ヘアケア

素敵な黒髪でいるための条件とは?

投稿日:

今日は朝から窓磨き。
すっきり洗剤をシュシュッと窓に吹きかけて、ウエスでさっと拭きとるだけ。
すっきり洗剤についてはこちら→2種類の万能洗剤で家を丸ごと掃除できちゃう!
簡単♪
気づくと汚れている窓。
先日は鳥が窓に激突したことだし、掃除しなきゃと思っていたのです。
それがなんだか数日ずるずると放置してしまっていた…
そんな後回しされていたタスクを今日こそは!と思って、洗濯物を回している間にふきふき。
いつもやり終わった後に思うことですが、ちょこちょこっと拭くだけなのだから、こんなにきれいになるのだから、さっさとやっておけばよかった(笑)

窓ふきに限らず、私は結構めんどくさがりで毎日しない掃除はついつい数日後回しにしがち。
数日たって、これじゃいかん!今日こそやるぞ!とやってみると、そんなに大した労力かからなくてもっと早くやっておけばよかったと思うことのなんと多いことか。
すぐやるって大事ですよね。

さて、今日はまたまた黒髪の話です。

艶のない黒髪は、疲れ切ったオバサン

さて、先日もうヘアカラー飽きた、黒髪に戻したいというような記事を書きました。
その時の話→もうそろそろヘアカラーに飽きたのだ。

黒髪に戻そうと思っている私が最近特に丁寧にやっていること。
それは…基本に立ち返ってシャンプー&トリートメントです。
全然関係ないけど…クレンジングでシャンプーするのがよいらしいというのをネットで見たのだけど、本当だろうか。
確かに普通に毎日シャンプーするのは、洗いすぎで髪を痛めるというのはよく聞く話。
だが、そのダメージを抑えるためにクレンジング!まだ勇気が出ず試せませんが、気になります(^-^)

入浴前にタングルティーザーでしっかりブラッシング。
そのままお風呂に持って行っちゃって、バスブラシとしても使っちゃいます。

しっかり予洗いしたのちのシャンプー。
やはりブラッシングした後に予洗いすると泡立ちが全然違う。
トリートメントもただつけて流すのではなく、髪の中央から毛先にかけてしっかり塗り込むようにつけて5~10分浸透させる。
その浸透させている間は、お風呂場の床や壁を磨いたり、半身浴したり、フットグルーマーを使ったりその日によってまちまち。
フットグルーマーって何?って方はこちら→所さんもびっくり!話題沸騰のフットグルーマーグランを使ってみた

しっかりタオルドライして。
今までは、タオルドライといってもまだまだ水気がある段階でドライヤーってこともあったのですが、ドライヤーの時間が長くなりダメージになると思い、しっかりタオルドライするようになりました。
で、ブラッシング。

そしたらば…昨日夫に髪の毛褒められました~!!やった( *´艸`)

なぜ、黒髪に戻すとシャンプー&トリートメント頑張らなきゃいけないかというと…艶ですよ。
カラーすると、どんなにダメージがあってもある程度艶が出ませんか?
プリンになる頃にはすっかり退色して、艶もなくなって、ダメージ丸見えなぼさぼさ髪に。

つまりです。どんなにダメージがあっても、プリンになる前に美容室に通って定期的にカラーしていたら、そんなに髪のこと気にしていなくても、適当なシャンプー使っていても、見た目にダメージはわかりません。
引っ掛かりやすかったり、切れやすかったりはするだろうけれど、パッと見た感じでダメージはわかりません。

同じダメージ状況で、プリンになるまで美容室に行かなければ…艶もなく、まとまりもなく、ぼさっとしていて、もうそれは疲れたオバサンに。
どんなに若くても、やつれたオバサンに見えてしまう。

