ファッション

まずはベーシックニットをそろえよう

投稿日:

今日は秋冬クローゼットのお話です。
私のウキウキを表すかのように写真多めの記事になりました。
春夏クローゼットを作ったとき同様、悩みに悩みましたがついに2着ニットを購入しました。

春夏クローゼットを作る記事をお読みになった方には、「やはりか」と思われるかもしれませんが、ブランドは、GICIPI。
“化学繊維は使わない。地球や人に優しく”がポリシーのブランドで、材料の調達から、型紙、裁断、ニッティングも縫製も、出荷も自社でこなしているイタリアのブランドです。

自社で一貫して作っていることもこの化繊を使わないというポリシーも、そして出来上がった服も気に入っているブランドですので、当然の成り行きと言えば当然ですね。

GICIPIのブランド紹介はこちらの記事でしております。

それでは秋冬クローゼットに1番乗りした服を紹介したいと思います。
まず1着目の色は黒!

細めのリブがいい感じの首元です

まだ妊娠性アトピーが治っていないとはいえ、一時期はすごい落屑の量だったのが、ほんのわずかになりました。
それでようやくトップスも黒を選ぶことが出来ました。
さすがに落屑がひどい時は…仕方ないとはいえ何となく汚らしく見え、黒NGにしていたのです。
治る見込みを感じられないと嘆く日も多いけれど、少しは良くなったのかな。

そして服の形はタートルにしました。
少し前ならばタートルネックなど、私の中では完全にNGの服でした。
それは首が詰まっているから。
首が詰まっている服は似合わないし、窮屈だ…そう思っていたのです。
しかし春夏クローゼットの際にGICIPIと出会って、全然窮屈に感じない事と意外と似合うことに驚いた。
それは私の体がや顔の造作、肌の質感が変わったこともそうだけど、多分パターンの違いなのではないかと思っている。
GICIPIの服と同じような服はたくさんある。
奇抜なデザインではない、ベーシックだからこの世には星の数ほど同じような服があるけれど、ちょっとしたパターンの違いで、素材の違いで、編み方の違いで…こうも差が出るか!と感じる。
これがベーシックの楽しみなのだと思い始めたこの頃です。

昔から服は好きだったけれど、「本気で」クローゼットつくるぞ!と思った今年1年の方が、今までの人生よりずっとずっと学び多く、楽しいです。
何でも「本気」が楽しいんですね。

GICIPI ANANAS Nero サイズ1


程よくぴったりとしたシルエットながら、全然苦しくないタートルネックでした。
サイズ展開はサイズ1のひとつのみ。
春夏で購入したノースリーブニットソーOPALEも同じくサイズ1だけでしたが、ちょうどぴったりだったので、サイズに関しては迷わずに買うことが出来ました。
実際届いて、袖を通してみるとOPALEと同じく程よいフィット感でとても気に入りました。

今回購入したのは、ANANASという名がついているタートルネック。
GICIPI2021AWにはサイズ感の大きいTIGREというのもあり、迷ったのですがサイズ感がコンパクトなANANASにしました。(TIGREは同じ素材、カラー展開でサイズは3と4の2展開です。)
というのも、前回OPALEを購入した時に首が詰まった服はコンパクトなタイプの方が似合うのかな?と思ったからです。

左TIGRE、右ANANAS
左のTIGREはサイズが大きい分肩の落ち感がありゆったりと、右のANANASはピッタリのサイズで着られます。
サイズの違いで結構印象が変わります。
GICIPIの公式HPでは、TIGREはMENSカテゴリーにあります。

素材も綿とカシミア混紡のPOMODOROやシルクとウール混紡のCAROTAもあり、悩みました。
娘が生まれてさらに長時間のお出かけがなくなったこと、エアコンが常時適温に保たれていることを鑑みて、綿100%のANANASにしました。

綿100%ゆえ、秋冬のみならず、春先まで使える。
フィット感があるので、1枚でも上から何か羽織っても使える汎用性の高さ。
そしてなにより綿100%とは思えぬとろんとした柔らかさが気に入っています。

