スキンケア

メイクも肌重視で選ぶ!肌のために選んだ石鹼で落ちるファンデ

投稿日:

メイクは、結構苦手な部類です。
ナチュ眉、たれ目メイクなど、メイクもいろいろ流行がありますが、私は全然乗り切れず…
基本ナチュラルメイクです。(←メイクが下手なだけ(笑))

そんな私がこだわるメイク道具ナンバー1。
それがベースメイク。

ベースメイク選んだポイント

メイクが下手なので、選ぶポイントは”肌”感。
肌がきれいなだけで、メイクの意味がある気がします。
たまに、がっつりメイクで目も大きく見えて、まつげも天まで届くようなくるんとしたまつげ、リップもきれいに引いてるのに、肌が残念な方を見ます。
せっかくきれいになってるのにすごく残念。
肌が残念だとせっかくのメイクも浮き気味だし、メイクがさらに肌を痛めてしまうという悪循環。
結婚後肌が急激に悪くなり、スキンケアを気にし始めた私。
その時は、あの手この手でメイクで隠そうとしても隠れない。
最近やっと落ち着いてきたのですが、本当に肌がきれいだとそれだけでプラスだと再実感。
肌に影響あるメイク用品もちょっとずつ”肌”を意識したものに変えていってます。
”肌”を意識したポイントは2つ。

  • 肌へのダメージが少ない成分であること。
  • メイクで肌がよりきれいに見えること。

そこで選んだのが、naturaguracéのファンデです。


ファンデだけではなく、アイライナーとアイカラーも購入しました(^-^)

ナチュラグラッセとは?

ナチュラグラッセを販売しているネイチャーズウェイは、WELEDAを輸入し始めて自然化粧品を日本に取り入れた会社。
その後、自社でも自然にこだわって作られたのが、ナチュラグラッセ。
日本生まれの自然派化粧品なんです。

 ナチュラグラッセのブランド名は「natural」と「glace」の造語です。
「natural」は、100% 天然由来の原料だけをつかった処方、「glace」は
毎日にひとツヤ加えるという意味が込められています。
「natural」な原料でつくったメイクで「glace」な毎日を、という願いを込めた
ナチュラグラッセの商品は、肌にやさしいだけでなく、つけ心地や発色にもこだわった商品で、
おかげさまで多くのお客様にご愛用いただいております。

ナチュラグラッセのHPの紹介がこれ↑
ここで私が良いと思ったポイントが”100%天然由来の原料だけを使った処方”というところ。
メイクをすると、どうしても肌へのダメージが大なり小なりありますが、ナチュラグラッセは100%天然なので肌への影響が少ない。
最近はちょっとしたアルコールでも肌が揺らぐので、100%天然はすごくありがたいです!
もちろん石油系界面活性剤、鉱物油、タール系色素、合成香料、パラペン、紫外線吸着剤不使用です。
とにかく肌への負担を少なくした商品なんです。

ナチュラグラッセの商品には、3つの成分階層があります。

  1. ブランド成分:全商品に配合される成分
  2. カテゴリー成分:ファンデーション、アイメイクなどカテゴリーごとに共通配合されている成分
  3. アイテム成分:各アイテムごとに最適な成分

全商品に入っているブランド成分は、ホホバ、オリーブ、サジーのオイル。
ホホバは、肌馴染みが良く、肌表面を保護。
オリーブもまた、肌馴染みが良く、肌を柔らかくします。
あまり聞かないサジーは、ビタミンEやポリフェノールが豊富。
肌荒れを防ぎます。
そんな肌へのよい成分が全商品に入っているんです。
メイクをしながら、肌への負担が少ないだけでなく、肌にとっていい成分もたっぷり。
ちなみに今回購入したファンデーションカテゴリーに配合されているのは、カシス。
キメを整え、肌を滑らかにする効果があるそうです。

ナチュラグラッセのファンデーション

今回購入したのは、パウダーファンデなのですが、ファンデーションは実は4種類あります。

  • クリアパウダー ファンデーション
  • シルキースムース リキッドファンデーション
  • エモリエント クリームファンデーション
  • クリームバー ファンデーション


使い心地、見せたいタイプによって選ぶもよしですし、色味も結構バリエーションあるので自分に合ったものを見つけられると思います。
今回私が、パウダーファンデにしたのは、私のメイクがナチュラルメイクなので、肌もふわっとした感じのほうが合うと思ったからです。
一般的にリキッドやクリームのほうが艶感が出て、パウダーのほうが軽やかですよね。
また、上の写真よく見ると「石鹼でも落とせます」「ブルーライトカット」という文字が全ファンデーションに入っています。
UV入りはもはや常識ですが、ブルーライトカットはなかなかないのでびっくり。
ブルーライトは目への悪影響ばかり取り上げられていますが、肌にも悪いのでなるべくカットできるならしたいものです。
ちなみに仕上がりは、こんな感じで違います。

ファンデーションの他に、BBクリームとメイクアップクリームもあります。

メイクアップクリーム

実はこのメイクアップクリームとかなり迷いました。
メイクアップクリームとは、1本で化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、保湿美容液、ブルーライトアットの5つの機能が備わったクリーム。
私が購入したパウダーファンデは、やはり下地がないとちょっと肌荒れした時など、肌の凸凹が気になる。
このメイクアップクリームなら1本でいいんです。
今回ファンデーションを選んだのは、まだ肌に隠したい部分がありカバー力を優先させました。
もう少し肌がきれいになったら、メイクアップクリームに変えたいと思っています(^-^)

ファンデーションを購入したらサンプルいただきました!


使ってみると伸びが良く、使い勝手がかなりいい。
BBクリームほどオイリーではないクリームタイプ。

肌がきれいになったら早く切り替えたいです。


楽天でも販売してます(^-^)
これは、私の肌がもうちょっと改善したら切り替えたいメイクアップクリームのトラベルサイズ↓
お試しにもぴったり。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-スキンケア
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.