料理

罪悪感ゼロな間食

更新日:

最近私は食欲旺盛(笑)
昔…学生時代は食事と食事の間が持たなくて、早弁やお菓子を買ったりしていたのですが、まさに今そんな感じ。
朝7時ごろ夫と朝食をとるのですが、9時ごろになるとなんだかお腹が空いたような。
12時ごろお昼を食べますが、3時4時にはまたお腹が空く。

昔から1度に食べる量はちょこっとでもいいから、1日5食が理想の私です。
大人になると3食でも大丈夫な日が多かったのですが、最近はまた5食にしたいそんな食欲です。

かといって、学生時代のようにバクバク食べても、体が成長期ではないのでどんどんブクブクと太ってしまいます。
消化機能も昔より衰えているでしょうし、昔ほど動いてもいないので、食べても蓄積されるばかりか油っぽいものだと胸焼けしそう。

そこで最近食べているもの。
これが腹持ち良くて安心でヘルシー?なのです。
本日はこれ。

1パック398円のイチゴ

買ってきたらパックのイチゴをすべて洗ってしまって、冷蔵庫に保存しておくのです。

何か食べたいな~と思ったら、冷蔵庫のイチゴを数個お皿に出して食べます。
イチゴは高価と思っている人も多いですが、スナック菓子やアイスにチョコレート…そんなお菓子を買っている費用と比べれば、そんなに高いこともない。

ポテトチップスなら1袋100円前後でイチゴよりはるかに安いですが、開けるとなかなか手が止まらないし、とっておいてもしけってしまうので1度に食べる人も多いはず。

けれどイチゴを数個ずつ食べれば何日か持ちますし、何よりスナック菓子よりも栄養価だってよい。
そう考えれば、全然高くなんてありません。

今日はイチゴだったけれど、リンゴの日もあるし、ミニトマトの日もある。
ヨーグルトの日も、ゆで卵の日も、冷ややっこの日だってあるんです( *´艸`)

間食だからと言って、それが塩っ辛いものか甘いものである必要はない。
私の場合はおなかをいっぱいにしたいわけではなく、少しでもお腹に何かないと辛いという理由から間食しているので、おなかのすき具合が軽いときにはトマトやイチゴ。
お腹が空いて空いて仕方のないときは茹で卵や冷ややっこ。

そんなに食べれば太ってしまいそうですが、それは夕飯で調節すればよいこと。
1日に必要な栄養を3食でとるか、4,5食でとるか…そういう違いなのだと思います。

その間食を果物やヨーグルトやゆで卵ではなく、ケーキやスナック菓子やアイスにすれば夕飯は減らせません。
糖分とカロリーばかりが増えてしまって、その他のビタミンやたんぱく質が不足してしまうからです。

だから最近食事と食事の間に何か食べたくなるのよねと思うなら、ぐぐーっと我慢するよりいっそ、食卓に出してもおかしくないものを食べてしまって、1日の終わりのご飯、夕飯を減らしてしまえばいいのです。
我慢するよりよっぽど精神衛生上よい。
それに夜は、その後寝るだけです。
寝るだけならばたくさん食べても、つくったエネルギーを使いきれず蓄積されるだけ。
寝る時間と夕食の時間が近いと、消化不良の素でもあります。

朝、昼、晩と3食しっかり食べなければならないという思い込みを捨てて、お腹が空いたならばたまには間食するのも…いいかもしれません。
おやつは甘いものか塩辛いものという思い込みを捨てて、普段のおやつは体に必要な食べ物を。

そして、たまーにケーキやクッキーなどお菓子を食べれば、そのお菓子は特別でいつもより一層美味しく感じるはずです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-料理
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.