スキンケア

過剰ケアが原因だったかも!?乳液、クリームはもういらない。

投稿日:

久々に美容ネタ。
悪化したりちょっぴりよくなったり、この1年ちょっとは良くなったり悪くなったり、本当に変化の多い1年でした。
恐らくその原因は、ちょっぴり乾燥して肌状態が悪くなった時に、馬油や石鹼など無添加系に急に切り替えたことで、さらに悪化しなかなか治りにくくなってしまってことだと思います。
そんな私の肌を何とか治したいといろいろ肌自体の勉強したり、いろんなスキンケア法を試してきたりしていたんですが、なんとここにきてかなり肌の調子がいいです♡
少し良くなったりした時期はあったものの、ここまで良くなったのはこの1年では初めて。

そこで、今日は今やっていること、やめたこと、今後の課題点などなどまとめてみました(^-^)
独学ですが、しっかり勉強したことも交えて書くので、一生懸命スキンケアしているのになかなか肌トラブルが絶えないという方のヒントになれば幸いです。

化粧水、乳液、美容液、クリームは全部使うべき!?

化粧水で潤いを与え、乳液で油分を補い、美容液で美白やハリに聞くような美容成分をとって、クリームで蓋をする。
それがスキンケアの常識でしたよね。
私もそう思って、美容液は高くてなかなか手が出せなかったですが、【洗顔→化粧水→乳液→クリーム】でスキンケアしてました。
が、どのスキンケア商品を使っても思っていたような効果は得られなくて、デパートでしか売ってないような高級商品じゃないと効果ないのかと思っていました。
結婚するとそんなに高いコスメも使えないよなぁと今までのスキンケア法を抜本的に変えてみました。
失敗して、さらなる悪化もしましたが…今のところの結論としては、デパートの高級商品は必要ない!

今私が使っているスキンケアは、こちらの3点。

左から、クレンジング兼洗顔料のMartinaクレンジングミルク、化粧水のオードムーゲ保湿化粧水、美容液のピュアセラの3点。
乳液、クリームは使っていません。

ちょっと前まで洗顔後はLOVEYOURSKINの化粧水、乳液+Pureseraの3点セットでしたが、やめました。
もともとピュアセラは化粧水とピュアセラの2点で使えるものですが、冬~春の乾燥がひどい時期だったこともありプラスで乳液を使っていました。
しかし、添付後すぐはベタベタ、テカテカしてむしろ水分、油分がありすぎると感じる位だったのに、少し時間がたつと乾燥していました。
本当に肌の上に乗っているだけというだけで効果を感じなかったためやめました。
それでもLOVEYOURSKINを使う前よりは良くなっていたのですが…

化粧水って水分補ってなかったの!?

で、そもそも化粧水とは何ぞや、乳液とは何ぞや、クリームとは…と調べて自分のスキンケアを見直してみました。
まず衝撃。
化粧水って水分補ってなかった!
化粧水は基本的に水が主体なので、保水効果はあまりなく、清涼感があって気持ちがいいから使っているようなものらしいです…
ちゃんと効果がほしいと思うなら、セラミドなどの有効成分が入ったものを使わないと意味がない!
まじか…!
さらに、乳液は油分補給、クリームは蓋替わりと思っていましたが、実は蓋というよりは、どちらも油分補給の目的。
水分と油分のバランスの違いで、油分をよりしっかりとりたい場合はクリームを使うというようにW使いではなく、目的別に使うものだった。
しかも皮脂がしっかり出る30代までは不要とのこと。
まじか…!!だから乳液使うとテカテカベタベタになったのか。

そこで、今の洗顔後のスキンケアは、オードムーゲとピュアセラの2本使い。
乳液、クリームは油分を補うのが目的です。
ですが、既に使用しているピュアセラがオイルベースの美容液なので、さらに乳液やクリームで油分補給すると油分過多になるのでやめ、肌状態に合わせてピュアセラの量を調節しています。
また、意味がないといっていた化粧水を利用しているのは、わけがありまして…
肌がかなり悪化した時に顔全体にかなり赤みやニキビが出ました。
だいぶなくなったのですが、まだしぶとく残る赤みを引かせたくて、抗炎症作用、抗殺菌作用のあるオードムーゲを利用。
乳液タイプやクリームタイプだと油分過多になるので化粧水タイプで使っています。
赤みがなくなったら、様子を見ながら化粧水をやめていこうと思います。

