主婦のつぶやき

1つ1つモノに向き合うと物が少なくなってきた話。ちょっとの不満がモノを増殖させる

投稿日:

今週末は、衣替えを実行しようと夏物の白物衣料の漂白に追われています。
というのに、今週はいいお天気がなかなかなくて…こまる。

自分のモノを見つけるのは難しい。だからモノは増えていくのだ。

最近…というか昔からの悩みだったのですが、最近までたいして気にもとめずにいたことがあります。
それがスカートやパンツのゴム。
昔からゴムのスカートやパンツで明らかにゴムが入ってます!!とウエスト部分に生地が集まりくしゅくしゅとなっているスカートやパンツが苦手です。
ウエストがゴムなんて、一昔前であれば大きいサイズやちょっと年配の方が使うようなところにしかなかったですが、最近はゴム率本当に多いよ!
ゴムが楽だから売れるからなんでしょうが、私はゴム反対派。
なんだか腰がゴムに押されるような形になってしまって強制的に姿勢が悪くなるわけです。
で、結果腰痛いっていう。

本当に最近ゴム率が高くて服を選ぶのが大変です。
スカートも紐ベルトがついているようなやつはウエストゴムのモノが多いし、レギパン系はゴムのモノが多い。
ユニクロのレギパンやヨガパンツのようなゴムならいいんですが…多分ゴムの種類なのかな?苦手です。

ひもで縛るタイプはもっと苦手。
巻きスカートとかね。
巻きスカートも持っていましたが、姿勢が悪くなって腰が痛くなる率が高い。

実は結婚してすぐのころ。
まだシンプルライフとか目指してもいない頃。
服足りないな~なんて思って、楽天で人気のこのパンツが欲しかったんです。

履き心地楽そうだし、生地も伸びるらしいし、カラバリも結構あって、見た目も好み。
しかも今手持ちの服はオフィス系が多かったから、普段履けるこういうカジュアルな服がほしいわ~と。

ですが…このウエストを見た時にあきらめました。
こういうギャザーが寄るほどのゴムは腰痛くなっちゃうんだよな~。いったいなぜ?
しかもひもも入っているらしい…私にとってはダメ尽くしな予感。
そしてこの後ろ姿もちょっと嫌だった…

意外とトライしてみると履きやすい!!となるのかもしれませんが、失敗の確率も高いので買えず。

ブログを始めて、いろんなものをちゃんと選定し始めているのですが、この服にしろ昨日までに散々書いた靴にしろ、自分になんかあってないな~と思いながら使ってるものってかなり多いものですね。

何でこの話をしてるかって、今日はいてるスカートがまさに腰が痛くなる系ゴムスカートだからですよ!
しかも紐ベルト付き。
この写真の花柄黒のスカートです。
同じくゴムは入っているだろうけど、ファスナーがあるタイプはまだ大丈夫。難しい…

とりあえずベルトをとるとだいぶましになりましたが、やっぱり姿勢が悪くなりがちで腰が痛い。
このスカート卒業か?もしくはなんか別の解決法を見つけねば。

少しずつ少しずつ、こんな感じで自分に合ってないな~というものを手放しています。
足や腰など体が痛い服や太って見える服、通気性が悪くて着心地悪いとか。
そしたら、着る服だんだん少なくなってきて…いかに今まで合わない服や靴だらけで過ごしていたかという…

もう何を買ったらいいかわからないよ!( ;∀;)

服でも靴でも、あと寝具とか車とか調理器具とか…多分なんでもモノには合う合わないがある。
例えば重すぎるフライパンは手首痛めちゃうだろうし、軽すぎるフライパンは、ふいに体が当たった時に落としやすい(←我が家のフライパンのこと!)
車も大きい人が小さい車乗ってると肩がこるだろうし、その逆もきっとつらい。

だからモノを買うときは、本気で「自分に合ったモノか」を考えないといけない。
でも、そんなことしている暇なんてないし、考えるよりとりあえず買っちゃうほうが楽。
買ったら、なんか使い勝手が悪かったりして、また別の口コミがいい商品や新商品を試していく。

きっとそうやってモノは増えていくんだ。
持ってるモノにちょっぴり不満(気が付いていなくても、ちょっぴり不満)なところがあるから、こっちの方がもっと使いやすそう、こっちの方が楽そう…とか思ってまた別のモノを買ってしまう。

でも、自分が何を求めているか自分自身わかってないから、このループが長ーいこと続く。
そしてモノが増えてしまったら、1つ1つに考える時間なんて本当になくなってしまう。
だから、ちゃんと自分が満足したモノを使いたいなら、ある程度量は減らさないといけないんだと思う。

まずは毎日使う消耗品について考えた。

私の場合。
主婦ですし、まだ子供や仕事もないということで、身なりよりも家事に使うものを先にこだわり始めた。
まずは、毎日使う洗濯洗剤。
ほかにも掃除グッズや、調味料。
この日用品の選定はまだまだ終わりがないけど、だいぶ物が減ったのは事実。
柔軟剤やおしゃれ着洗い、パイプクリーナー、…
文字にするとそんなにないかも?と思っても意外とあるのが日用品。
一口に消臭スプレーといっても寝室に1つ、服用が1つ…というように何個も●●専用というグッズがあることが多い。
同じ中性洗剤でも、トイレ用、お風呂場用、食器用みたいな。

それを1個1個選定していった。
まだ、これはどうかな??というものがあるのだけど、この1年で結構変わったと思う。

同じころ肌がすごい荒れたので、スキンケア用品も1つ1つ選定。
やっと最近肌が落ち着いてきたし、満足のいくスキンケア用品とも出会えたのだけど、これも1年かかったなぁ。

1年かかって、肌や日用品について考えてきたら、1個1個のモノについて、「これは本当に私にとって使えるものか」と考える癖のようなものが出てきて、最近服や靴もかなり厳選されていってます。

 

いままで、断捨離は何度となくやったけど、よくブログで見るような壮絶な捨ては実はやってない。
日々ちょこちょこと捨て、ちょこちょこ使い切って買わない。

私があまり捨てずにモノが減ったのは、「買わない」というところが大きい。
服や靴でも、「合わない」と分かったら、「よし!全部買い替えだー!!」ってなっていたはず。
昔なら。
でも、日用品も服も靴も、今持っているものを何もかも買い替えることは金銭的にもできない。
そして、買ったものも合わなかったらどうしようという恐怖が買い物にちょっとブレーキをかける。
そのブレーキがかかってもなお欲しかったり、必要だと思ったモノから買い換えてるのだけど、そうすると最初はこれを買い替えだー!と熱くなっていたものも意外といらないものだと後から気づくこともあって。
無駄買いが減りました。
いえ、無駄なものを買ったつもりは一切ない。
すべて家のために買ったものだけど、そのブレーキ中にもう一度冷静に考えることで、「やっぱり自分には合わなさそう」と思うものも出てきたのです。

それに…

1つ1つのモノにちゃんと向き合って、ちゃんと自分に必要かどうかなんて考えるということをしようとすると、必然的にモノは少なめになる。
我が家は、ミニマリストのようながらーんな部屋でもなく、いろいろ雑多なものもあるけど、少なめ。
この「少なめ」というのが私にとってはちょうどいいみたい。

最近本やブログなど、ライフスタイル系でいいなと思う方は私よりもちょっと年配の方が多いです。
それは多分。
長い年月を通して、自分に合う、合わないをずっと考え続けて、その方のスタイルを確立させているからだと思います。

今読んでいる本↓



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-主婦のつぶやき

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.