料理

夫の昼食にお弁当を持たせよう!夫のランチにお弁当がいい3つの理由

投稿日:

最近は、弁当男子不景気とヘルシー志向やらなんやらで、お昼弁当持参の人ちょっとずつ増えてますよね。
それでも、朝起きて弁当を作るのは面倒…と思っていませんか??
コンビニでもスーパーでも美味しいものがいつでも手に入る時代にお弁当を作るのは時間の無駄のように思えます。
そんなことありません。
その朝のお弁当作りで、安心が得られ、将来のリスクが抑えられ、お金もたまるならどうでしょう。
たかがお弁当ですが、されどお弁当です!

1:自作のお弁当は、安心安全!

最近、食中毒がスーパーの総菜から検出されたり、原材料や賞味期限の偽装など、食品に関する事故や不祥事のニュースがちらほら。
商品になった状態で私たち消費者は購入、飲食し、そのバックヤードでは何が行われているかわからないので、そんなニュースが出ると本当に怖いですね。
また、近年添加物がもたらす脅威もだんだんわかってきたことから、添加物を気にして外食、中食、加工物を避ける人もいらっしゃいます。
外食や既にお弁当になっているものは、どのような工程を経てそのお弁当ができているかわかりませんが、自作のお弁当は、自宅で作るので、何が入っているかわかるところがいいですね。

我が家もなるべく添加物を避けるようにしています。
商品を購入する際も、原材料をチェックするようになったのですが、台所にないようなよくわからない添加物の名前がずらり。
食品を長持ちさせたり、食べやすい様味付けのために添付されたりしていますが、食べなくていいのであれば食べないのが一番です。
たまにの外食、たまに手を抜きたい、忙しい日のお惣菜は良いと思いますが、お仕事中のお昼ご飯となるとほぼ毎日のことなので、なるべく安全安心なものを食べてほしいです。

2:自作のお弁当は、栄養バランスもばっちり!

外で購入する弁当は揚げ物ばかりだったり、逆におにぎりやパンといった炭水化物ばっかりだったり、栄養バランスの偏りも気になるところ。
お弁当は赤、緑、黄色といった3色を考えて作ったり、お肉やおさかなのメインを中心に野菜などを使用した副菜を何品かと栄養バランスも良いですね!
また市販のお弁当や外食は、一人のために作られてはいないので、せっかくバランスの良いお弁当を購入しても副菜のおかずが嫌いなもので食べられなかったなんてことも。
特に野菜嫌いの方は、副菜がないどんぶりやパスタを選びがちですが、こちらも手早くエネルギーが取れる点はいいのですが、栄養面を考えるとビタミンやミネラルなどが不足しがち。
家で作るお弁当なら、嫌いな野菜もハンバーグに混ぜてみたり、食べられる野菜を使って副菜を付け加えることができるので、好き嫌いが多い人も比較的バランスのとれた食事をとることができます。

夫はまさに野菜嫌い。
独身時代は丼物、パスタなど1品料理ばかり食べてました。
私はエビアレルギー持ちなのですが、市販の弁当を何もチェックせずにパクっと食べたら、中からエビが出てきたなんてこともあります。
そこまで症状がひどくないので、気づいた時点で食べるのをやめるのですが、重症の人にとっては本当に危険なので、自宅で完全にアレルギー源が入っていないお弁当を作ったほうが安心です。
ほかにもアレルギーがあるのですが、エビと山芋は本当にいろんなものに入っているのでかなり注意してみてます。

社会人になり、半数以上の人が昼食は外食(コンビニなどとお弁当も含む)に頼っています。
やはり、栄養よりも嗜好重視で、油物、丼ものなどを選びがちです。
丼ものなどの単品料理は、カロリーが高く、栄養バランスが良くありません。
働き盛りの30代40代になると、メタボが気になったり、健康診断の項目で引っかかったりするのは、食生活の影響もあります。
もちろん、食生活だけではなく運動不足やストレス、喫煙、飲酒など様々な要因がありますが、昼食は毎日必ず食べるので、気を配りたいものです。

今はメタボ検診で引っかかる程度でも、将来もっと重い病気にかからないとも言えません。
いざという時のために保険で備えるのも大切ですが、病気にならないのが一番です。
病気のリスクを下げるために今できることを考えましょう。
お弁当が難しければ、外食時にサラダをプラスするなど栄養を考えて選ぶと良いでしょう。

3:自作のお弁当は、節約になる!!

何と言っても、節約になります。
毎日昼食を外食に頼っていると、昼食代だけでもかなりかかります。
お弁当なら、その半分、場合によっては3分の1ほどの値段で作ることも可能です。

また生活習慣病になってしまっては、薬代に、診察代と次々にお金がかかってきます。
保険に入っていても、入院後の通院費は含まれなかったりと入っている保険によってはカバーできない出費も。
入院してしまっては働きにも行けません。
病気はいつ何時になってしまうかわからないものですが、その確率は日々の努力で下げることができます。
お弁当もその努力の1つ。

継続することが1番大事

安くて、安全、安心、自分好みの栄養バランスの取れたお弁当。
食べる側としては、ランチタイムにご飯を買いに行く時間もとらなくていいので、その分ゆっくり食べられるのもいいですね。
書けば書くほどいいことばかりのお弁当。
夫の健康のためにもお弁当生活始めませんか?

私も何とか頑張ってお弁当作ってます。
ただ1つお弁当の難点は、作るのが大変なこと。
忙しい朝にバタバタ作って、食品衛生から栄養まで考えるのは大変。
継続は力なりだと思うので、体調が悪い日はお弁当休ませてもらってますし、たまには冷凍食品に頼ることも。
それでも毎日の積み重ねが大事だと思い、お弁当続けてます(^^♪

最近はいろいろなお弁当箱が出ていますが、夫用弁当箱を購入するならポイントは2つです!

  1. 大容量
  2. スリム2段

男性は、女性に比べてやはり食べる量が多いです。
容量に注目すると、以外にも大容量のモノって少ないんです。
そして、仕事に行くバックに入れても邪魔にならないスリムタイプ。
もう1つお弁当用に手提げに入れる場合も、横広いタイプよりも、スリムタイプのほうが出し入れしやすいです!

夫の使ってる弁当箱は、これ!
ボリュームたっぷりの900ml!
2段重ねした弁当がぴったり入る保冷バックもついてるので、カバンの中に弁当の中身が漏れるの心配もなし。
電子レンジも使えるので結構気に入ってます。

サーモス フレッシュランチボックス(お弁当箱)2段式 900ml DJB-904W
写真を押すと楽天市場に飛びます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています!
1日1ポチしていただけると嬉しいです(^-^)

-料理

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.