主婦のつぶやき

専業主婦は暇?

更新日:

今日もチクチク針仕事。
現在縫っている紗綾形は、卍紋が入っためでたい柄なのです。

やっと今日は1つ目の卍が完成。
まだまだ先が長いです。
昨日仕事から帰ってきた夫に「ここまで完成したよ~」と見せたのですが、その出来上がりまでの長い道のりに笑っていました。
5時間くらいでこのくらいか…と(笑)

真ん中に写っている卍模様
針目が一定でなく、ガタガタして一発でビギナーと分かってしまうほどの出来栄えですが、楽しいです。

昨日のブログは、この刺し子2時間に加えて、1時間の写文をしているという話だったのですが…
昨日のブログ→http://housewife-diary.com/murmur-50/

そんな趣味にうつつを抜かしてる暇があるのは、専業主婦だからでしょ!という声が聞こえてきそうです。

確かに、家事も仕事も育児もしている人よりは圧倒的に時間があります。
ですが、こんなまとまった時間を作れたのも実は最近になってから。

結婚当初は、なぜこんなにもバタバタしなければならないのか、一日の家事が終わらないのか、なんだかもやッとしたものがありました。
自分でも、仕事も子育てもしてないことに引け目があり、女性が働くのが一般的になった現代社会からも「お前は何の生産性もない、自分のすべき働きを何もやってない、わがまま放題、贅沢にぐーたらしているだけだ」と言われているような気がして…

実際にそんなこと言われたことないのですけどね…
ただ働かなくていいなんていいなー、いつも何やってんの?という言葉は、結構言われたので、そういう言葉にはグサッときました。

そんな引け目からか、家事も完ぺきにしなくては!!!と言う思いが強くて。
働いてないのだから、子供もいないのだから、完璧に家事ができて当たり前なのだ!とがんじがらめになっていました。
家はいつもピカピカで、洗濯物はいつもピシッとアイロンまで、ご飯は栄養も考えられたお手製の美味しいご飯で、おかずもたくさん、休日はお菓子やパンを作らねば…みたいな。

良き主婦、良き妻とでなければと頭では思っていました。
それでも…できない。
実際は人並みに掃除機をかけ、洗濯を干し、夫の帰宅前にバタバタしながらご飯を作り。
その程度の家事しかできず、挙句に帰宅前にご飯が作り終わらなかったり、洗濯物を収納するまで行きつかなかったり。

いくつかのライフスタイルブログをちょこちょこ読んでいると、皆さん結構お菓子作りをされていて、この方は仕事をしているのに、子供さんがいらっしゃるのになぜお菓子を作れる余裕があるのかと疑問に思っていました。

インスタを見れば、掃除を毎日すごくきれいにされている方々。戸棚の中や窓ふきと言った毎日の掃除ではなかなかやらないようなところまで、定期的に計画的に掃除されています。

本当にその頃私は、掃除と洗濯、料理だけで本当に1日が終わっていたので不思議でなりませんでした。

時間を奪う行動

考えてみれば、私の暮らし方にはいろんな無駄がありました。

買い出し

一番の無駄が買い物。
買い物に行くのは徒歩です。徒歩なので、何処に行くにもそれなりに時間がかかります。
そして、買い物に行くととりあえず店内をくまなくチェックします。
とりあえず一周するのです。
そうすると、「こんな商品あったんだ!便利そう!」みたいな商品があったりします。
すると、商品裏の説明書きを呼んだり、値段をチェックしたり、買うかどうか考え始めます。
これもロスです。
お金のロスでもあります。
ちゃんと買い物に出る前に買い物リストを作っていれば、店内では一直線に目当ての物を買え、無駄に店内をうろつく必要も、ついついつられて買う予定でないモノを買っちゃう必要もない。

さらに追い打ちをかけるように、帰宅後に買い忘れが発覚します。
不要なものを買って、必要なものを買い忘れる。
すると翌日にまた同じお店へ買いに行かねばならないのです。

こういうことが、ドラックストアで、100均で、スーパーで発生していたので、毎日もしくは数日おきくらいに、どこかのお店に行って、何かしら買い出しを行っている状況でした。

買い物に行って、店内をくまなくチェックして、購入するかどうかを悩んだり、似た商品と比較検討したりして、清算して徒歩で帰る。
これ早くても2時間はかかります。

買い出しには、必ずメモを持っていくようになり、必ず定期的に買わねばならない食料品を生協に変えて、うんと時間が余るようになりました。

TVとネット

もう1つ大きく時間を奪われていたのがTVとネット。
何も何本も映画を見たりしていたわけではないですが、結婚当初は朝からTVがついていました。
別にぐうたらしようと思っているわけではありません。
ニュースや天気予報など知るべき情報収集をすべきと朝の情報番組をつける。
お昼の情報番組も、グルメにファッション、家事の時短テクなど主婦にとって有意義な情報満載です。

あれこれ情報を仕入れても、主体的に見ていないからか結局家事に生きているのはごくわずか。
1日TVを見ているのは、なん時間あったでしょう。

途中で洗濯ものを取り込んだり、昼食を作ったりするので、「家事をしながら見ている」感覚でしたが、見ながらの家事は効率も悪く、ただただ時間を浪費していただけでした。

今TVをつけるのは、夫と休日映画を見る時くらい。
平日はほぼつけません。

TVもなくなると、また時間が増えました。
そんなころ時間を奪っていたのがネット。
ちょっとした隙間時間に携帯のゲームをする、インスタを見る、ブログを読む。
ちょっとした隙間時間のはずが、あっという間に時間がたっている。

そんな習慣も改める。
携帯は午後3時以降は使わないようにし、ブログは読むものを絞った。
永遠とだらだら読むのはやめたのだ。

そしたら、やっと…刺し子ができるようになって、写文をできるようにもなった。
趣味と言えるようなことに時間を使えるようになった。
勿論専業主婦なのだから自分の自由になる時間は多いと思う。
でも、独身時代の働いていたころ、ただなんとなく携帯をいじることをやめ、なんとなくTVをつけることをやめ、なんとなく買い物に行くことをやめたら、いったい何ができたんだろう。

きっとあの頃習おうかなと迷っていたヨガにも通うことができただろうし、ブログもあの頃から書きたいと思っていたから、やろうと思えばできたはず。

なんとなくでやってることが、無自覚に時間を無駄にしている。
無自覚だから、なんとなくそういう行為が続いてしまって、習慣になってしまって、いつも「忙しい、自分の時間がない」と言う羽目になっていたのだ。


ほんと、専業主婦になってから生き方の学びが多すぎる。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-主婦のつぶやき

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.