンタインにはアツアツ自家製クッキー

投稿日:

もうすぐアレですね。
チョコレート会社が仕掛けたことはもう十二分に承知の、もう本来の「好きです」と告白する文化は淘汰されたような、義理と自分へのご褒美の代名詞となりつつあるバレンタインです!

会社などでは義理が義理を呼んで、あげたくもないチョコを渡し、欲しくもないお返しをもらう、男性側もいらないチョコをもらい、あげたくもないお返しをあげる…そんなことも多そう。
っていうかそんなことばかりかな?(笑)

今からの時代は「好き」の意味はなくとも、せめて「いつもお世話になっております。」の気持ちが込められる人だけに贈りたいものです。
本来義理チョコってそういうものだった気がします。
そういう気持ちのこもった義理チョコならば、男性側も自然とうれしくなると思う。
ただとりあえずのチョコとそういう気持ちがこもったチョコの違いは、もらう側もわかりますしね。

じわりじわりとシンプルミニマルの風潮が大きい昨今、年賀状も送りたいと思う人だけにした、年賀状自体を送るのをやめた・・・そんな人も多いとか。
今後は、バレンタインもじわじわと誰彼構わずとりあえずのチョコではなく、そんなあげたい人にあげる義理チョコという風習が復活するのでは?と思っております。

そしたらきっと、ホワイトデーのお返しもうれしいですよね。
だって、とりあえず誰彼構わず渡したチョコなら、男性側もとりあえずのお返しです。
だからきっと女性側のニーズをまったくとらえていない残念なものになってしまうことが多いと思うのです。
わざわざ選んでくれたチョコならば、例え義理でも、男性側も自然と「何をお返ししようかな…」って思うと思いませんか。

じゃあ夫婦の場合。
今更「好きです!!!」の本気の告白チョコなわけではないし、わざわざ義理で渡す必要もない。
毎日会うし、いつも家をきれいにして、ピシッとあなたの洋服をたたんで、あなた好みの品を食卓に並べ、どんなに遅くても帰りを待ってる…
わざわざバレンタインをしなくても、日々のそういうことで愛情感じてくださいよ…と言いたい気もする(笑)
しかもチョコレート会社の戦略だってわかってる。

それでもやっぱり…贈るべきかなと。
毎日のあれやこれやは、最初こそ感謝しても、ついつい忙しい毎日の中で「当たり前なこと」になってしまうから。
1年に1度くらい。
「ちゃんと大事に想っています、いつも感謝してます」と気持ちを込めて、バレンタイン。

そういういつもとちょっと違うひと手間が新鮮で、相手にもちゃんと気持ちが伝わる気がするのだ。
ちょっと違うかもしれないけれど、「初心忘れるべからず」みたいな( *´艸`)

まぁここまでつらつらと書いておきながらなんですが…
私…バレンタインが好きなのです。
大嫌いだけど、好きなのです。
確かに会社にいる頃は義理の義理の大義理のチョコ渡しめんどくさいって思っていました。
けれどあのキラキラした雰囲気も、可愛く美しいうっとりするようなチョコレートを見るのが好きです。
わたしはチョコレートのアレルギーがあって食べられませんが、多分それもあって、憧れのように見ております。

この時期に外食行くと、どこもかしこもデザートがチョコになってて泣けます。
そういう意味ではバレンタインなんて大嫌いです(笑)

去年はそんなキラキラな雰囲気の中、夫にチョコとデザートワインを買いました。
チョコは夫へ、デザートワインは一緒に楽しむためです。
夫婦なのだから、わたしてそのあと別々に帰るわけでもないのだから、一緒に楽しめるものがいいかなと。
今年は、ホームメイドクッキーです。
カタカナに直すとかっこいい感じですが、つまりは家で不揃いなクッキー焼いただけなのです。

ただ問題は1つ。
わが家のオーブンレンジのオーブン機能はちょっぴり弱く…トーストもよい感じに焦げ目がつきません、グラタンなども過去に試していますが、上に乗せたチーズがなかなか溶けなくて悲惨でした。

ということで、魚焼きグリルで焼いてみました。
魚焼きグリルでクッキーを焼くのは初めてです!

家に小麦粉がなかったので、ホットケーキミックスと砂糖、バター、卵を混ぜて棒状に。
ラップにくるんで冷蔵庫保管しておきます。
そうです。アイスボックスクッキーです。
それを金曜日夫が帰ってくる前に仕込んでおき、この3連休でちょこちょこ切って焼いて食べました( *´艸`)
この写真は、金曜日に試し焼きした2枚。
魚焼きグリルは火力が強くて端があっという間に焦げました…

ちょっとでも美味しそうに見えるよう画像加工してます(笑)

試し焼きしといたおかげで、週末夫用に焼いたときは焦げないようにアルミホイルを上からかぶせたりして、もう少し良い出来で、二人でうまいうまいと言いながら食べました(笑)

これ病みつきになりそうです。
仕込みは簡単だし、棒状に整えるまで仕込んでおけば好きなだけ焼き立てのクッキーが食べられるのです。
アラサー夫婦は昔のようにたっぷりのお菓子は必要ないのですが、ちょっとおやつがあるとほっこりします。

何が言いたいかと言うと、家で作るクッキーがとってもおすすめだということ。
必要な分だけ焼けるうえ、材料費もそれほどかかりません。
それに見た目は不揃いでお店で買ったモノのほうがきれいでも、お店で買ったクッキーにはないものがホームメイドクッキーにはあります。

焼きたてを食べれるってことです。
どうしてもお店のクッキーは冷えてます。
焼きたてクッキーを運良く手に入れられてもプレゼントするころには冷えています。
でも家で焼くなら・・・焼いている間の何とも言えない幸せな香りも、焼きたてアツアツのクッキーも味わえます。
おすすめです。

あ!それにシンプル・ミニマルを目指している方にとっては、アイスボックスクッキーなら製菓器具がいらない点もおすすめポイントの1つです。
ボウルで生地をこねて、棒状にしたらラップにくるんで冷蔵庫。
そのあと包丁で切って、グリルかオーブンで焼く。
ボウル、包丁、グリルかオーブンだけ。
ね。ホームメイドクッキー作りたくなったでしょ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


専業主婦ランキング

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとう。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。
ありがとう。

ブログ村では、シンプルライフ、ミニマルライフのカテゴリーに、人気ブログランキングにはシンプルライフと専業主婦日記カテゴリーに参加しています(^^♪

-くつろぎ, 料理
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.