料理

玄米・雑穀やめました。1種類のお米で栄養も取れる5分づき米とは

更新日:

結婚してからずっと我が家には必ず2種類のお米がありました。
白米と玄米だったり、白米と雑穀であったり、もち麦もありました。
実家でもいつもではありませんでしたが、よく雑穀を混ぜてお米を炊いていたので、何かを混ぜて炊くというのが普通の感覚でした。

そもそも白米になぜ雑穀だとか、玄米を混ぜて炊くのかというと…
白米は玄米に含まれているぬか部分を完全に取り去ったお米です。
それゆえ真っ白で、果皮もないので柔らかく、炊きやすく食べやすいお米です。
しかし、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富なのはぬか部分。

なので栄養を考えれば、玄米や雑穀を混ぜたほうがいいのです。
毎日食べるものなので、できるならばこだわりたい。

そう思って2種類のお米を買っていたのですが、簡素な暮らしを進めるにつれて少々モヤモヤ。

玄米は、2:1で混ぜて炊いていました。
けれど、私が急いでる時は浸水させなかったりしているせいなのか…ビタミン、ミネラル、食物繊維はあるのだろうけれど、たまにお通じが良くない時期がありました。
玄米は、糠がしっかりあり硬い皮でおおわれていますので、栄養は豊富であれど消化吸収は良くない。
逆に白米は栄養は劣るけれど、消化吸収は良い。

特にあまりかまずに早食いしてしまう夫は玄米より白米の方が調子がよさそうな感じがしました。

そこで雑穀に切り替えてみました。

が!雑穀は混ぜる量が少ないので、普段買う白米の量が減るのかというとそうではなく…家計としては単純にコスト増になります。
毎日食べる消費の大きなものだから、栄養のあるお米を、と思いながら、毎日食べる消費の大きなものだからコストも気になる…

ジレンマです。

さらに、簡素な暮らしの観点から言えば、2種類あるお米の収納にも頭を悩ませていました。

わが家にある米びつは一つ。
5㎏の白米を袋ごと収納しています。

小さな雑穀なら、近くの乾物入れに入れていましたが、玄米は2㎏のものを買って、冷蔵庫に入れていました。
すると、米櫃で2合図って、冷蔵庫から玄米を出して1合図るという動作が少々めんどくさく感じる。

コストを考えれば、今後は玄米、炊くときの動作、お通じのことを考えれば雑穀だな~と考えていた時、生活クラブのカタログに目が留まりました。

見つけたのは5分づき米。
丁度玄米と白米の中間のようなものです。

お試しで買ってみるとこれが良い!
1種類のお米なので、お米を量るのももちろん1回で手間としては楽。
浸水はしないとちょっぴり炊き上がりが水っぽくなりますが、(私はあまり水っぽいと再度火入れします)炊きあがりは、玄米ほど硬くなく、白米ほど柔らかくもなく、個人的には好きな感じです。

また、1種類になったことで、計量も楽になったけれど、管理も楽になりました!

我が家は生活クラブや楽天でお米を買っていたのですが、ついうっかり玄米はあるけれど白米がない、白米はあるけれど玄米がないという状態が多々ありました。
注文してもすぐに来るわけではないですから、なるべくは家のパスタなどを使ったり、玄米オンリー白米オンリーで食べるのですが、どうしても足りない時は近所のスーパーへ走ることも。

けれど1種になったことで、残量が一目でわかる。

玄米の時のようにお通じに問題があることもなさそう。
さらにさらに!
実はお米代が下がった。
我が家はメインで使っていた白米を無洗米にしていたのだけれど、こちらのお値段2,390円。
5分づき米は、2,155円。
たった235円ですが、白米の時はそれにプラスアルファ雑穀米の金額(540円)がかかっていたので、それを考えると毎月800円ほど安くなってる!
月800円は大きい。
1年で9,600円だもの。

無洗米でしたから、洗米という手間は増えたのですが、独身時代は普通にお米研いでいたので、無洗米でなければならないと言う訳でもなく。
地震などでライフラインが途切れた時は無洗米のほうがいいかなと思っていましたが、そんな時はとぎ汁を食器洗いに使えばいいか…なんて思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-料理
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.