ヘアケア 主婦のつぶやき

なりたい私の作り方

更新日:

重たいものを捨てました。
それが、髪の毛。
アトピーがひどくなって、またも人に会いたくない気持ちになっていました。
そうやってなるべく家に引きこもっていたら、美容室に行くタイミングを逃し、なんと半年たっていました。
髪の毛を切ってもらった後は、とってもとっても軽やか。
それは、頭が軽くなったという実際の重さもそうだけど、心もなんだか軽くなったようで、行動も早い。

お洒落したいなっていう前向きな気持ちもむくむく。
ただ髪を切っただけなのに、それが心と行動に作用する。
軽やかに生きたければ、軽やかな髪で。ですね。

私は以前「外見で判断してはいけない」と思っていました。
それでも外見で判断しがちな自分を「あぁダメだなぁ」と思っていましたが、そうじゃない。
内面は外見に現れるし、外見に内面も引っ張られる。
軽やかにいたければ、いくらありのままの自分だとしても平安時代よろしくの重たい髪の毛ではだめなのです。

アトピーがひどくて、鬱々としていた時私の髪はとっても重たい髪の毛だったのですが、あの時人目を気にせず髪を軽やかに切ってもらっていれば、いっそ髪の色も思い真っ黒ではなく、柔らかな髪色に変えれば、気持ちも幾分和らいだのかもしれない。

もうヘアカラーに飽きた!と黒髪に戻すことを決意したのが4年前。
もうすっかり真っ黒です。
今はまだ頭皮にもアトピーがあるので、結果的にカラーは断念していますが、最近はアトピーさえ落ち着いたらカラーしたいなと思い始めています。
きっかけはヘアカラーに飽きたことから始まった黒髪でしたが、グレイヘアの流行なども見て、だんだんありのままの自分で自然に年を重ねられたらなという気持ちも生まれました。
だから、ちょっぴり意地になって黒髪を続けていたところもあるのかもしれません。(黒髪に戻すのに費やした時間も結構長いですしね…)

ここ最近はっきり自覚したのですが、やっぱり黒髪の私は重いのです。
私は身軽な私になりたい。
「自然に年を重ねられれば…」なんて言いつつ、やっぱり「年取ったね…」と言われるよりいつまでも若々しくありたい。
そんな欲張りなのが私でした。
ありのままの自分が理想の自分ならば、それはとても喜ばしいことだけど、ありのままの自分に違和感を感じるなら、もっとなりたい自分があるのなら、それに向かって努力してもいい・・・はず。

たかが髪の話ですが、されど髪なのです。
以前何かの本で読んだのですが、漫画家さんは、先ずキャラクターの髪を決めるそうです。
髪型(色、形)でそのキャラの性格を表しているんだとか。
それだけ人に与える印象が髪は強いのでしょうね。
以前ネットの記事でも読みました。
何かと絡まれやすいと感じていた方が思い切って金髪に変えてみたそうです。
髪型を変えただけなのに、からまれることがなくなったとか。

内面は外見に現れるし、外見に内面も引っ張られる。
だから・・・なりたい私になりたければ、先ず髪から変えるのがいいのかもしれません。





にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-ヘアケア, 主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.