ヘアケア

黒髪メンテナンス

更新日:

髪を切ってきました。
前回行った際は黒髪に戻し、毛先のぼさぼさの部分を切ってもらい、今後は黒髪なのだから、ちゃんとケアしないとオバサンに見えてしまう、中学生に見えてしまうと…ベストタイミングで髪を切ろうと決意していました。

前回美容師さんに伺ったところ、大体今の髪型をキープできるのは1か月半~2か月かなぁ~と言うことでしたが…見事に1か月半でボリューミーな髪型に。

髪を染めていたころは、なんだかんだベストタイミングを逃し、大体3か月スパンで通っていましたが…本当のベストは1か月半だったのだと判明。

高コスパなメンテナンス費用

1か月半ごとにパーマやカラーやトリートメント…盛りだくさんしているとさすがに懐に響きます。
今は黒髪に戻したのでメニューはカットのみ。
お値段1回5,000円ほどです。
年間通しても4万ほどなので、ベストタイミングを逃してどうしようもなくなって3か月後に美容室に駆け込んでいた頃より安い。
昔は必ずパーマかカラー、またはその両方をしていたので、1回のお値段は12,000円~30,000円程度。
年間は多分6,7万かかっていたでしょう。

1か月半で私の髪は量がボリューミーでぼさっとなってくるので、3か月スパンで通っていたころは、1年の半分はぼさっとした髪型で、そのくせ高いお金を支払っていたことになります。
黒髪に戻すと、先ず美容室代ががくんと下がった。
なのに、1年中ご機嫌な髪型でいられる。

黒髪に戻してよかった。

気軽な美容室

もう1つ黒髪に戻してよかったと思うのが、美容室の滞在時間。
パーマやカラーをしていたころは、施術が2,3時間もかかって、混んでいるとますます時間がかかって、きれいになってルンルンな気持ち半分、ぐったりつかれた気分半分でした。

カットだけになると、1時間足らずで終了。
短時間で済むので予約も取りやすく、疲れない。
2,3時間にもなると、雑誌もすっかり読み終えてちょっぴり退屈しますが、それもなし。
ちょうどいいタイミングなんです。

美容師さんと沢山おしゃべりする方がいらっしゃいますが、私はちょっぴり苦手です。
一切話しかけないで!!と言うことではありませんが、美容室にいる間中話しているのは若干の気疲れ。
1時間は気疲れしない程度の会話に収まるのでとっても気楽です。

ホームケア

黒髪に戻して、より髪に意識が向くようになりました。
と言うのは、以前からちょこちょこブログでも書いている通り、黒髪だからこそ、透明感や艶がなければやつれたオバサンに見えがちだし、逆につやつやな髪でも、ベストタイミングでカットしなければもっさい中学生に見えてしまうから。
その時の話→http://housewife-diary.com/haircare-9/

それで、家でも頻繁にブラッシングしているのですが…ここのところタングルティーザーでブラッシングするとちょっぴり頭皮が痛い。

多分、最近ベストタイミングで髪を切るようになったので、以前のようにボリューム満載の髪ではないからかな…と思っています。

もう1つパドルブラシを持っているのですが、それはどちらかというと大きなブラシ面が髪をすとんと落ち着かせてくれるもの。
クッション性も高くてマッサージにも使えるんですが、ブラシのピンの間隔が広いので、1本1本の艶とかコームで梳いたような毛流れにはなりません。

ということで、タングルティーザーに変わるヘアブラシを買おうか迷い中。
そこでいま目をつけているのが、ラ・カスタのヘッドスパブラシ。

タングルティーザーのようにプラスチックのピンがそのまま当たることもなく、ナイロンと豚毛のミックスなので、ナイロン部分はパドルブラシのようにしっかり頭皮に当たり、ナイロンより少し短めの豚毛部分が髪の毛1本1本を溶かしてくれるのではないかと…

こう書いてしまうと、パドルすら必要なくこれ1本で行けそうですが…とりあえずタングルティーザーの代わりとして役目を果たしてくれれば十分と言う気持ちです。

ただ難点は、豚毛のブラシ故に埃がたまりやすいことですね。
悩みます。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

応援ポチしてれる方へ。
いつもポチしてくださってありがとうございます。
今日も読んでくれた人がいると嬉しく、励みになっています。

-ヘアケア

Copyright© 主婦の手帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.