主婦の日記

和布団暮らしはじめました。

投稿日:

本日手放したモノ。
1ダブルベッド(フレーム)
2ダブルベッド(マットレス)
3ベビーベッド
4TV台
5ベビーカー

少し前のブログでもお話ししました通り、大物5つドーンと手放しました。
その代わりに我が家にやってきたもの。
1敷布団(シングル×3)
2布団干し
3すのこベッド

文字で見るとかなりすっきりしたようですが…意外とそうではありません。
ベッドを手放しても、寝るところは必要ですからね。
そして布団は干す作業が必要ですからね。

布団だけだと床の硬さが伝わるので、リビングでマットの下に敷いていたジョイントマットを寝室へ。
3枚敷くと足りないので、足りない1枚はすのこベッドで。
今後すのこベッドで統一するかはまだ迷い中。

ダブルからシングルなのでいづれは掛布団もすべてシングルに買いなおす必要がありますが…まだ使えるし、買う候補も決めていないのでしばらくはダブルの掛け布団で乗り切るつもり。

敷布団は、昔ながらの綿の和布団にしました。
重いですが、アトピーが一番ひどかった頃本当に化繊の寝具がむわっと暑く、痒さ倍増だったので綿布団にこだわってみました。

購入したのはこちらの綿布団↑
柄はお任せです。

湿気、カビ対策を考えると床に直接敷くよりもすのこを敷いたほうがいいだろうと、すのこベッドを試しに1つ導入しました。
良ければ3つ導入、微妙であれば、元がすのこなのでバラシて押し入れで使おうと思っています。

しっかりベッドの形もいいけれど、我が家は海外転勤の可能性が濃厚ですので、持ち運びコンパクトなこのタイプ。

そして肝心の寝心地を追求するとなると…布団の上にもう1枚敷きたいところ。(今のままでも寝れないことはないけれどね)
そしてそして、すのこベッド、布団(上、下)を3人分揃えるとなると、結構な物量なのです(笑)
布団にすれば一概にミニマルと言う訳にはいかないようです。
もちろんダブルベッド(フレーム+マットレス)にベビーベッドを卒業した娘用のシングルベッド(フレーム+マットレス)を追加するよりは、例えすのこベッド、布団上下の3点セットだったとしても布団のほうが嵩が少ないのですが…
布団だろうと、ベッドだろうとこだわりがなければ無いほどミニマルにできるし、ふわふわの寝心地が良いとか、化繊の寝具では寝にくいとか、引越の有無とか…そういうこだわり、事情があればあるほどモノは必要だったりする。

布団を2枚重ねで使うなら、すでに手持ちの綿の和布団を下にして、羊毛布団を重ねようかなと思案中。
こちら↑は作りたてをぎゅーっとコンパクトにして届けてくれるらしいので、買うのは渡航直前にしたほうがいいのかしら…とも思うし。

それでも私は日々の美容と健康に大事なのは、基本だけど、当たり前だけど、どこでも言われることだけれど、食事、運動、睡眠だと思うから、この3つに関することはあんまり削ぎ落したくないのです。ふふふ。
アトピーの悪化で身をもって知ったのは、健康でないだけで簡単に余裕はなくなること。
どんなにシンプルな暮らしにして、家事も楽な家にしていても、自分自身が健康でなく、辛いなら、ほんのちょっと娘がぐずるだけで余裕はなくなる。
どんなにシンプルな暮らしで家事が楽になっても、自分の顔が、体が見た目が最低だと気分も一緒に最低になっていくこと。
どんなに健康美容に気を使ったところで女優のように、モデルのように素敵な人になれるわけではないしけれど、自分基準で「今日何だか調子がいい」と思える体でいることが一番日々を楽しく暮らせる鍵だと思う。

ん?そう思えば、やっぱり物量は増えてしまうけれど、もう1枚敷布団追加したほうがいいのかしら…?
そんな気になってきた今日のこの頃です。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

主婦の手帳 - にほんブログ村
読者登録もぜひ( *´艸`)

-主婦の日記
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.