洗濯

夫にも妻にもベストな洗濯ハンガー

投稿日:

私の服と夫の服は違う。
もちろん性別が違うから、いろいろ違う。
サイズや、袖の造り、そして首元。

男性モノでも最近は首元が開いたものもあるけど、やっぱり首が詰まったものが多いですよね。
夫は首が開いたタイプの服は着ないので、基本的に持っている服はこの首が開いてないタイプ。
私は、首が詰まってるとなんだか息苦しい気がして、着心地が悪いのでVネック多め。

夫と私のハンガー問題

比べてみると首元はこんなに違う!

私のGUのTシャツは結構プリントが取れてしまってるけど、それは目をつぶっていただけるとありがたい。
このTシャツは形が好きだし、シンプルなデザインだから何でも合わせやすい。
しかも安い(^-^)タグプリントはすぐとれちゃったけど、これだけよければタグが取れてても使っていいよね(笑)

夫の服の場合

この首元の差の何が問題かというと…洗濯時のハンガーの入れ方。
私のは簡単に首元からハンガーを入れられるのですが、夫のは首元からハンガーを入れると首元が伸びてしまう。
そこで下からハンガーを入れるのですが、それがなんともめんどくさい!!
今まで自分の服は、首から入れても全然伸びないから下から入れるというこのワンアクションが微妙に面倒に感じてしまう。

私の服の場合

我が家はとりあえずあるものでいいよねと、針金ハンガーを洗濯で使っていたのですが、この細いハンガーだともう少し首元が開いているものだとちょっと当たっただけで、するっと落ちてしまう。
外に出すときは洗濯ばさみをつけているのでいいですが、ハンガーにかけて洗濯ばさみをつける間にするっとしちゃったことが何度か。

夫と私の洗濯ハンガー

針金ハンガーでも洗濯はできるのですが、そろそろ塗装が剥げている個所もあるし、それぞれの針金ハンガーが微妙に曲がってきていてハンガー同士が絡まりあってしまう。
しかも色もバラバラだから、ただ置いてるだけでかなり雑然とした印象に。
↓絶妙にハンガーのフックの部分が浮いてるのわかりますか??

そろそろ針金ハンガーの寿命の限界なのでハンガーを買い替えたいと思っていましたが、せっかく買い替えるのであれば夫の服も私の服もストレスフリーにかけられるそんなハンガー探していました。
で、今のところベストはこの形状のハンガーかと。

以前ブログでも書いたのですが、ステンレス製のこのハンガーを見つけて、洗濯ピンチもステンレスだし、ハンガーもステンレスで合わせて買おうと思っていたのですが…

今までこの形状のハンガーを使ったことがなく、使い心地など一度試してみてから使いたいと思っていました。
で、このハンガー10本で税込みで3000円位するのですが、お試しにしてはちょっと高いなぁ~と、なかなか手が出せずにいました。
そんな時見つけたのが、無印のこのハンガー。
買おうと思っていたTAYAのTシャツハンガーと同じ形状!
ステンレス製ではないけれど、なにより3本セットで250円という安さ。
TAYAのハンガーに比べたら3分の1くらいの値段で買えちゃうので、まずはお試しに無印の洗濯ハンガーを購入しました。

この形状の何がいいかというと、首元を延ばさなくても、Tシャツの首からハンガーを入れれること。
首元からハンガーを入れて、ハンガーの大きくくぼんだこの隙間にTシャツをぐいぐいっと入れ込む。

すると、Tシャツの首元を伸ばさなくても、反対側もするっとハンガーが入ります。
ストレスフリー♪

このハンガーだと針金ハンガーに比べるとちょぴり厚みもあるので、針金ハンガーに比べると衣服も落下しにくいところもいいところ。
大きさは、針金ハンガーとほぼ同じです。
針金ハンガーより太い分、洋服にハンガー跡は残りづらい気がします。

ただ、これが完ぺきな洗濯ハンガーかと聞かれるとそうではなく。
実は1点使いにくいポイントがあります。
上の写真を見ていただけるとわかりますが、大きさは針金ハンガーとほぼ同じ。
でもフック部分は、かなり広めにとってあるんです。
フック部分が広いというのは、ハンガーをかけやすいポイントなのですが、屋外干しにはデメリット。
屋外干しの場合、風で洗濯ものが飛ばされないようハンガーと物干しを洗濯ばさみで止めている家庭は多いと思います。

我が家も、洗濯ばさみで固定していますが、フック部分が広い+ハンガー自体が太いおかげで洗濯ばさみがとまりにくい。
一応何とか止まって、風に飛ばされることなく洗濯干せています。
↓洗濯ばさみが若干浮いてしまっている

その点がちょっぴりネックなので、次買い替えるときはやっぱりステンレスのTAYAのTシャツハンガーかなぁと思っています。
無印のハンガーはポリプロピレンなので、耐久性もステンレスのほうがいいしね。
ただ、その分この無印のハンガーはかなり軽い。
軽さ、手軽さをとるか、耐久性をとるか。難しい選択です。

ということは、室内干しがメインのご家庭にはこの無印のポリプロピレンハンガーはかなりおすすめです。
室内干しならハンガーを洗濯ばさみで止める必要がないので、むしろフックが広い無印のハンガーはさっとかけられるので使い心地もいいし、室内干しなら日光による劣化もあまりしないので、わざわざ重たいステンレスじゃなくても結構長持ちするはず。
特に、洗濯紐使っているなら使う材料は軽ければ軽いほどいいので、ポリプロピレンハンガーおすすめです。
屋外干しでも、耐久性より軽さという方はポリプロピレンハンガー、耐久性を求める方はステンレス。
自分のストレスにならないハンガーを選ぶのがいいと思います。


次はこれ買うぞ!(^-^)↑

お買い物マラソンもあとちょっとですね。
今回は、日用品をちょこちょこ買ったのと、前回購入して美味しかったこちらの味噌を購入しました。
他の種類の味噌も購入したので、なんと味噌3.5㎏。
意外とすぐなくなっちゃうんですよね(笑)

無添加で酵母が生きた味噌は美味しいのはもちろん体にもいいんです!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-洗濯
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.