主婦の日記

買うのは簡単、捨てるのは大変

投稿日:

最近こまごまとしたモノしか手放していないなぁ…と思っていたところに、まさかの大物手放しの機会がやってきました。
実際に我が家からなくなるのは、あと半月ほど先ですが。
娘が2歳になり、ベビーベッドが娘には小さくなりました。
ベビーベッドを手放すのに、近隣のリサイクルショップを検索してみるも取り扱いしている店舗が1店舗しかなく、しかも出張買取の対象外だった!
”ベビー”と言えど、ベッドです。
それなりに大きいのです。
だから、それを解体して、車に乗せて、ショップへ持ち込むのは一苦労。
と言うか…我が家の車に入るだろうか?
夫がいるときにやるとしても、一人は娘と一緒にいなければならず戦力外。
つまり、売ろうと思えば夫が解体して何往復もして車に積み、(積めない可能性もある)、ショップの駐車場から何往復もしてレジまで持っていくということになる。
しかもその1店舗しかないリサイクルショップは独立店ではなく、スーパーやいろんなお店と併設されているので、駐車場からレジまではエレベーターを使っていかねばならないし。(駐車場から往復して持っていくのがとっても大変)
平日はどうかわからないが、土日のリサイクルショップは人が多く買取も長蛇の列。
ちょっと現実的ではないなぁ。

うーん。メルカリや粗大ごみで処理することを考えつつ、娘は布団デビュー。
ずっと日本にいるのならシングルベッドかなぁと思っていたのだけど、来年は海外転勤が濃厚・・・
ということで、ベッドよりも嵩がなく持ち運びに便利?な布団にしました。
すると、ベビーベッドと言う囲いが無くなった娘は、寝かしつけの際に親のベッドにもぐりこみに来るようになる。
囲いのない親のベッドで寝られると、親の寝るスペースが狭くなるのはもちろんですが、娘が落ちる(寝相が悪いから)のが目に見えているので、毎晩ベッドに上りたい娘と布団に戻したい私の攻防戦です。

大人のベッドを壁にくっつければいいかしら?とも悩みましたが、海外転勤濃厚のため、親の私たちも最終的には布団にする予定だったため、予定を早めて、家族全員布団生活をすることにしました。
さて、ベビーベッドよりも悩むのがダブルベッドの処分です。
ダブルベッドとなるともう買取してくれる店舗はゼロですし、粗大ごみに出すとしても、玄関を抜け、マンションの階段を降り、ゴミ捨て場にもっていかねばなりません。
ベッドの位置を変えるのも夫と二人でぎりぎりだったのに、二人でゴミ捨て場まで運べないと判断。
どうしたものか…

と悩んだ挙句、最終的にお金を払って業者に来てもらい引き取ってもらうことになりました。
ベビーベッド、ダブルベッド(ついでに夫が独身時代から使っていた大きめのテレビ台とベビーカーも)の引き取りとサービス料で約2万円。
あっちこっちの業者に見積もりを出せば、もしかしたらもっと安いところもあったのかもしれませんが、それも面倒で最初に見つけた会社にそのまま依頼しました。
大物は手放すときが大変だなぁと骨身にしみたのでした。

これからは布団生活ですので、大きいと言っても一人で運べるレベル。
いざ手放しの時も今回ほど大変にはならないはず(布団の上げ下げと言う家事労働は追加されましたが…)。
今はまだ布団とベッドどちらもあるので、とっても部屋が狭いですが引き取り後はかなりすっきりするのでは?と期待しています。

買うのは簡単、捨てるのが大変というのは本当ですね。




にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦の日記
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.