主婦の日記

妊娠性アトピー奮闘記(脱保湿編)

更新日:

脱ステロイド中のヘアケアに続きましてスキンケアについても話したいと思います。
「脱ステロイドをしてからあまりの痒さに1日中保冷剤が手放せなくなりました。
特に痒いのは、お風呂の後です。
お湯で乾燥するうえ、体温も上がり痒い。
そして・・・濡れていると痒い。」というのは前回のヘアケアの記事で申しました通り。

そんな痒いお風呂上りに追い打ちをかけるのが、保湿剤です。
脱ステロイドをする前は、お風呂上りにステロイドとヒルロイドと言う保湿剤を塗っていたのですがその時がまた猛烈に痒い。
これはヒルロイドが私に合わないんだ!と思っていたのですが…今まで使っていた保湿剤でも脱ステロイドをして人生最大に傷んでいる肌には痒かった!
それでも保湿は大事だと思って、せっせとクリームを塗っていたのです。
ネットで口コミなどを見たりして、このクリームがダメならこれはどうだと、乳液タイプならどうだとあれこれやったわけですが、どれも合わなかった。
ちょっと痒いな程度がましなくらいで、つけた瞬間ヒリヒリと痛いものも沢山あった。

ちなみにまだ出産する前は保湿剤を使ってもかゆいばっかりだったので、ワセリンだけでしのいでいた時期もありましたが、ステロイドとヒルロイドを使用し続けるうちにワセリンだけではなく、すっかり保湿剤を塗るのがいつの間にか定番になっていました。
皮膚科でも毎回しっかり保湿してね!と言われていましたしね。

そうやって保湿剤をあれこれ試したり、「使い続ければよくなるかも・・・」と使い続けたりしながらも塗っている間肌は一向に良くなりませんでした。
そんな私が脱保湿へ乗り出したのは、ネットでアトピーについてあれこれ探していた時に脱ステロイド推奨している阪南中央病院では、ステロイドとともに保湿もしないというのを知ったからです。
そこでの指導は大まかな点ではステロイドを塗らない、保湿しない、食事制限はなし、良く運動することと言うことでした。

その阪南中央病院での治療方針を知ったのは、脱ステロイドを始めて1か月ごろ。
一番のピークでした。
脱ステ開始して悪くなっていく一方の肌を見て、「急に治るわけがない。もう少し様子を見よう」ということは頭でわかっていても、次の瞬間には「やり方がダメなのかもしれない。石鹼にしたほうがいいのかも。あれを食べないほうがいいのかも。これを食べたほうがいいのかも…」と疑心暗鬼になるのです。
そんな時は、少しでも希望の光が見える情報があれば飛びつきたくなるもの。
実際阪南中央病院では何人もの方が快方されているので、脱保湿に踏み切りました。

脱保湿とともに始めたのが散歩です。
「こんな顔誰にも(道行く知らない人にも)見られたくない」と閉じこもっていたのですが、阪南中央病院の治療方針の1つ運動のため、1,2か月ぶりに意を決して外に出るようにしたのです。

保湿をしないということは、日焼け止めも塗らないということ。
入浴後の保湿なし、外出前の日焼け止めなしの生活なんて私の今までの人生では考えられないモノでした。
私は元々アトピーで肌が弱かったので、物心ついたときから日焼け止めも保湿剤もばっちりな子だったのです。(母はステロイド反対派だったのでステロイドは塗っていませんでした)
だから「本当に日焼け止めも塗らなくて大丈夫かしら?」「老化が進む!」と不安はいっぱいありましたが、老化よりなにより今はアトピーでひどい肌を治すことが先決だと思いなおして、脱保湿を続けました。
それが良かったのか脱保湿と運動を始めて少し経つと、肌が少しずつ回復してきました。
ちゃんと回復してきたなと思えたのは、脱ステロイド開始から3か月たったころです。
脱保湿からは1、2か月くらいでしょうか。

ちなみに脱保湿中は、タモリ式入浴をしていました。
これもネットで調べた方法で、タモリさんや福山雅治さん、ローラさんなど著名人の方も実践されている方が多いらしい入浴法で、石鹸などを使って洗わず、湯船につかるだけでよいというもの。
石鹸などでしっかり洗わなくても、湯船につかるだけで汚れは落ちるんだそうです。

しかし人間と言うのは強欲なものです。
回復してきたとはいえ、肌がつるつるピカピカと言う訳ではありません。
落屑がほとんど収まって、赤味がだいぶひいただけ。
妊娠性アトピーになってから、数えきれないほど掻いてきた肌はすごく老けて見えました。
これだけ良くなったのだからそろそろ保湿剤使ってもいいかしら?とそう思ったのです。
艶のある肌を目指して、せっせと塗っていましたら…保湿を再開して1か月もしたころ再び肌が悪化してきました。
顔周りが特に痒く、落屑もまた出るようになったのです。

これは保湿をぬったからか?と9月になって再び脱保湿を始めました。
脱ステロイドを始めた時ほどではありませんが、リバウンドのようなものを感じました。
保湿を辞めたとたん、ぶわっと症状が噴き出してきたのです。
その肌の変化を目の当たりにして、私が思ったのは娘のことです。
娘はアトピーではありませんが、毎日保湿クリームを塗っています。
こんなにひどい症状が出るなんて、アトピーでなくても保湿剤と言うのは肌に悪いのではないだろうか…そんな気がしてきたのです。

その後脱シャンプーの時に読んだ宇津木さんの本を読みまして、保湿剤は肌に負担がかかることを知りました。
今は娘も脱保湿です。
ちょうど娘はひじ裏、膝裏にあせものような症状が出ていたのですが、今は徐々に回復しています。
実はこのあせものような症状は今までも何度かあって、その時はクリームを塗ってその上からワセリンを塗って治していました。
時間はかかりますが、根気よく続けていれば保湿で治っていたので、保湿をやめて治るだろうか…と心配していましたが、だんだん乾燥して治っていく。
塗っても治るが塗らなくても治るのなら…塗らずに自然治癒で治したほうが変なリスクもなく良いと今は思っています。

読んだ本はこちら↓

まだ完全にアトピーが良くなったわけではありませんので、今のところの話ですが。
脱シャンプーも脱保湿も効果はあったように思います。
妊娠性アトピーになって、いろいろ苦労も多いですが、ガラガラガラと自分の中の常識が覆っていくのがすごい発見の連続です。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦の日記
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.