洗濯

大事な洋服を傷ませないベストな洗濯方法とは

更新日:

洗濯の仕方を悩んでいます。

と、いうのも少しずつではありますが、大好きな洋服を買い、お気に入りの服だけか収められた「私のクローゼット」を作っています。
「私のクローゼット」に収められる服は、高くてもお気に入りのモノ、5年は着たいと思えるものです。
毎年数枚(4~6枚)買い足して、5年ですっかり入れ替わるクローゼットを目指しています。

5年で入れ替わるには、少ない数の洋服でなければ、我が家の家計上、家のスペース上難しい。
けれど、少ない服になればなるほど、気になるのは服の傷み。
きっとガシガシ洗濯機で洗うだけではだめなのだろうと、かといってなんでもクリーニングも大変だし・・・とこんな本を借りてきました。

丁度アズマカナコさんの『電気代500円。贅沢な毎日』を読んで、洗濯機なしで手洗い生活できるかも!と思い始めていたのも、洗濯の仕方を一から学びたいと思うきっかけの一つ。
そして、勿論夫がスーツ生活になり、毎日アイロンがけ生活に突入したのもきっかけの1つであります。
つまり、洗濯(洗う→干す→畳む→アイロンする→収納する)にかける時間が増えたので、おのずとやり方に興味が出てきたのです。

今やっている洗濯方法はいたって簡単。
洗濯機にポイッと入れて(必要あれば洗濯ネットに入れてから)、洗濯洗剤を5プッシュ入れまして、スイッチオン。
汚れが気になるものは、酸素系漂白剤につけ置きした後、洗濯機に入れてスイッチオン!なのです。

我が家の洗濯洗剤は、使用量がたった5プッシュのALL THINGS IN NATURE!
がんこ本舗の『海へ…』と中身は同じだそうです( *´艸`)

なにも工夫なし。
Yシャツの襟、袖は、母が昔やっていたのを真似てせっけんをこすりつけ、ブラシでごしごししてから、洗濯機に入れてます。
けれど…それ以外の工夫なし。

我が家は子供がいませんので、泥んこ汚れやケチャップがべちゃーっと広範囲についた汚れはありません。
基本的には皮脂、汗、埃程度でしょうか。

なので、コートやジャケット類、セーターなど1回着用しただけでは洗わない服は脱いだら一度ブラッシングして風を通しておきます。

このブラッシングの習慣も実は結婚してから。
今までは一度着用した服は有無を言わさず洗濯機へ。
実家ではなんでも必ず洗濯機で洗うのが常識だった(コート以外)ので、洗わずに置いておくなんて…「汚い…」と思っておりました。
けれど、それだけガシガシ洗えば傷みも激しく、5年着るどころか、1,2年で何かボロボロの服に見えたものです。

夫はTシャツは一度で洗うけれど、セーターなどは何度か着用してからの洗濯です。
夫の服はシンプルなものが多かったこともあり、いまだに学生時代の服を着ていたりします。
洗濯回数による服の持ちは明らかです。

で、借りてきた『クリーニングのプロが教える 家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ』によりますと…

Q洗濯のベストな頻度を教えてください。

例えばセーターなら10回ぐらい着たら

セーターは洗いすぎない方が風合いを保てます。10回着たら1回洗うぐらいで充分。汗をかいたときは、気になる部分を汗ジミ防止の処理をしておけば安心です。夏ものも、汗の処理をきちんとすれば、毎回洗わなくて大丈夫。ウールのコートは汚れていなければブラッシングだけで問題ありません。

『クリーニングのプロが教える 家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ』より

なんだそうです…。
結婚して私もセーターなどは1度では洗濯しないようになりましたが、2,3度着用すると洗いたい気持ちがむくむくだったのです。
10回か~びっくり。
夏ものも1回で洗わなくてよいというのが、さらにまたびっくり。

ちなみにこの汗ジミに対する処理というのは、くしゃくしゃにしたキッチンペーパーなどを汗ジミがあるところの下に入れ、濡れたタオルでポンポンたたくやり方。
汗は水だけで落ちるそうです。
つまり、汗ジミくらいなら洗濯機での洗濯不用ってこと?!

そう考えれば、毎日洗わねばならないものって、下着やインナー、タオル類だけなのではないでしょうか。
1人暮らしの時も毎日洗濯していた私にはなかなか衝撃的な事実です。

例えば上下5着ずつ服を持っていたとして、毎日5セットをローテーションで着たとして、さらに服が汚れなかったとして…10回着終わるのって、7週間後です。
約2か月に1回のお洗濯!
1シーズン4か月とすれば、シーズン中2回しか洗わないのです!
びっくり!2回しか洗わないならば、たしかに傷まない。

上下3セットのミニマルワードロープでも、10回着るのは4週後。
約1か月に1度のお洗濯。

もしその方法を実施するとなれば、3セット服があれば1か月で6着(夫の服も合わせれば12着)、5セット服があれば2か月で10着(夫の服も合わせれば、20着)の服の洗濯と毎日のタオルと下着類、インナー類の洗濯です。
それなら…手洗い生活できるかもな…。そんな気持ちがむくむく。

現在バスマットはちょっぴり大きめ厚めのマットだし、タオル類もいただきもののぶ厚めタオルばかりなので、これらは洗濯機の方が楽そうですが。

バスマットを小さく、薄手のマットに。

Scopeで販売しているこの小ささがベスト!

タオルは手ぬぐいに。

手ぬぐいは洋柄より和柄、小紋柄より大胆な絵柄の方に惹かれてしまう。
わが家には似合わないから悩みどころ…

そうなれば、手洗い生活できるかも。
しかも洗濯物の量が今までよりもだいぶ少ないので、そこまで苦も無く手洗い生活できるかもしれないなぁ~と思っています。

服の傷みが抑えられれば、5年使え、被服費も抑えられる。
洗濯ものの量が少なければ、手洗いならば、洗剤代、水道代も安くなる。

正しい洗濯の仕方は、私にもお財布にも地球にも優しかった。
最近モノを大事に素材を大事にしようと思えば、この3拍子が必ずそろうことに気付く。
暮らしの無駄を省けば省くほど、この3拍子が勢ぞろい。
ビジネスの場では、相手も自分もWIN-WINな関係になければならないと言いますが、簡素な暮らしは、WIN-WIN-WINです(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-洗濯
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.