主婦のつぶやき

幸せになるために一番必要なこと

投稿日:

10月3日に始めた砂糖断ちチャレンジ無事1か月達成しました。
最終達成の暁に食べたのは、チャレンジ期間中に夫が買ってきてくれたお土産のお菓子。
久しぶりに食べた砂糖入りのお菓子は、とっても甘くておいしくて。
けれど、1個で十分満足したのでした。(昔はもう1つ食べたい!と思っていたのに)

最近よく考えることがあります。
幸せになるためには何が必要かという記事はよく見る。
その多くの記事は、ざっくり言うと愛が必要とか、お金が必要とか、時間が必要だとかいうけれど…。
実は一番必要なのは、健康なのでは?と思う今日この頃。
娘のイヤイヤにイライラしてしまうのは、アトピーがひどい日の方が圧倒的に多い。
「私なんて・・・」と落ち込んでしまうのは、生理前だったり、風邪を引いて弱っている時の方が圧倒的に多い。
体調が悪い時は、その日にすべきこともなかなかできずに、自己嫌悪になることもある。

愛があれば何も要らないなんていうセリフもあるけれど。
自分の体の状態が万全でないときは、愛を受け止める余裕もない。
心配してくれた言葉をうっとうしく感じたり、楽しいひと時だって頭が痛い、お腹が痛い、痒い…という不調の方に気がとられて、楽しみ半減。

お金だってそう。
いくら大金持ちでもすべての体の不調を治すことはできない。
たくさんお金を持っていても風邪の時はだるくて食欲がなくなり、どんなに高級で美味しいご飯も美味しく感じない。

時間がたっぷりあったとしても。
重い病に臥せってずっと病院のベットの上ならば、多少忙しくても普通に暮らせるほうがきっと幸せに思うだろう。

愛もお金も時間もあったほうがもちろんいいし、素敵なことだけど。
それを素敵なことだ、幸せなことだと感じられるのはきっと…健康だからだ。
私は今アトピーがひどいというだけで、ベットの上で安静にしなければならなかったり、手術が必要だったりするようなすごく重い病に臥せっているわけではないけれど、それでもこれさえなければ…と思うことはたくさんある。

きっと多くの人が重い病でなくとも、お腹を壊しがちだったり、低血圧で朝が起きれなかったり、貧血でよく倒れたり、頭痛もちだったり、生理痛がひどかったり、逆流性食道炎でむかむかしたり…何かしら不調を抱えていて。
忙しい現代では、そういうちょっとした不調に目をつぶって、一生懸命働くけれど。
「健康」は幸せになるための基盤みたいなもので、愛だとか、お金だとか、名誉だとか、自由な時間とか、そういう様々なものは、基盤がしっかりあってこそなのだろうな。

とはいっても自分ではどうにもできないこともある。
気をつけても病気になるときはなるし、治らないものは治らない。
けれど、自分にできる範囲で健康に気遣うことが一番幸せの近道なのかもしれない。
・・・ということは、娘の幸せのために私がしてあげられる一番のことは、当たり前だけどちゃんと食べさせ、ちゃんと寝させて、程よく運動させることなのかも。

当たり前のことを当たり前に…ですね。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.