主婦のつぶやき 本・映画

途中で断念してしまった本は、断念した時が手放し時

更新日:

相変わらず図書館の本も読んでいますが、図書館本のペースを少し落として、家の本を読んでいます。
何度も何度も本棚の見直しをして、「もう充分読んだ」「今の私には必要ないかな」「面白かったと思うけれど…(忘れた)」などいろんな感想を抱きながら、少しずつ手放してきました。

それでも残っている本があります。
それは、今でもたまに見返す実用書や生き方のバイブル的なものになっている本、そして昔々の本なのに読むともれなく泣いてしまう(心が震えてしまう)本、そして・・・読むのを途中で断念してしまった本です。
ずっとずっとモヤモヤしていました。
図書館で借りてきた本は、2週間で5冊とかサクッと読んでしまうのに、自分の持っている本のうち途中で断念してしまった本は、いつまでたってもしおりの位置が変わらない。

図書館で借りた本を読む傍らで、なにやら断念本から「こっちも読んでよ」と言われているような気にもなったり(笑)
断念本が目の端に映るたびに、「あぁいつか読まなくちゃ・・・」と義務感、うしろめたさを感じてしまったり…

そんな日々に嫌気がさして、一念発起。
今年中に断念本を読み切る!と決意。
今年中に読み切れなかったら、手放そうと思います。

多くの方のブログや本でいわれるとおり、「いつか」というのはこないのです。
そんなことは百も承知だったけれど、縁あってわが家にやってきた本…ろくに読まずに手放すのも心苦しく、ついつい今まで置いてしまっていたのでした。
来年我が家は家族が増えます。
慣れない育児が始まれば、今のように本を読む時間は取りにくいでしょう。
軽い本ならまだしも、一度断念してしまった本ならなおさら育児中に読むのは難しい。

だから最後のリミットとして…今年のうちに読まなかったら手放す。
そう決めました。

断念本は4冊ありました。
先週1冊目を読破。ただいま2冊目を毎日少しずつ読んでいます。
1冊目の本は、社会人の時に買ったビジネス書。
難い本だったので、忙しさにかまけて断念してしまったのです。
今読んでも、たしかに難しいのですが、じっくり頑張って取り組むと意外と面白い部分もあったりして。
もう1度読むかと言われれば、NOだったので手放し本になりました。
今読んでいる本もなかなか進みません。
こちらは難しくはないのですが、私の興味が薄いのです。
図書館で借りた本は、次々に読みたくなる、少し時間があったらすぐ手に取るのですが、断念本にはなかなか手が伸びません。

そこで思う。
断念本は、断念したその時点で役目が終わってしまっている本なのではないかと。
断念する本というのは、自分にとって難しすぎる本、興味が薄い本、著者の考え方に全く共感できない本のどれか。
人にお勧めされたり、こういう本を読むと勉強になるだろうなんて自分で勝手に決めて、あまり深く考えもせず買ってしまう本。
けれどいざ読んでみると、自分との相性が良くないことがわかり、断念してしまう。

これってほかのモノとのかかわり方と同じですね。
雑誌やTVでマストバイと言われるこの冬トレンドの服が、私に合うとは限らない。
カリスマ主婦が「これは買っておくべき」とお勧めする掃除グッズが私に合うとは限らない。
あと世の中一般的に、常識的に必要なものが、私に必要とは限らない。
そうやって、人やメディア、常識に合わせて物を買ってしまうことは、誰しもあること。
けれど、いざ着てみると自分に全く似合わない服だとわかったならば、いざ掃除すると我が家では全然役に立たないとわかったならば、私には必要ないとわかったならば、すぐに手放すべきなのです。

断念本も同じ。
断念してしまったのは、時間がないからでは決してないのです。
本当に読みたい本は、時間がなくても1分1秒の間を惜しんで読むものです。
だから断念本は、今の私のように期限を決めて宿題のように読むか、一生読まないかのどちらかです。
断念した時点で…手放すべきだったのです。反省。
もしかしたら…長ーい年月(それこそ20年、30年)手元に置いていたなら、自分の考え方、価値観、頭脳が一新して、面白い!と感じるようになるかもしれない。
けれど、そうなる保証は全くありません。
人間はどちらかと言えば、新しいことをしたくない生き物ですから、読まない可能性の方が圧倒的に高いでしょう。

それなら私は、万が一20年後、30年後にその本を読みたくなる時が来たら、その時に買おうと思います。

断念本は、断念したその時が手放し時。
今後はそう胸に刻んで、ずるずる持ち続けないようにしたいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-主婦のつぶやき, 本・映画
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.