主婦のつぶやき

KONMARI~人生がときめく片付けの魔法~

更新日:

年が明け、帰省先から帰ってきて、一昨日の仕事始めまでの間。
我が家でやったことは、まず今年の予算の確認。

私が一応去年の実績を見て、ベースを作り、それを夫にも見てもらって、あれこれアドバイスもらって出来上がり。

去年加入したNETFLIX。
加入当初はたくさん見ていたけれど、最近は月に1,2本になっていた。
二人ともNETFLIXで見たいものをマイリストに保管しているのだけど、保管してるだけで満足してしまうのか、なかなか見ようという気分にならず、全然消化されない。
そのうち配信が終わってしまって、いつの間にかマイリストから消えた映画も数知れず。

NETFLIXは、途中値上げもあり、今は月額1200円。
月に2本しか見ないならちょっともったいない。
そこで夫から1,2月中にNETFLIXをやめる宣言。
今月はNETFLIXで見たかったマイリストに保存してあるものを各々見て、来月までにやめるつもり。

KONMARI~人生がときめく片付けの魔法~

そうと決まれば、早速NETFLIXを久々チェック。
そしたら、なんと!あのときめきの片付けで有名なこんまりさんの動画が配信されてた!!
他にも私が以前見ていたドリームガーデンの最新話も配信されてて、マイリストが増える始末。

マイリストばかり増やしても仕方ないので、今日はさっそくこんまりさんの動画を視聴。
英語版ですが、予告編載せておきます。

片付け中に起こる停滞期

片づけに取り組むうちに、「ときめきなんてほとんどのモノに感じない」「今のままでいい」「捨てるのに罪悪感がある」「せっかく買ってもらったモノだから…」といって時に片付けが停滞してしまう人たち。
でも、服には感じなかったときめきが、本の片付けになった時に「こういうことか!」と分かるようになったり、パートナーと価値観をぶつけ合ううちに、少しずつ自分も変わりたいと片付けが進み始める人。
停滞する理由のほとんどが、私も経験済みのことで、シンプルライフを目指して日々片づけしている私にはとっても共感できる動画でした。

いまだにもらったものは、手放すのに苦労するし、こんなに一生懸命変わろうとして意味あるかな?なんて思う時もある。
捨てるときの罪悪感だって、捨てれば捨てるほど募ってくる。
そのたびに、「ちゃんと使いこなせなくてごめんね…」とか、「あぁ~また無駄な買い物してしまった」とか情けない気持ちにだってなる。

今もっている服の4分の3ほどにときめきなんて感じないテンポラリーな服ばかり。
それでも去年は、どういう服が着たいかすらわからず、一気に片づけはできなかった。
今年、来年くらいで総替えしたいな。

去年はその第一歩でコートを買いました。
これは、本当にお気に入り。ときめく!
このコートを買って、3着のコートを手放した。
1IN3OUT(笑)

3つのコートを手放すときも、とっても考えて、「でも便利だしな~」とか、「まだ買ってちょっとしか買ってないんだよな~」とか動画の中で片づけを取り組む人たちと一緒で悩んだ。
でも、すっきりさせた後は本当に手放してよかった!ちゃんと片づけてよかった!と思える、将来を前向きにとらえられるのも、KONMARIに出てきた人たちと一緒。

導くということ

こんまりさんがすごいな!と思うのは、いつも楽しそうなこと。
片付けって自分の片づけはもちろん、人の片づけを手伝うのだって一苦労。
こんまりさんは朝から晩まで一緒に作業するわけではないですが、片付け依頼者の山のような洋服を全だししたって、つかれた素振り、大変なそぶり、げげげっって顔は微塵も見せない。
いつもちゃんと中立の立場で、依頼者が判断に迷っているとき、こんまりメソッドが正しく伝わってないと感じるときに、ポンっと一言アドバイスを与える。

片づけ方を教えに行っているのに、いい意味で先生らしくない。
一から十まで手取り足取りするのではなく、最初に方法を教え、あとはそばで見守り、必要な時にアドバイスする。
教えるというより、導くという方があっている。

この年末年始、私は実家断捨離を手伝った。
自分はアシスタントというスタンスを貫き、要・不要の判断は親にゆだねたけれど、この動画を見たら私なんてまだまだ。
疲れてげっそりした顔だったし、良いタイミングでよいアドバイスなんてできなかったな。

こんまりさん2人のお子様がいらっしゃるそう。
依頼者を手取り足取り教えるのではなく、そばで見守り、いつでもフォローできる体制をとっておきながら、あくまで依頼者自身で片づけさせるその方法を見て、きっとお子様に対してもそうなのだろうなと尊敬するばかり。

私は子供はいませんが、見守るということがどれだけ難しいかというのはわかっているつもり。
いや、実際は私の想像の100倍難しいのでしょう。

それをお仕事とはいえ、撮影中とはいえ、しっかり中立の立場を保ち、手を出しすぎず、依頼者本人に考えさせ、それを実行する様子をそばで見守り、必要な時に依頼者が正しく判断できるよう導くのは、本当にすごい。
きっとご自身の心の中もスッキリされていて、余裕があるのではないかな。

部屋の状況と心の中、体型と部屋の中、カバンや財布の中身と部屋の中の状況はリンクするといいますね。
つまり、心がぐちゃぐちゃ、余裕がなかったら、カバンや財布や部屋があれ、体重管理もできなくなったりする。
逆にダイエットして痩せたら、ウキウキした気分で以前はちょっとのことでイライラしたのに、そんなに気にしなくなったり、部屋を片付けたら、こころも整ったりする。

私も片付けで成しえたいのは、掃除しやすい家を作る、夫もどこに何があるかわかる家にする、いつもすっきりピカピカな家にするといった目標もあるけれど、それよりもイライラしにくい、落ち込みにくい、ちょっぴり余裕を持った生活を送りたいのかもしれない。

 

余談ですが…シンプルライフを目指して1年半。
モノが多かった頃は、もっぱらのオープン収納派。
洋服はほとんどハンガー掛けだし、棚はカラーボックスやメタルラックなど。
結婚して、モノを減らして、片付けしていくうちに、だんだん引き出し収納が好きになってきたから不思議。
ハンガーは大量にあるけれど、引き出し収納は少ない我が家。
実家にあった活用されてない桐の箪笥欲しいな…(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.