主婦のつぶやき

やっぱり”いつか”は来ないのだ

更新日:

今日手放しましたのは、もうすっかりオブジェ化しているパン作りの冊子と同じくオブジェ化している絵本のカタログ(娘の絵本を選ぶのに使えると思っていたけれど、結局カタログを見たのは最初だけ…)、大学時代の語学の教科書1冊。

大学時代の教科書は、夫の仕事は海外赴任の可能性がかなり高く、しかも周囲の状況や上司の話を総合すると、もういつ辞令が出てもおかしくない位身近なものでした。
それ故にとっていたのですが、今はそこまで今すぐという話ではなくなったし、夫自身も海外赴任をお断りすることも選択肢に入れ始めた。
どちらになっても楽しいだろうし、どちらになっても苦労が多いだろう。
それはもうなってみないとわからない。
どちらが良いとか悪いとかない。

けれども。
絶対に行きたい!と言うことでないのなら、「行くかもしれないから」と大事に語学の教科書を本棚に押し込めている必要もない。
たった1冊。
その1冊を収納するスペース位我が家にだってある。
その1冊をとっておくことで、その分余白が少なくなるのはもちろん。
その分自分の感性が、さびついていく。
そしてそれ故に、1冊の教科書だけではなく、1枚のちょっと微妙だと思っている服や1本の使いにくいペンや1つの大きすぎる鍋をとっておくことにつながり、スッキリから遠ざかる。
それを知っているから、「もういいか」と思えた今。
また海外赴任が決まったらその時に、新たにテキストを買うなりして勉強しなおせばいいのだと思えた今。
パッと手放す。

パン作りの冊子も同じですね。
絶対パンを作る暮らしにするぞ!という夢がないのなら、(絶対というのがポイント。何となくいいな…程度ではなかなか努力しないから)「パン作れるようになったらいいな」というやんわりした願望だけなら、本棚に押し込めている必要はない。
今すぐ取り出してパンを作り始めるか、手放すか。
私は後者を選びました。

良くなったり、悪くなったりという波はありつつ、全然治らない私の妊娠性アトピー。
何が原因なのかもうさっぱりわからず、どうしたらいいのかももうさっぱりわからず。
さっぱりわからないながらも、いろいろと本を読んだり、ネットで調べたりしてなんとなく小麦粉、肉類、油の摂取量を減らしています。
そんな状況故、アトピーが治る見込みもパンを罪悪感なく食べることが出来る見込みも皆目わからないというのも理由の1つでもあります。

今はできない(していない)事だけど、いつかできたらいいな、いつかするかもしれないな…という未来のゆるい願望や未来の未確定の予定に関するものは、ほぼ使わないことが多いし、実際そんな状況になったとしても、その時になってみると大事にとっていたそのモノの価値はかなり低い。
今回手放したパンの本と語学の本だって、実際にパンを本気で作ろうと思ったときには、書店で見たもっと本格的なパン作りの本に興味が出ているかもしれないし、語学は昔の教科書をやり直すのではなく、本気で話せるようになりたいからオンライン授業を受けるかもしれない。

よく言うことですが、「いつか」はないのですね。
「したい」か「したくない」か。
「今必要」か「今必要でない」か。
ただそれだけで、前者であれば今すぐ活用し、後者であれば手放すほうがいいのだ。

あ、そうそう。
このブログを書いている途中で夫の断捨離スイッチが再びONに。
つられて私もさらに本棚をチェックしていると…CDケースが目に留まりました。
このCDケースの中身はしっかり覚えている。
収められているのは、音楽CDではないのです。
ふふふ。語学のCDです。
今回手放した語学の教科書についていたCDもあったし、すでに手放し済みの語学系教科書に付属していたCDもありました。
なぜ教科書を手放した時にCDも手放さなかったのでしょう。
それらも今回ケースと一緒に手放し。
合計7枚もありました。(多い…)

いつかするかもと思っているだけなのに、物は増えるものですね



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.