家計

危険な家計管理

投稿日:

3月は環境が変わることも多いし、自分の家の見直し、家計の見直し、洋服などの持ち物の見直しにもってこいの季節。

4月からスーツのいる夫。
今までもスーツが必要なときはあったけれど、毎日は必要なかった。
けれど4月からは毎日スーツ生活。
スーツといえば、1着どうしても数万円する。
1度着用したら、2日ほど風通しするから、今ある2着(春夏用)のスーツだけでは絶対的に足りない。
そこで今日は3着春夏用スーツを買い足し。
もちろんネクタイなども。
きっと秋ごろ寒くなる前に、秋冬用のスーツも3~4着、いや4~5着必要かも。
年間通しても中々の出費である。

でも、私は慌てない。
いや心の中は一瞬「全部でいくらの出費になるの!?」と慌てふためくけれど、落ち着きを取り戻す。
それもこれも、結婚してから少しずつ培ってきた我が家の家計管理のおかげなのかも。

まず、毎月の出費はもうだいたいわかる。
通信費は携帯電話代とwifiで7,000円位、日用品は4~5000円っていう感じで。
大体の項目ごとの平均がなんとなくわかるようになってきた。
だから…イレギュラーを除けば月にいくらあれば家計が回るのかもうわかる。

もう1つは、総資産も知ってること。
何処の口座に、およそいくらくらいのお金があるかわかる。
幸い我が家は、マイホームもなくローンなし。
株などの投資も今現在流行っていなくて、管理は預貯金のみとかなり簡単なのだ。
だから…いざという時にいくらまでなら耐えられるかわかる。

最後にもう1つ。我が家は予算を作っているのですが、予算作成時にありとあらゆる可能性…未来の出費をイメージしてる。
だから、今回のスーツ代も絶対今年…とは確信していなかったけれど、近い将来あるかもなと予想していた。
夫の仕事が転勤がある、職種も変わる。
そうなれば、いつかは引っ越しがあるかもしれない、いつかはスーツが必要になるかもしれないのだ。
だから実は今年は引っ越しするだろうという前提で、引っ越すなら引っ越し費用はどうやって賄うかなんて話も夫としていたのです。

逆に言えば、この3つができていないと危険な家計管理になりやすいのではないかな。

  • 毎月の支出の把握
  • 総資産の把握
  • 未来の出費予定の把握

毎月の支出は、もし今お金に余裕があって家計改善が必要なければ、項目ごとの詳しい支出は把握しなくてもいいのかもしれない。
それでも、「毎月ざっくりどれくらいのお金がかかっているのか」それがわかっていないと、じわりじわりと気付かぬうちに貯金が目減りすることもありそう。
家計を改善しようと思えば、項目ごとの支出もぜひ把握したい。
ダイエットでも、レコードダイエットというその日食べたものを書き出していくダイエット法がよく用いられるけど、私たちは無意識のうちにいろいろなものを食べてしまっていたり、習慣になってしまって、何も問題意識のないまま無駄遣いをしてしまっていたりする。
「家計簿なんて書かなくていい!」というのが昨今流行りの家計管理なのか、雑誌の特集などでも封筒管理法など、ざっくり管理の特集が多いように思う。
私はあまり家計簿をおろそかにするのは、いざという時、危険かなと思う。
今の収入ならバランスがとれていても、今後収入が下がる可能性だって、今の日本なら余裕である。
そんな時、急に支出を落とそうと思っても、何にお金がかかっているかわからなければ・・・むずかしいと思う。

総資産だって、知らない人が多い。
実はわが家も結婚してすぐにお金の整理整頓をしたのだけど、使ってなかった口座から何十万もの貯金が発掘された。
このお金は、全然管理されてないお金。
貯金だったからよかった。
でもこれが、何かの支払いだったら?
初月無料(翌月から勝手に有料プランに移行するもの)で解約し忘れて、知らぬ間にお金が何か月にもわたって引き落とされていたり、持っていた株が実は大暴落していたり。
管理できていなかっただけで、貯金が減っている可能性だってある。

未来のお金だってそう。
我が家の場合今回はスーツ代くらいだけれど、(厳密にいえばもうちょっといろいろあるのだけど…)例えば子供がいれば、中学になったら塾に行きたいと言い出すかもしれない。
そういうことを全然考えずに、いざその時が来て、子供のために塾を行かせていたら、貯まっているはずだった大学費用が足りないかもしれない、老後が心配かもしれない。
未来に使うかもしれないお金全部を貯金するという話ではなく、いつ、どういうお金が発生しうるか。
それを考えて、発生したらどうするのか、何処からお金を出すのかそういうことをイメージするのが大切なのだと思う。

塾にも行かせたいし、大学にも親の金で行かせたいというのであれば、習い事の数を絞るとか、その他生活全体で削れる出費がないか考えるとかできる。

一番危険な家計管理は、投資に手を出すことでも、クレジットカードを多用することでもなく…自分の使っているお金、稼いでいるお金のことを知らないこと、考えないことなのだと思う。
昔は私も家計簿はいらない派だったのですが、ここ2年ほどしっかり家計簿をつけて、予算を立てて家計管理してきて、考え改めた今日この頃です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-家計
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.