メンテナンス・DIY 主婦のつぶやき

そぎ落とした先に見つけた丁寧でゆとりのある暮らし

投稿日:

少しずつ、少しずつ不要なものをそぎ落として簡素な暮らしをしています。
まだまだ道半ばではありますが、結婚した一昨年より去年の方が、去年よりも今年の方がぐっと自分にとって不要なものが減ったなぁと思います。
減ったのはモノばかりでなく、習慣も減りました。
週に何度も買い物へ行く習慣、100円均一やドラッグストアで長々と商品チェックしてしまう習慣、TVをだらだら見てしまう習慣もなくなった。

どんどんどんどんなくなって、余白ができて、暇なのかと思えばそうではなく…
今度は新たなモノが、新たな習慣が入ってきています。
例えば、先日ブラシのお手入れをしました。

洋服の手入れ用の洋服ブラシ(左)と洋服ブラシ手入れ用の金櫛(右)

この洋服ブラシは、結婚してすぐに買ったモノ。
「仕事もなくなった、家のことを今後はしっかりやろう、今までは仕事で忙しくて洋服に手入れする時間なんてなかったけれど、今後はしっかりやろう。」
そんな意気込みで買ったブラシでした。

どうせ買うならちゃんとしたやつをとちょっとお高かったこのブラシ。
さてその使用頻度はというと…一昨年は頻度がすごく少なかったのです。
コートを使ってすぐブラシをかける。
そんな習慣が今までなくて、またブラシをかける服もたくさんあって、せっかくのブラシもあまり活用できておりませんでした。
習慣の有無ももちろんあるけれど、毎日あれこれやらねばならぬ中でわざわざ洋服にブラシをかけるというところまで回らなかったというのもあまり活用できなかった理由の一つ。

それが、去年は花粉症のまさにこの時期玄関に置き始めて、大活躍。
夫婦ともに花粉症がひどい私たちです。
帰ってすぐ花粉を落とせば、家の中での症状が幾分和らぐので、せっせと花粉を落としました。
ちょっぴりめんどくさいブラシ掛けも、花粉のためなら仕方ありません。

一昨年は、ほぼ冬のコートしか使わなかったこのブラシ。
去年は花粉症の時期、そして冬に大活躍。
去年の冬はだいぶ簡素な暮らしも進んでいて、気持ち的にも時間的にもブラシをかけるゆとりがありました。
私も夫もまずは帰ってきたら玄関でコートにブラッシング。
一昨年はたまにコートにブラシをかける程度だったのに、毎回毎回ブラシをかけるように変わり、また少し着ただけですぐには洗わない衣類にもブラシをかけるようになりました。
これは洋服自体も少なくなって、しかもお気に入りの服に変わったのが大きいです。

そして、今年。
洋服をブラシでケアするだけでなく、そのブラシをケアする私がいます。
当たり前に洋服ブラシを使って生活している方には、至極当たり前のようなことだと思います。
けれど、今までの私にはその余裕がなかった。
それは仕事の有無ではなく、気持ち的な余裕。

ブラシのお手入れは髪と同じ。
まずは粗い歯の方でブラシを梳く。
最初は全然スムーズにできないけれど、何度かしているうちにスムーズに梳かせる。
その次は細かい歯の方でブラシを梳く。
ブラシの上の方に服の繊維やほこりがどんどん浮き出てくるんです。

季節の変わり目にクリーニングに出すことで、ちゃんと洋服を管理していたような気になっていました。
洋服のケアはえいっと一気にお店にもっていってお金で解決。
日々のケアは洗濯機で洗うだけ。

それは洋服だけではなく、髪だって、ブラッシングが大事だとわかっていながら、丁寧なブラッシングよりも評判のいいトリートメントと美容室に行くことでケアしたつもりになっていたし、先日は家具に蜜蝋を塗りこんでケアしたけれど、今まで家具をケアしたことなど一度もない。
その時の話はこちら

丁寧な暮らしって、時間もお金もたっぷり余裕があって、センスがあるおしゃれな人というか、暮らし方がもともと違う貴族的な人というか…なんだかうまく言葉にはできませんが、「育ちの違い」「持って生まれた性格」が大きく関係していて、今まで丁寧な暮らしができなかった私には、おおざっぱでズボラな私には縁遠い暮らしだと思っていたのです。
モデルや女優に憧れて、一生懸命コスメや美容法をまねしても全くきれいにならないそんな感じでしょうか。

そんな風に思っていた丁寧な暮らしですが、簡素な暮らしを始めて少しずつではありますが、暮らしが丁寧になっているそんな気がします。

たくさんモノを手放して、家事が楽になりました。
買い物も行く頻度が減って、時間がぐっと残りました。
モノが減って、無言でモノから発せられる声を無意識のうちにキャッチして、「あぁそろそろこれもクリーニングに出さなきゃ」「そろそろTV周りの埃とらなきゃ」などあれこれ頭で考えていたことが少なくなりました。
モノは言葉を発しない。
けれど、埃まみれのTVを見るたびに、使ってない洋服を見るたびに、私たちは「掃除しなきゃ」とか「この服も着なきゃ」とかあれこれ考えてしまって、疲弊してしまう。
疲れてしまうと、実際に時間があっても頭で考えるだけで疲れてしまって、能率も悪くて、結局最低限の家事で終わってしまうことだってある。
モノが減って、そういう頭で考えただけで疲弊することが減りました。

時間も残って、疲弊もしないから体力的にも精神的にもゆとりができて、最近やっと洋服ブラシのケアができるようになったし、家具のメンテもできるようになった。
最近新たにモノを買うこともありますが、ケア用品が多いことに気付きます。
今日終わった楽天スーパーセールで買った靴ベラだって、靴のケアには欠かせない。

簡素な暮らしを進めるにしたがって、手に入れたのはお金もそうだし、時間もそうだけど、一番は憧れの丁寧な暮らしかもしれない。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


専業主婦ランキング

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

ブログ村では、シンプルライフ、ミニマルライフのカテゴリーに、人気ブログランキングにはシンプルライフと専業主婦日記カテゴリーに参加しています(^^♪

-メンテナンス・DIY, 主婦のつぶやき
-

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.