主婦のつぶやき 家計 母のつぶやき

コロナとお金の不安の正体

投稿日:

先日娘は初めての予防接種でした。
右腕、左腕、右足と注射をして、経口摂取のワクチンを飲んで…
頑張りました!

私が出産したころは日本でも少しずつコロナ感染者が出てきたころでした。
よくわからない未知のウイルスということ、初めての育児でわからないことだらけの毎日。
まだまだ感染者も少なく、すぐ収まるだろうという雰囲気がありましたが…わからないことだらけで、とにかく娘に感染したらどうしようと不安になっていました。
その頃は感染した時の症状も今ほどはっきりわかっていなかったし、どういう人が、どういうところで感染しちゃうのかもよくわかっていなくて不安でした。

今はその時に比べるとかなり感染者数も増えて、連日自粛要請を聞きますし、経済にも大打撃で、中国と日本、韓国などのアジア圏からヨーロッパやアメリカでも感染者が爆発的に増えて、すごい混乱になっているのですが…
何故か私の心は少し安心しているところがあります。

出産したばかりのころ、まだ感染者が少なかった頃は本当に未知のウイルスだった。
けれど今は…外出を自粛して、感染拡大を防げば収束することも、トイレットペーパーが品薄でないことも、医療が足りていないことも知っている。

医療が足りないことは不安材料ではあるけれど、足りるか足りないのかわからない状態よりも…足りないのだと知っている方がずっと安心というのは変な話です。

でもこれって、多分みんなそうなのだと思います。
昔記事にも書いたのですが…結婚したころなんだか漠然とした不安がありました。
もし景気が悪化したらやっていけるのかしら、もし夫が働けなくなったらどうしたらいいの?とか、急に結婚式など物入りになった時に「我が家の家計大丈夫?」と焦ったり…

けれど、夫から家計簿をつけてねと言われて、しぶしぶつけ始めた家計簿が私の不安をじわじわ解消してくれました。

家計簿つける理由は不安が解消されて、未来が楽しく思えるから!

コロナと一緒で、何にどれくらいかかっているか、1か月いくらあれば過ごすことができるのか、今後数年で大きな出費はいくらくらい使う予定なのか…
そういうことがわかっている。

我が家は夫が働き、私は専業主婦で、生まれたばかりの娘が1人。
夫は会社経営だとか医者だとかそういう高額収入の職種ではなく、普通のサラリーマン。
共働きが一般的な今の世の中、世帯収入が決して高いわけではありません。
だからあれやこれや将来不安になっても、仕方のない状況なのだと思うのですが、家計簿をつけてから不安は激減。

もし何か思いもかけない事が起こって、夫が働けなくなったり、転職したいといったとしても今の貯金で何か月耐えられるのかわかる。
その何か月の間にどう対処するか考えられる。

そう思えば不安もだいぶ軽くなるのです。
どれくらいのお金が自分に必要なのか、足りているのか、足りていないのかわからなければ、なんとなく漠然と不安です。

けれど今いくら貯金があって、1か月でどれだけ使うかわかっていて、将来どんな大型出費があるかわかるなら、何が不安なのか具体的にわかる。

コロナもお金も「漠然と」「なんとなく」「わからないから」不安というのが一番不安ですね。

コロナも今後もっともっと解明されて、ワクチンもできたら…その頃生まれた子供は予防接種がまた一つ増えるのでしょう。
今娘が打ってる予防接種も今のコロナみたいに、昔多くの人が感染して、なんとか感染しないようにと試行錯誤し、やっとワクチンができて。
適切なワクチン接種時期はいつなのかとか解明されて、そうしてギャン泣きしながらも何回も注射を打つことで、病気にかかる人がぐんと減り、かかったとしても重症になりにくくなった。

早くコロナもその段階になればいいな。

注射を打つその期間は、子供は、そしてそれをそばで見る親も大変ですが、そうやって何回か注射を打つことで病気を防いできた。

今回のコロナで社会に病気が蔓延することの心細さ、今までの当たり前の生活が一変することを知った。
ワクチンを打つ、打たないはいろいろな意見があるかと思いますが、より一層ちゃんと予防接種を打とうと思う。

未知の病気を解明し、多大な努力をかけてその対策(ワクチン)を作った先人たちに感謝しながら。
来月も予防接種。
またギャン泣きするだろうな、こんな小さな体に何本も注射を打つなんて…という思いもあるけれど、頑張ろう。頑張ろうね。

みんなが今後病気にかかる人をなくしたいと頑張って開発してくれたワクチンなのだから。

あれ?なんだか予防接種から家計から、ワクチン開発まで話がとびとびになってしまいました。
本当はお掃除の話をする予定だったのにな。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-主婦のつぶやき, 家計, 母のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.