黒髪に戻すということは、こういう定期的にカラーを受けることでなぜか出てくる艶がないということ。
ちゃんと自分でケアしないと艶なんか出ないってこと。
まぁちゃんと全部がバージン毛になったら、ダメージも少ないのでそこまで必死にケアしなくても大丈夫なのかもしれませんが、艶がない黒髪は老けて見えてしまう現実。
疲れ切ったオバサンに見えてしまう。
だから黒髪したいんだったら、しっかりケアしましょう。ってことです。

黒髪に戻したいと思って、洗顔後など鏡に映る自分の顔を見て、自分の今の髪が黒髪だったら?と想像してみました。
最初はまぁいいんじゃない?と思いました。
今暗色カラー流行ってるし、昔私も就活の時はほぼ黒髪なんじゃないかという位の暗色カラーしたことがあり、その時も別に変じゃなかったし。と。
今私はちょうどプリン状態なので、もともとの髪の色が想像しやすい。
根元部分と同じ髪色で、毛先まで黒くもう一度想像してみる…ん?オバサンに見えないか?

そう、最初にイメージしたのは、暗色カラーのような黒髪。
カラーリングによる黒髪は、カラーの魔法で勝手に艶やら透明感があるわけです。
が、私の頭にあるもともとの髪色は、ダメージもあまりないけど、艶もそんなになく…

シャンプートリートメントを今のものに変えた当初は、しっかり時間もかけてシャンプートリートメントしていたのに、いつの間にかササッと適当になってしまっていました。
特にトリートメントはちょっと時間を置かないとなかなか効果は薄いもの。
だから最近の乾燥もあって、ちょっぴり艶が薄れていたのです。

暗色カラーの黒髪とは同じ黒髪でも、艶のないバージン毛の黒髪は雲泥の差!
ちなみに黒髪戻しの黒髪も暗色カラーとは雲泥の差!就活とか一時的に黒にするのは私個人的には黒髪戻しではなく暗色がいいな~と思うのです。
黒髪戻しの黒髪は、青っぽいというか、黒すぎる。

それでこの1,2週間しっかりシャンプー、トリートメント頑張ってきたわけです。
今はまたつやつや~っと天使の輪ができてきました( *´艸`)

重くてやぼったい黒髪は中学生

さて、次に私の不安は黒髪は重いのではないかということです。
重量ではなく、見た目が重くてやぼったく見えないかと。

しかも私はボリュームがあるので、本当に重くなりがち。
見た目も実質も重くなってやぼったくなった黒髪は、たとえ艶があってもそれは…中学生。
まだまだ色気も何もない、部活に明け暮れてる中学生。

だから!カットに行くタイミングはカラーやっていないからと言って、プリンにならないからと言ってさぼれない。
少しでもカットに行くタイミングが遅れれば、カラーしている髪なら「ちょっと重くなってきたかな~」程度だが、バージン毛の黒髪なら「やぼったい」になるのだ。

1か月半~2か月くらいのタイミングで美容室に行くのがよさそう。

もしくは、仲間由紀恵さんのような段をつけない完全ストレートか…ただ私は多分似合わない。
そして見た目以上に本当に量が多くなってるから、やっぱり定期的なカットなしにあの素敵な髪型は手に入らない。

プリンにもならないし、お財布にも優しい黒髪ですが、これはこれでなかなか難しいですね。
いろいろ黒髪に戻した方の口コミなんかを見ると、やはりお財布に優しいとか白髪染めする年齢になったらどうせカラーするから黒髪を楽しめるうちに楽しむとかいう声がちらほら。
白髪の件は考えていなかったけれど、確かにその通り!黒に戻すなら今しかない!

その一方で、老けた、子供っぽくなったという声も。
大学生以上の女性は染めている人がほんとに多いから、そう思ってしまうというのもあるだろうけど、やっぱりその原因は艶と髪型の崩れではないかなぁと思うのです。
それ以外でもあるのかな…老けて見えちゃうマジックが。
黒髪にしたいけど、老けたくはないし、中学生にもなりたくない!

とにかく!素敵な黒髪の女性になるには、艶と髪型は必須条件であることは間違いない。
がんばろ…

 

 

 

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-ヘアケア

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.