あぁ早く秋にならないかなぁ。

2着目のニットは、クルーネックです。
サイズ3を買いました。

こちらもGICIPI公式ではサイズ1がFRAGORAという名称でレディースに、サイズ3,4,5はLUPOという名称でメンズにカテゴライズされています。
タートルネックのANANASとTIGRE、クルーネックのFRAGORAとLUPO。
名称は違えど、同じ形。
だから公式HPではMENSにカテゴライズしているTIGREとLUPOはユニセックスに着られる優秀ニットですね。

GICIPI LUPO Panna サイズ3

こちらもタートルネック同様綿100%なのですが、本当にとろけるような肌触り。
春夏に買ったノースリーブニットソーのOPALEも綿100%でしたが、鹿の子編みなのでサラッとした感触でした。
こちらはこっくりとろける様なニットで、包み込まれているような感触が秋冬にピッタリ!

タートルネックもそうですが、気に入っているのは袖口です。
肩や身幅にゆとりがあるサイズ3でありながら、袖口はぴったり!

サイズが大きいのでだからワンピースの上に着ても◎
素材も綿100だから、まだ少し暑さも感じる秋口はこんな感じもいいかも。
とはいえ、今日は35度!暑い!

細リブなので、キュッと袖をまくっても落ちてこない。
以前購入したRopeのフリンジカーディガンはこの袖口のリブがゆるく、家事をしている時にストーンと落ちてきてしまい、その点は失敗だったなと思っていたのです。(デザインは好きなんですけどね)

こちらのサイズは悩みました。
サイズ1は買ったことがあったのですが、サイズ3,4は未経験。
お店の画像には、サイズ4を素敵に着こなしているモデルさんが映っており、しかもサイズ4は売り切れているカラーもあり、サイズ4の人気を感じました。

何だか人気そうだしサイズ4がいいかなぁと悩みましたが、このモデルさんの身長が168cmと私より10cmも高いことを考慮して、サイズ3に。
結果…サイズ3でちょうどよかった!
きっとサイズ4だと大きすぎたはず。

158cmの私がサイズ3を着るとこんな感じ。
ちょっとぶれてる!

気になる肩の落ち感もこんな感じ。
サイズ3でこれだけゆとりがあったなら、サイズ4はきっと大きすぎだ。

肩のルーズな感じも良いけれど、肩や身幅がゆったりなのに袖、首元まで大きすぎでダルダルになっていないのが気に入っています。
そこまでゆとりがありすぎると、ゆったり…というよりだらしなくも見えますものね。

今回もGICIPIの服に大満足です。
とはいえ、この服の真価がわかるのはこれをしっかり着倒すこの秋冬を越えてから。
だから…早く秋にならないかなぁ。

3着からスタートの秋冬クローゼットに2着追加して、私の秋冬クローゼットは5着になりました。
まだまだ少ないですね(笑)
今回買った服の色は白と黒なので、色の数は増えず3色。

  1. スカート:GRANDMA MAMA DAUTER チノ 黒
  2. スカート:NOLLY'Ssophi プリーツ ベージュ
  3. パーカー:dressteria 白
  4. ニット:GICIPI コットン クルーネック 白
  5. ニット:GICIPI コットン タートルネック 黒

そうそう。
この服のいいところがもう1つありました。
綿とは思えぬ柔らかさですが、綿なのです。
だから・・・お値段が高くない。

タートルネックは¥7,480(税込)(2021/9/1時点)↓
ANANASはサイズ1、TIGREはサイズ3,4を取り扱っています。
カラーはANANAS、TIGRE共に私の購入したNERO(ブラック)のほか、PANNA(オフホワイト)、CIOCCOLATO(ブラウン)、NAVY NOTTE(ネイビー)の4色です。



クルーネックは、¥6,380(税込)(2021/9/1時点)↓
FRAGORAとLUPO両方こちらのページで取り扱っていて、サイズ1,3,4の3サイズがあります。
カラーはタートルネックと同じNERO(ブラック)PANNA(オフホワイト)、CIOCCOLATO(ブラウン)、NAVY NOTTE(ネイビー)の4色です。




にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-ファッション
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.