スキンケアのキーアイテムは美容液

効果を出したいなら一番効果的なのが美容液。
他のスキンケアアイテムに比べ値段が高いので使ってない人も多いですが、実はスキンケアの要。
保湿なのか美白なのか、アンチエイジングなのか目的を決めて選ぶといいと思います。
保湿ならセラミド入り、美白ならビタミンC誘導体、アンチエイジングならレチノールやポリフェノールなどの有効成分がちゃんと入っている美容液を探します。
私は、肌トラブルの多くは乾燥によるものなので、保湿第一に考えセラミド入りのピュアセラを利用しています。
ピュアセラを利用しているのは、成分的にもしっかりセラミドが入っているものであること、値段的にも継続できる値段であったこと、何よりお試しができたことでした。
肌が敏感になっていた私は昔使っていたスキンケアアイテムのほとんどが染みるようになっていました。
中には、昔使えていたのに使用すると肌が悪化するものも。
いくら口コミが良くても、自分に合うかどうかは実際に使ってみないとわかりません。
美容液は高いものが多いので、購入してみてダメだった時の金銭的、心理的ダメージが大きいです。
500円でしっかり試せるピュアセラは、心理的ハードルが低く試しやすかったです。
しかも肌トラブルは出ず、私の肌に合っていたので今も継続して使っています。
夏場はべたつくんじゃないかとも思いましたが、意外と量を調節するだけで大丈夫です。

なるべくダメージを抑えるクレンジング、洗顔

さて、最後に洗顔、クレンジングについて。
クレンジングについては、以前も記事で書きましたが、洗顔も同じ。
洗浄力が強すぎると、必要な皮脂や常在菌まで洗い流してしまい、肌のバリア機能が崩れます。
なので、クレンジング、洗顔についてはなるべくダメージの少ない適切な洗浄力のモノを選ぶのがベターです。
例えばクレンジングでは、シートタイプやオイルタイプはがっつりメイクもするっと落ちるので使っている人が多いと思います。
するっと落ちるということは、それだけ界面活性剤が多く入っていて洗浄力が強いということ。
今まで過剰ケアともいうべきスキンケア(化粧水、乳液、クリーム)をしなければならなかったのは、洗浄剤でがっつり汚れ以外の必要なものも落としてしまっていたから。
できれば洗浄力が弱めなクリームタイプやミルクタイプを選びたいところ。
ただ、クレンジングについてはメイクの量もあるので、自分に合ったタイプを選び、洗浄力が強い場合は、しっかりその後ケアすることが必要です。
肌のことだけを考えれば、控えめメイク+洗浄力が穏やかなクレンジングが一番。
肌がきれいになるとメイクのりもよくなるので、おすすめですが、どうしてもナチュラルメイクになるのでこれは個人の好みですね。
私が使っているのは、オーガニックコスメのMartinaクレンジングミルク

洗浄力が弱いミルクタイプで、濡れてない顔にじっくりマッサージしつつなじませてメイクを落とします。
しかも、洗顔にもなる優れもの。
メイクなしの時は、1回洗顔、メイクしているときは2回洗顔するとOK。
オーガニックコスメに関しては、良いかどうか意見が分かれるところで私もどっちがいいとまだ言えない状態ですが、今のところこちらの洗浄剤は肌トラブルにならず、しかも使用後の肌状態がふっくらしていていい感じです。
ナチュラルメイクなので、ミルクタイプでもちゃんと落ちるので、現在これを愛用してます。

今後の課題、美白や抗酸化に幅広く対応するビタミンC誘導体

化粧水もニキビと炎症がしっかり収まったらやめてみる予定で、究極的にMartinaクレンジングとピュアセラの2本でスキンケア完了できるようになればいいなぁと思っています。
ただ、これでは保湿はできるものの美白などの効果はないので、今目をつけているのがビタミンC誘導体。
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に吸収しやすい様形を変えたものですが、美白だけではなく抗酸化作用があるので、アンチエイジングやニキビ予防にもなるという成分です。
自分の肌に合うか実験にはなりますが、ちょっと試してみたい成分です。
今さがしてていいなぁと思っているのがこれ。

手作りコスメ材料を売っているマンディムーンで売っているビタミンC誘導体です。
水溶性と油脂性の2つが売っていますが、水溶性より油脂性のほうが安定性が高いということで、油脂性に注目しています。
安定性が高いほうがモチがいいので、何度も作らなくてもいいですし、オイルベースの美容液ピュアセラに混ぜることができればスキンケアアイテムを増やさなくても済む。
さらに、3ml、10ml、30mlのサイズ展開があります。
一番少ない3mlだと1000円程度で試すことができるので、肌に合うかどうか試すのにちょうどいい。
3mlと聞くとかなり少ないようですが、基本的にオイルに混ぜて使うので、かなり長持ちすると思います。
試してみたい商品です!

ピュアセラと同じく試しやすいコスメというのは、本当に良いです!
肌が敏感だと、新しいコスメ1つ買うのがかなりのチャレンジなんですよね。

-スキンケア
-,

Copyright© 主婦の手帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.