主婦のつぶやき

全てのモノは腐っていく?

更新日:

またなんてタイトルをつけたものでしょう(笑)
少し前からですが、もっとミニマルに、もっと身軽に生きたい!という気持ちがむくむくしている私です。
そんな私が、あれこれ手放したり、手放そうか迷ったり、たまには買ったりしながら最近思うこと。

食材を冷蔵庫に入れておきますと、どんな食材も少しずつ劣化していきます。
劣化しているのに使わずに、さらに置いておきますと、いつの間にやら腐ってしまいます。
食材の場合は、わかりやすくていいですね。

でも、これは食材だけにあらず。
本も服も何もかも…きっとそうなのだと思います。
食材ほど期限が短くないから、ついついずーっと持ち続けてしまいがちだけど、買ったその日から一歩一歩着実に劣化しているのです。
そして、ずーっと使われないまま押し込まれていたモノは、劣化にも気づかず、ふと気づいたときには、腐っている。(黄ばんでいる、カビが生えている、虫食いされてるなどなど)

同じ「腐る」でも、発酵という素晴らしいものもあります。
牛乳からヨーグルトになるように、大豆から納豆になるように…
ただただほったらかしておいて、気温だとか湿度だとかその食材が置かれた状況がたまたま良くて、腐らず発酵している場合もありましょう。
けれど、誰がそれを確かめたいだろうか。
牛乳を置きっぱなしにして、なんだかたまたまヨーグルトっぽくなっている。
腐っているのか?発酵してヨーグルトになっているのか?
大昔のように食料が全然足りない時代ならば、食べる人もいるだろうけれど、少し歩けばスーパーやコンビニで牛乳も、ヨーグルトも売っている時代に、誰がそんなチャレンジしたいと思うだろうか。
私は嫌です。新しい牛乳を買ってきたいし、新しいヨーグルトを食べたい。

食品ならば、多くの人が私と同じようにチャレンジなんかせずに、古い腐ったか発酵したかわからないような元牛乳を捨てて、新しい牛乳やヨーグルトを買うだろうけれど、これが別のものになったら…どうでしょう。
例えば洋服。
服もずーっとほったらかして押し入れに入れっぱなしにしていたら、大抵は腐って(劣化し、黄ばんだりしてみすぼらしくなって)いきます。
それをそのまま放置して、たまたま万が一、億が一そのボロボロ具合がヴィンテージ風に見えなくもない場合…あなたならどうしますか?

私はそんな危険なチャレンジしない人ですから、ボロボロの服に見えるだろうか、ヴィンテージ風に見えるだろうか…一度着て街中を歩いてみよう!なんてことはしません。
私が1年に1枚の服を手に入れるのが難しいような、そんな時代に生きていたならば、チャレンジしますが、ネットでもお店でも、買おうと思えばいつでも洋服が買える現代にわざわざそんな危険なチャレンジは犯しません。

こんなことにならないためには、当たり前ですが、牛乳は腐る前に飲んだほうがいいのです。
洋服だって、腐る前にたくさん使えばいいのです。
そして、飲まなくなった、使わなくなったら、置いておいても腐るだけですから手放す。
それが一番良いのだと思います。

ずっとずっと手元に置いておくだけの人は、「腐った牛乳がヨーグルトになったか確かめたい人」「ボロボロの洋服がヴィンテージ風に見えるか実験したい人」だけ。
食材なら腐る前に使い切る、捨てるができる人も、その他のモノ(例えば洋服)が腐るとは思っていないから、ずっと手元に置いてしまう。
けれど、どんなモノだって腐ります。
腐ったモノとご対面した時の「げげげ!」という感じは、出来ることなら勘弁してほしいのが私です。
だから…だから…使っていないモノを手元に置いておくという選択をした時に、最近私はもう一度自分に尋ねます。
腐ったか発酵したか確かめたいものなのか?と、そんな無謀なチャレンジをしたいのか?と。
そう尋ねると大抵NOですので、その場で手放しか、期限を決めて手放すことになります。

あ、そうそう。
食材同様モノが腐ってしまう用に、食材同様モノも発酵すると思います。
食材を発酵させるときって、毎日手をかけ、温度に気を配り、発酵させていますね。
それと同じで、モノも手をかけてメンテナンスして使う家具などは、いい具合にエイジングが施され、新品にはない魅力を醸し出す。
素敵なものに進化するのです。

そんな発酵した素敵なモノたちに共通しているのは、ただただ使わずに押入れでほったらかしにされていたモノではなくて、拭いたり掃いたり、時にオイルを塗り込んだり、日常的に手をかけてもらっているモノたちだということ。
使っていないモノはやっぱりただただ腐っていくだけの場合がほとんどです。

捨てる、捨てないの基準として、今使っているかどうかというのがあります。
以前は、ミニマルライフを実践する前は、「そんなこと言ったって、いつか使うかもしれないじゃん。その時にもう一度買いなおすの無駄じゃん。」なんて思っていたのです。
けれど、今は違う。
どんなモノも食材と同じ。
消費期限はそれぞれだけど、どんなモノも少しずつ劣化し、腐っていってる。
そう思えば、やはり「今」(もしくは今後2,3年のうちに)使うモノだけをとっていたほうが絶対いい。
今使っていない、来年も、再来年も使う予定がない…そんなものは、腐る前に手放す。
そんな気持ちで、最近は手放しています。
そして長い間使いたいお気に入りのモノは、日々使って、日々手入れをして発酵させる。
お気に入りだからと、しまい込んだりせずに、惜しみなく使い、惜しみなく手間をかけるのが良いのでしょう。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.