主婦の日記

思わぬ幸運と時間との付き合い方

更新日:

この記事を書いている今日は、まだまだクリスマスも来ていない12月20日のこと。
今日は思いもかけないことが起こりました。
年末ごろに投稿された記事に、12月前半は何かとうまくいかない、何かとついていなかった―という記事を書きました。
どれも些細なことだったのですが、積もり積もって「あ~何だかうまくいかない…ずーん( ;∀;)」っていう気分になってしまっていたのです。
その上手くいかなかったことの一つに、時計の修理がありました。

誕生日プレゼントで今使う、今欲しいものがないからかなり前に止まってしまった時計の修理をプレゼントにしてもらおう!と言っていたあれです。

この時計は、独身時代に夫がデパートで買ってくれたものでした。
だから、買ったデパートに持っていこうという話になりまして、行ったのです。
ちなみに我が家は郊外の住宅街に位置していますので、デパートなどがある中心部へ行こうとすれば、車でも公共交通機関でも…1時間はかかってしまいます。
だから、そんなにふらっとは行かない場所です。
妊娠して、疲れやすくなっている今はなおさら。

そんな風にわざわざ行った時計屋さん。
まず、店員さんに話したところ困った顔をされました。
他の店員さんに「どうしよう?」的な相談をしていて、その時点で「あ、ここでは修理依頼受け付けてないんだ」と悟りました。
そこで、デパート内にある時計修理のコーナーに案内されます。
番号札をとって待ちます。
ですが、そこでも渋い顔をされます。
私の時計はソーラーで充電できるタイプで、充電すると勝手に時刻も合わせてくれるという時計でした。

けれど、それがいつまでたっても充電完了できないし、2日、3日充電して、自動では時刻が合わないので手動で合わせようとするも、手動で時刻を合わせている間にまた時計が止まってしまうという症状。

それを説明したのだけど、そこの時計修理店では原因がわからず。
わからないから修理店で出された提案は、修理店で実際に日に当てて充電してみて、手動で時刻合わせをしてくれるというもの。
それで直ればそれでOK、それでも時刻が合わなかったら、次のステップとしてメーカーにおくるというもの。

ちなみに修理にかかるお時間は、修理店で日に当てて時刻を合わせるまでに2週間、それで直らなかったら、そこからメーカーにおくられるので1か月以上かかるかもという。
ちなみにちなみに、お値段は修理店に3000円ほど、さらにメーカーにおくるとなれば、(原因次第で値段は変わるが、)およそ17000円かかるんじゃないかと言われていました。

そして、修理後の時計は自宅配送は無理で、またデパートの修理店まで引き取りとのこと。
まず、修理店がやろうとしている作業は、修理でもなんでもなくて。
動作確認です。すでに何度も何度も私がやった手順と同じものでした。
それに3000円…なんか高い。
そして、2週間後というと正産期に入っていて、1か月後というと出産予定日も近いですし、取りに行けるかわからない。
そういうことで、わざわざ行ったのに時計修理できなかったのでした。

その日の夜、自分でメーカーに送ろうと宅急便の集荷を依頼していました。
それが…何故か郵便番号が存在しないと言われます。
そして、勝手にシステム上違う郵便番号を割り振られます。
郵便局のサイトから郵便番号検索すると、私が記入した郵便番号は存在していて、間違いないのですが、なぜか勝手に別の番号に変わってしまいます。
だから一応集荷に来た方にも、「こんなエラーがあって…」と話をしたら、「それはその会社が提示している郵便番号が間違っている」とか、「誤配送になりますね」などと言って結局集荷されず…
郵便番号は間違っていない旨も伝えたのに、全然わかってもらえなかった。
その時私はちょうどブログでも書いたように「何もかもうまくいかない」「何故かついてない」と気分がどん底だったので、集荷できなかったことがさらに私を「ずーん」とさせました。

あるものを大切に使おうとしているだけなのに…なんかうまくいかないな~。
もう社会は私に、「つべこべ言わず捨てて、新しいものを買え!って言っているのかしら。」とも思ったり。
ミニマルなんてめんどくさいことするんじゃない!って言われている気分でした。

時計以外にも、ミニマルライフを実践しているからこその考えで実行した行動がいろいろ上手くいかなかったんです( ;∀;)

そんなこんなでなかなか修理に出せなかった時計。
機嫌を直して、今私にできることを考えて、とにかくコンビニか、郵便局から送れば発送できる!とてくてく郵便局へ。
郵便局にしたのは、年賀状を買う用事もあったし、去年の書き損じはがきの交換もあったからなのですが、ふと思う。
郵便局なら、我が家で使われることなく眠っている切手で送れるかも!

