マタニティ 掃除

家事は一石三鳥の最強の健康法

更新日:

あっという間に…臨月になりました。
臨月になったら、再開するぞと思っていたことがあります。
それが…雑巾がけ!

雑巾がけは妊婦さん…特に出産間近の妊婦さんに良いと言われていますね。
妊娠前は毎日とは言わないまでも、定期的に部屋の雑巾がけをしていたけれど、妊娠してからはすっかりご無沙汰。
妊婦にお勧めの動きでもあるし、臨月になったら毎日(体調が悪ければ無理はできませんが…)雑巾がけをして、産後もそのまま習慣化するぞー!と思っていました。

掃除機のバッテリーが寿命を迎えたこと、化繊のウエスがなくなったこと(化繊のウエスをフロアモップとして使っていました)で、丁度臨月のころから朝のお掃除は箒と雑巾がけとなりました。
本日で箒&雑巾生活2日目です。

これがなかなかいい運動。
まず箒ですが、フロアモップのようにヘッド部分の可動域がありません。
だから、ベッドの下とかソファーの下などはかがんだり、中腰になったりして埃を掻き出します。
そして、ちりとりでゴミをとるときも野球のキャッチャーのような体勢でせっせと埃取り。
運動不足な妊婦の体、普段より10Kg重い体、そしてお腹だけが異常に突出してバランスの悪い体で、バランスを保ちながらしゃがみ、チリ取りするのは中々体幹が鍛えられる。

全体を掃くときは、長帚。
最後に塵取りする時は、小さい手帚を使っています。

雑巾がけもまた然りで。
両手両ひざをついて四つん這いになって、部屋中を動き回ります。
片手は雑巾をもって動かし、もう片方の手と両膝はしっかり体重を支えながら、移動もしていく。
この動作。意外と筋肉使う動作。
雑巾がけが妊婦に良いと言われるのは、運動にもなるということと、股関節が柔らかくなることが要因ですが、全身運動になるので、体幹も鍛えられて、姿勢もよくなるのでは?と思っています。

現在2日目ですが、すでに筋肉痛が来ています!
運動不足だったのと、10Kgも重い体であることもあって、雑巾がけ中は、手も足も本当に疲れる。
自分の体が本当に重く感じます。
筋肉痛として表れているのが、肩回りと二の腕、あとちょっぴり背中。
近所をお散歩するより、いい運動かも。

それに何より、家もきれいになる。
箒、掃除機、フロアモップなどで床を掃除しても、雑巾がけをするとまだまだ床が汚れていることに気付きます。
取り逃がし…があるわけです。
今のところ私の体力が続かないので、リビング、寝室、キッチンの3部屋しか雑巾がけできていませんが、少しずつ体力、筋力を回復させて、産後ゆくゆくは洗面所も、物置?ウォーキングクローゼット?のように使っている部屋も雑巾がけできるようになれば良いな。

最近は、ロボット掃除機が大人気。
もちろん仕事に育児に、介護に…その他いろんな理由で現代人はとっても忙しいので、めんどくさい家事をなるべく楽に、なるべく手をかけないようにという方向になるのもわかります。

けれど、家事って機械や便利なグッズをなくせばなくすほど、自分の頭と体を使う仕事です。
料理もチンするだけの冷凍食品や、インスタントに頼らず、自分で作ろうと思えば、まずお米を洗って、お鍋にセットして、次に野菜を洗って、切って、水とおだしと切った野菜を入れて火にかける。
そうやって、お米と汁物を火にかけている間に、メインを作ろう…という段取りを考えなければならないし。
メインのお肉が火の通りが早い薄切りのお肉だったとしたら、お米が炊きあがる時間に合わせて焼けばいい。
その合間の時間に使ったまな板や包丁を洗って、お箸やコップをテーブルにセッティングしようとか…そういうことを考える。
しかも、いろんな種類の調味料を組み合わせて味を作るにも脳を使うし、包丁1本でみじん切り、細切りなど細かな作業もする。

私の祖母も通っていますが、デイサービスなどに行くとよく折り紙でいろんなものを作ります。
それって、折り紙が手を使って紙を折ったり、時に切ったり貼り付けたり、と細かな作業をする遊びであり、完成をイメージしながら作る遊びだからです。
自分の体を使って遊ぶ(この場合は手を使って遊ぶ)ことは、脳を活性化させますし、実際に完成をイメージしたり、このように折ったらこういう形になると言う事を考えながら作るので、実際に脳を動かして考えてもいるわけです。

認知症予防にもなるし、実際に手指を動かすことで体の機能を低下させないようにという意味もあるのでしょう。

そう思えば、包丁やお鍋を使ってする料理は実際に、自分の手を使って野菜を洗い、切り、お鍋に水を入れ…と結構動きますし、段取りを考えたり、完成後の味をイメージして調味料を加えたりすることも実際に脳を働かせている行為です。

家事といえば、炊事、洗濯、掃除が主だったものだと思いますが、洗濯だって、洗濯機に入れて、乾燥まで終わってしまえば、あまり脳も体も使いませんが、手洗いして、ギューッと絞って、外に干すとすれば、実際に手洗いはもんだり、絞ったり、中腰だったりと全身運動だし、外に干そうと思えば、その日の天気を見つつ、晴天ならばシーツが干せるなとか、雨が降りそうだから今日は乾きやすいものだけ洗おうとか考える。

掃除だって、箒と雑巾だけの掃除は前述したように、全身運動。
あとは、どこから拭き始めたら効率がいいかとか、上から順番に拭いていこうだとか、案外考えているものです。

実際問題、料理も洗濯も掃除もすべて自分の体と脳を使ってやろうとするのは、今の時代難しいのかもしれません。
私は専業主婦ですが、箒と雑巾での掃除はできても、洗濯ものを全部手洗いすることは…ちょっと無理。
干す場所も十分あるわけではないので、しっかり脱水してないと、全部の洗濯物を乾せないからです。
あと、わたしの能力、時間、体力がそこまでできないというのもあります。

だけど…忙しいけれど、自分の健康のためにジムに行こうかな、脳トレの本買おうかな、体を動かす系のゲームを買おうかな…と思うなら、休日だけはしっかり自分で料理をするとか、料理は無理だけど、毎日雑巾がけだけはするとか、少し家事を利用するのもありなのかもしれません。

もちろんジムで体を鍛えるのが好き!ならば、ジムに行くほうがいい。
ジムが好き!脳トレが好き!体動かすゲームが好き!…と言う訳ではないけれど、なんとなく健康に自信がないから何か始めたい!なら、自分の脳と体を使う家事が一番最強な気がします。

それによって、家がきれいになったり、料理の腕が上がったり、服に対する愛着がわいたりするから、自分の暮らしにダイレクトに効果が出る。
そして、お金もかからない、むしろ節約になる。
そしてそして、もちろん体も脳も運動している。

自分の体と脳を使う家事は、一石三鳥の最強の健康法なのだ。
今の私は、全部を自分の手ですることはできない。
まずは、箒と雑巾を使った掃除習慣を身につけたい!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-マタニティ, 掃除
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.