ファッション

ミニマルクローゼットの成功の鍵

投稿日:

前回の記事でほのめかしていた待望のものが届きました。
届いたのは、サンダル!

ヒールは麻、ストラップはラム革ライトマスタード色

2足目のShoePremoでのオーダーシューズです。
サンダルは甲の部分もかかとの部分も覆われておらず、足と靴がぴったりフィットしにくい靴ですが、ShoePremoのサンダルは3本のストラップで調整することでぴったりフィットを実現しています。
私は、今回試着の際にゆるかったので、内側に穴2つ追加して、長すぎるストラップを2cmカットしてもらいました。
届くまでに時間がかかるし、お値段も高いですけれど、こういう細かな調整ができるのがいいですね。

1足目のオーダーシューズの話はこちら↓
幅狭靴ShoePremoの自宅フィッティングやってみました(前編)
幅狭靴ShoePremoの自宅フィッティングやってみました(後編)
育児中の足元事情。シンデレラフィットの靴を買いました。

色はライトマスタードにしました。
最初は白にする予定だったんです。
インソールの色をあれこれ迷っていました。
今回選んだ麻のほか、畳やコルクも夏っぽくていいなぁと。
そうこう悩んでいるうちに突如黄色が目に入りまして、「黄色いいかも」と思い始め、あれこれ想像し、最終的にはこのお色になりました。

ふふふ。
前置きがすっかり長くなってしまいましたが、今日は最近購入したワンピースとサンダルを紹介しつつ、色についてのお話です。

黄色に決めた一番の決め手はバッグ。
3年半ほど前に夫に買ってもらったお気に入りのマスタードイエローのバッグ。
このバッグに合わせてイエローにしました。

バッグもサンダルもマスタード(^^♪
3年半使ったバッグはちょっぴり渋めのマスタードになっています。

最近購入した服たちはモノトーンが多いのでマスタードイエローの小物が映える。映える。
今振り返ってみると以前の私は、色に対して無頓着だったなぁと思います。
店頭で見た素敵な服を買う。素敵な靴を買う。素敵なバッグを買う。
1つ1つはとても素敵なのに、何故か合わせられない。
それを、私は服を減らしていく中で「買う時にコーディネートしないからだ!」と気付きました。
ちゃんと自分のワードローブがしっかり頭に入っていて、家にある服と合わせやすい服を買うべきなんだと。
それは正解でした。
けれど、何か違う気もしていました。
というのは、なんだか無難な服ばかりになってしまっていたからです。
同じ黒の服でも、同じグレーの服でも、これが大好き!と言う服ならいいのですが、「この黒い服合わせやすそう」と選んだ無難な服は、たしかに合わせやすいのですけれど…着ていて面白くない。
ムムム。何かが間違ってるのか?

次に気付いたのは、インナーの重要性です。
服を買ったならそれが1枚で着られる服でない限り、セットでそれに合うインナーもなければ、着ることはできないと。
そうしてインナーは重要だと春夏ならタンクトップタイプとフレンチスリーブタイプの2種、秋冬なら7分袖のインナーを常備した。
これも成功だった。

それでもしっくりこない時がある。
それは外に出るときにおこります。
服はばっちり。
上下の服は似合うし、それに合うインナーも着用しているから下着が透けないかとか屈んだ時にブラが見えないかと心配することもない。
バッグは、これだ。靴は、これだ。と選ぶ。
すると、途端に微妙になる。

それはなぜかと言いますと、色だったのだなぁと思います。
私の洋服、バッグ、靴のどれも色を絞ること・・・いや、色を集めることなんてしていなかった。

服でもインテリアでもトータルコーディネートで色味を3色以上使うと、とたんにごちゃごちゃして見えます。
多分3色以上で素敵に見せられるのはとっても上級者。
私は上級者ではない。
だから、服は上下よくコーディネートできていても、小物をプラスするごとにまた1色、また1色とプラスされ、3色以上になってしまい、ごちゃごちゃなコーディネートになってしまっていたのです。

ショップのように同じ形のパンプスを色違いで何色も持ち、同じ形のバッグを何色も持つならば、服のコーディネートに合わせて小物の色を選ぶことは可能です。
けれど、そんなにたくさんの靴やバッグを持っている人はどれくらいいるのでしょう。
特に私はミニマルライフに突入して、どんどんアイテムが少なくなっていたので、同じ形のバッグを複数個持つことはなかったし、同じ形の靴を複数持つこともなかった。
だから・・・色を選べない。