そこで、家にある切手を全部持って行く。
もちろん切手で配送することができて、もちろん発送を断られることもなくて。
送料がすべて、家の不用品(切手)で賄えて、なんだか気分は送料無料の気分です。
そして…きょう。
メーカーから電話をいただきました。
この時計を修理しようとしてから、購入店で受け付けてもらえず、修理店でも条件が合わず、集荷の際には断られて…と3回も躓いているので、「この時計はもう修理できませんねぇ」って断られるんじゃないかと内心ドキドキ。
そうしたらば…そうしたらばですね!!
な、な、なんと無償修理となりました!!!

電話口のお姉さんは言いました。「買った時期がわからないのですが…3~5年ほどでしょうか。内部を確認したところ中の充電の部品が壊れているので、こちらの部品を交換します。ご購入からあまりに短い期間で壊れてしまっているので、無償で修理させていただきます」と。
えええええ!
たしかに私ももらった時期は定かでないが、4、5年ほどで、実は壊れて動かなくなってからはもう3年たってて。
最初は私の充電の仕方が悪いのかとか、電波が悪いところに住んでいるからじゃないかとか、そう思っていました。
だから、もう1回ちゃんと晴れた日に充電してみようとか、街中に出た時に時刻合わせしてみようとかそんな悪あがきをやっていたのです。

そうこうしてやっと壊れていると認めたのですが、夫からもらったプレゼントをなかなか捨てる気持ちになれなくて、かといって修理に出したらどれだけお金がかかるんだろうとしり込みしてしまって…
で、ズルズルと3年持っていました。
だから…とっくの昔に保証期間など過ぎているのです。

なので、おずおずと尋ねる私。「確かに買ったのはそれくらいの時期ですが、もう保証期間は完全に過ぎているのにいいんでしょうか。」
そしたら、3年で壊れちゃうなんて早いから無償で良いと言っていただけました!
修理店で17000円と言われていたので、修理不可と断られるか、17000円くらいかかるのだと思っていました。
それがまさか、まさかの無償修理。

いろいろプチ上手くいかないことが重なっていただけに、なんだか思わぬプレゼントをもらった気分です。

それにしても…一般的に時計って何年使えるモノなんでしょう。
私今まで夫からもらったこの時計以外に、腕時計を使っていた記憶がなく、壊れてしまったときも、勝手に時計の寿命ってこんなものなのかな?と思っていた節があります。

それだけ、時計を持っていなかったのは、私が時計嫌いだったからです。
学生時代から時間に縛られたくない!と、時計はあまり好きではありませんでした。
そんな私が今回時計を修理しようという気持ちになったのは、もうすぐ生まれる子供に毎日同じ生活リズムをつけたいなと思ったこともありますが、それよりも何よりも、ミニマルライフを通じて時間に対する考え方が変わったことにあります。

昔は…例えば学生時代の時などは、6時半に起きて、7時半までに家を出て、8時に学校について、部活して、9時までに教室に行って、1時間目は国語でという風に、起床から学校が終わるまできちっと時間が管理してあって、放課後だって、ボケーっとする時間があるわけでもなく、6時までに帰って、急いで軽くご飯を食べて、7時から塾、1時限目は数学で…9時、10時ごろに終わったら、また軽くご飯を食べて、お風呂に入って、で、もう寝る。みたいな。
やりたくてやっていることは1つもないし、自分で作ったスケジュールも1つもなくて、「はい‼〇時になったからこれをしてください」と時間が来たら自動的にその活動を強いられる…なんだか時間に追われている気分でした。
だから時計を見るのは最低限にしたかった。
腕に時計をつけているなんて、どれだけ時間に支配されてるの?と。

だけど今は…どれだけ私が時間をつかいこなせるかが大事だと思っている。
時間に支配されて、時間に振り回されるのではなくて、私が時間をつかいこなす。
私が有意義に1日を過ごすために、時間を味方につける。
そういう発想。
そのために、腕に時計をつける生活もいいのではないかと思い始めたのです。
モノやコト、考え方をどんどんミニマルにしていくうえで、暮らし方も少しずつ主体的になっていった。
世間一般がこれが普通よと言うから、何かをするのではなく、私と夫(そしてこれからは子供も)にとってどうしたら幸せか考えて暮らすようになった。
それと同じように、時間も主体的に使おう!という意識になってきたのです。
私や夫や子供にとって、この時間をどう過ごすのがいいだろうって思うようになったのです。

思わぬ幸運?で無償修理になって帰ってくる時計は、きっとそんな主体的に毎日を暮らしたい私の強い味方になってくれると思います(^^♪
早く修理から戻ってこないかな。
なんだかうまくいかないからって途中であきらめなくてよかった。

諦めて、この時計を捨てていたら、ごみは増えるし、また新しい時計を買わなければならないし。
わたし自身そんなに時計に詳しくないから、なかなか欲しい時計を見つけるのは大変だっただろうし。
そう思えば、ゴミもでず、お金もかからず、新しい時計を探す手間も省けた。
こうやって、今あるものを修理して使うのも地球と私とお財布にやさしい暮らしですね。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦の日記
-, ,

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.