例えばその日は小さなバッグが必要で、スニーカーを履きたい用事だったとすると、私が持つ小さいバッグは黄色で、私が持つスニーカーの色は黒しかないわけですから、この時点で2色。
となれば、服は黒、黄色、そしてもう1色の中から選ばねばならない。
黄色の服は持っていないから、黒と何かか、1色でコーディネートしなければなりませんが、その時の用事に合う黒ともう1色の2色の服を持っているかどうか。
持っていなければ、「服はあるのに、着る服はない」状態。

つまり少ない数の服で、バッグで、靴でコーディネートしようと思うと、明確な指針がいるようです。
そしてその1番重要なのが服の形、バッグの形、靴の形ではなく、色。
沢山のカラーバリエーションをそろえるつもりがないのであれば、クローゼットに加える色には慎重にならねばならないことに気付きました。
パンツスタイルだけに絞るよりも、スカートもパンツもあっていいから服はモノトーンしか買わないと決めたほうがコーディネートはずっと楽。
トップスもボトムスもモノトーンならどれを合わせても大抵似合いますものね。
お洒落な人はきっとショップのように同じ形の服の色違いを持っているか、色の数を絞ったミニマルクローゼットなのでしょう。
最近私が目指しているのは後者の方。

そうそう。
まだミニマルを目指す前、まだまだたくさん服を持っていたころとっても素敵なピンクのパンプスを持っていました。
以前ブログでも申しましたが、私は雑誌の特集では色の特集が一番好き。
色の特集ページで見るようなカラフルなピンクのパンプスに店頭で出会い、一目ぼれで購入したのです。
けれどそのピンクのパンプスはとっても素敵なのに、出番が少なかった。
それはきっとその他にピンクのアイテムをあまり持っていなかったからだと今は思う。
当時ピンクのバッグは1つだけ(しかも容量がとても小さく、パンプスとはトーンの違うピンクだったのでこのバッグ自体も頻度が少なかった。)、ピンクの服は皆無。
うっとりするほど素敵なピンクのパンプスも…3色以内に収まらなければ履いてみて、鏡で見るとなんだか微妙に見えてしまい、結局別のパンプスを履いていくことになる。

そうならないためにも色には敏感に。
以前服に関して色を絞る話をしましたが、小物も同じですね。
いや、(とくにミニマルクローゼットでは)小物の数がうんと少ないので、色を集めると言ったほうがいいのかも。
だから今回私は、お気に入りの黄色のバッグをもっともっと使えるように、サンダルの色を黄色にしました。

服の色数について話している記事はこちら↑

私の今の手持ちの靴はサンダルを加えて、3足になりました。

  1. スニーカー:オニツカタイガー セラーノモデル 黒
  2. ローファー:ShoePremo エナメル 黒
  3. サンダル:ShoePremo ラムスキン 黄色

色は黒と黄色だけ。

そして、現在私のバッグは2つ。

黒のリュックサックと黄色のショルダーバッグ
  1. リュックサック:moz 黒
  2. ショルダーバッグ:くくる 黄色

やっぱり黒と黄色だけ。
あとバッグも靴も1色くらい増やしたいところですが、それは徐々に増やしていくことにしましょう。

前回の記事でも書きましたが、服は白、黒、グレー、青の4色。

  1. スカート:LEE×ナチュラルビューティーベーシック デニム 青
  2. スカート:GRANDMA MAMA DAUTER チノ 黒
  3. カーディガン:Rope 白
  4. カーディガン:GICIPI GRANATA 白
  5. ブラウス:白
  6. Tシャツ:Tiesy グレー
  7. ノースリーブニットソー:GICIPI OPALE グレー
  8. ノースリーブニットソー:GICIPI OPALE 白
  9. ワンピース:小花柄 青

白、黒、グレー、ブルーの服には黒と黄色の小物は合う。
小物を含めても、私の春夏クローゼットは5色以内で構成されています。

前回お約束していたワンピースの着画を黄色の小物たちと撮ってみました。
サンダルは届いたその日。届きたてほやほやです。
1回こっきりの部屋の中で履ける日ですね。

そして、先日購入したワンピース。
ワンピースは小花柄。
ベースが青色と言えど、いろんな色が入っています。
その中に…黄色のお花も入っていますよ。

今日は写真てんこ盛りでお届けしましたが…なんだか黄色ばっかりでしたね(笑)
私の春夏クローゼットイエローチームでした。
今年は頑張ってクローゼットを作り上げるぞ!の年であり、亀の歩みながらクローゼットを構築してきて、春夏クローゼットはとっても気に入っています。

秋冬はまだ手付かずなので、秋冬クローゼットをどうしたいのか…真夏の今からワクワク考えています。
秋冬はどんな色を集めようかなってね(^^♪



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-ファッション
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.